それぞれの旅≪恋≫

人生は旅のようなもの
出会いと別れを繰り返す
旅の途中で巡り合う男と女
それは時に甘く時にスパイシーで・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尽くし過ぎる女~13~

2016-12-24 16:55:13 | オムニバス恋愛小説
夏美の瞳孔が開き驚きで孝志を見た。
「追いかけさせて欲しいって、どういう意味?」
「君は、いつだって僕より先に行動する」
「それがどうして駄目なの?2人の為を思っての行動だわ」
「それは君だけが思っていることだよ。クリスマスの企画だってそうだよ」
「Tホテルの最上階でクリスマスディナーを企画した時に孝志、喜んでいたじゃない」
「喜んでいたか・・・なるほどね。あの時、僕が反対できる状況ではなかったと思わなかったの?」
「今頃になって、何故その時に言ってくれなかったの?」
「だって君はもう決めていたもの。言える状況じゃなかった」
「何が言いたいのかわからないわ」
「結局君は自分のしたいようにしたいだけ。自分が楽しいかどうかだけを優先しているだけだってこと」
「いつからなの?いつからそう思うようになったの?」
「多分、僕が行きたいと思った串焼きさんを誘ったころかな。君は言ったんだ。
あんな汚くて狭い店は嫌だって」
「それと追いかけさせて欲しいとどういう関係があるの?」
「男は自分が愛したい、追いかけて色々してあげたくなる動物なんだ。
少なくても僕はそういうタイプの男だ。それは夏美とつきあってわかったことだけど」
「もう私を、追いかける気持ちがなくなってしまったってことなの?」
その時2人の会話を黙って聞いていた理沙が言った。
「私、帰ってもいいかしら」
孝志が慌てたように
「ごめん、ごめん、2人の問題に付き合わせてしまって」
と言い終わらないうちに夏美が憎悪の視線を向けた。
「まだ、2人の関係を聞いていなわ!」
その時に孝志が大きな声で言った。
「いい加減にしろよ!」

続く・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尽くしすぎる女〜12〜 | トップ | 尽くし過ぎる女~14~ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。