鶏口舎な日々

民芸風の木彫りや招き猫とイラスト雑貨のお店「鶏口舎(けいこうしゃ)」です
制作過程と趣味のうなぎ飼育や日々のあれこれ

趣を感じる

2016年10月14日 | 木彫り 制作中

お地蔵さんは、明日に顔を描いて
明後日、出品予定です
一位のお地蔵さんを欲しいという方がいますので、
一位のお地蔵さんは、一度クリーマに全部出品します


一位は、彫る前はわからなかった、強風と戦ってきた痕跡が入っているものがあります

2000年程度も生きていた大木だった為、台風などで大きく振られた痕跡です
寿命尽きるまで、どんな台風すらにも、天変地異にも負けなかった一位
その生命力の強さを示す、迫力ある部分だと言えます
それは、そういう域の無垢材だからこその趣です
いわゆる侘び寂びの、寂びの世界の材

そういうところも、味わってみてください

この一位(イチイ)についての説明は→こちらの記事参照(クリック)

ただ、お地蔵さんとねこ法師、アクセサリーは、
強風と戦ってきた痕跡を避けて、作っています
強風と戦ってきた痕跡が入っているものは、長生きの痕跡ありで少し
値引きします


「一位の木のなかの人」は、強風と戦ってきた痕跡を使った
一点ものの作品です

強風と戦ってきた痕跡があったからこそ、生まれた作品です


なかなか納得がいくものができず…
でも、もっと何か作れそうな気もします
2~3点は出品してみます


販売用のコウモリです

この天然木曽檜(キソヒノキ)についての説明は→こちらの記事参照


クリスマスの家と教会の色塗りです


今年は、小さめです


クリスマスのものは色が好きです
『工芸』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も色塗り | トップ | 鶏口舎で用いている台湾檜、... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む