ケイ&リルと全日本動物愛護連合と仲間のブログ

ブログ記事を書いてくれる人、連絡してくださいね(・ω・) メール keidoubutu-aigo@yahoo.co.jp

捨てられる外来種…多摩川で魚やカメ200種以上 「数は日本一では」/川崎

2012年06月03日 22時50分15秒 | ヤリタイo(^∇^)oホーダイ

Silent Scream

http://youtu.be/6KUwib-rGis



捨てられる外来種…多摩川で魚やカメ200種以上 「数は日本一では」/川崎


 多摩川は外来種の「楽園」―。

都県境を流れる多摩川で、ブラックバスやレッドッテールキャットなど、これまで見つかった外来種の魚やカメは200種以上といわれる。
魚ばかりが注目されるが、かまれれば大けがをするカミツキガメやワニガメの発見も年に10匹以上という。
これから夏に向けて川遊びが増える時期。
専門家は「河原などで見つけても、むやみに突っついたりなどせず、その場を離れてほしい」と呼び掛けている。


 川崎市高津区の多摩川河川敷では5月14日、甲羅の長さ約30センチのワニガメが、通行人に発見された。
高津署員が保護し、4日後、市動物愛護センターに引き取られた。


 多摩川に遺棄された外来種を一時的に保管する「おさかなポスト」(多摩区)創設者の山崎充哲さんによると、カミツキガメやワニガメは2003、04年ごろから年に計10匹以上、多摩川で見つかっているという。
よく発見されるのは、駅や駐車場が近くにある丸子橋(中原区)や二子橋(高津区)周辺。専門家は、“利便性”の良さから捨て場所に選ばれているとみている。


 カミツキガメ(原産地・北米など)は生態系に影響を与えるとして特定外来生物、ワニガメ(原産地・米国)は人に危害を及ぼす恐れがあるとして特定動物に指定されている。
特定外来生物は飼育などが原則禁止されており、特定動物を飼育する場合は自治体などの許可が必要となる。


 カミツキガメを飼育している夢見ケ崎動物公園(幸区)によると、いずれも主に肉食。
見た目の違いは、甲羅にギザギザがあればワニガメ。
カミツキガメは「徘徊(はいかい)型」で死んだ魚などを食べるのに対し、「待ち伏せ型」のワニガメは舌についた疑似餌で魚などをおびき寄せるという。
いずれもかむ力が強く、鉛筆を砕き、大きいカメなら人の指も食いちぎるというが、「陸に上がることは少なく、本来はおとなしい。見掛けたら近寄らないでほしい」と飼育担当者。


 山崎さんも「むやみに手を出さず、警察に通報するなどした方がいい」と注意を促す一方、「多くは飼っていたもの。
法律が厳しくなったために捨てられたとみられ、カメはむしろ“被害者”」と憤る。


 多摩川に外来種が多いのはなぜか。山崎さんは「訪れる人が多いから見つかるだけで、本当は日本中の川で見られる事態」と指摘する。
「水温が高く、流域にペットショップも多い。
捨てられる数は日本一では」と推測。
「もともとは日本の自然にいない生き物。
生態系を崩すので、最後まで責任をもって飼ってほしい」と訴えている。 

カナコロ 2012年6月3日

――――――



売るな!

買うな!

飼いたがるな!





捨てるなは当たり前すぎる!

捨てた奴は川掃除と動物保護のために命を使え。





ZOJIRUSHI 【残りご飯をパンで食べる】 ホームベーカリー ホワイト BB-KT10-WB
象印





☆ブログランキングに参加しました。1日1回の応援クリックお願いします☆
人気ブログランキング1 ブログ村ランキング2 JRankBrogランキング3 とれまが人気ブログランキング5 BS blog Ranking6




2012/6/3


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊急声明!動物愛護法から実... | トップ | 北朝鮮のサーカスは動物虐待... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤリタイo(^∇^)oホーダイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。