それぞれの旅≪恋≫

人生は旅のようなもの
出会いと別れを繰り返す
旅の途中で巡り合う男と女
それは時に甘く時にスパイシーで・・・

尽くし過ぎる女~4

2016-10-16 09:18:37 | オムニバス恋愛小説
「夏美もつきあい始めた頃はあんなんじゃなかった。
無邪気で素直で、こんなに可愛い女性がいたんだって新鮮だった。
でも次第に僕のテリトリーにまで侵入してきた。
誰と友達なのか?会社の残業は何曜日が多いか、飲み友達、
学生時代の友人のことまで詮索し、いつも僕のことを優先する生活になっていった。
部屋の掃除、手料理、男がすべて喜ぶと思ったら大間違いだよ。
夏美とつきあってはっきりわかったことがあるんだ。
僕は女に色々世話されることが嫌いだってこと。
最近の夏美は世話女房だよ」
「世話女房?」
「結婚もしていなにのに、健康の為にいいからと野菜スムージーを作り、
お酒も体に悪いからと注意までし始めた。
そのうち僕は叫びそうだよ。僕は母親とつきあってるんじゃない!とね」
「彼女はあなたが好きだから、あなたの為にと思ってしている行為よ」
「それが重いんだよ。どうしてそんなに男に世話をしたがるの?
尽くしているその行為が僕にとって重いんだ」
「どうしてほしいの?」
「ほおっておいて欲しい、いつもラインの返信が遅いとか、
1週間に1回しか会えないのは寂しいとか・・・疲れてきたよ」
尽くす女と尽くされている男の心の交差点が見失っていく。
彼の疲労困憊の表情に理沙は言葉を失った。

続く・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尽くし過ぎる女~3~ | トップ | 尽くし過ぎる女~5~ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。