練馬区議会17期がスタートしました

2011年05月30日 16時11分23秒 | 練馬区議会について
 いよいよ本日、練馬区議会17期がスタートしました。


 4回目のバッジをいただきました。
 


 バッジは、あくまで議員証明書のようなものですが、これが意味する重みはしっかりと受け止め、今期も初心を忘れることなく議員活動に取り組んでまいる所存でおります。 


 本日の日程は、


 13時    議員バッジ受け取り


 13時30分  全議員による写真撮影


 14時    議員総会(全議員と区長始め管理職、行政委員等の顔合わせのような位置付け)



 と、いうものでした。

 その他、我が会派は会派総会を行いました。


 我が会派も、皆さま方のご支援を賜り、前期の15名から17名に増え、大所帯になりました!自民党としても、さらにパワーアップしてまいります


 ここで、我が会派のホープ、新人議員のお2人をご紹介します!

 
 高松さとし議員です

 
 むらまつ一希議員です


 一緒にがんばります!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥山さんちのエシャレットetc…

2011年05月30日 01時57分06秒 | 食べる
 本日は、あいにくの雨ですが休日でしたので、韓国視察レポートは休憩して、脱力ブログと行きたいと思います。



 先ずは、地元の奥山さんから畑で育った根つき、葉付きのエシャレットをいただきました。根までついてるエシャレットを初めて見ました!
 さっそく、味噌マヨをつけていただきましたが、シャキシャキして美味しかったです



 続いては、
 

 五味子茶(おみじゃちゃ)のお話。
 韓国の伝統茶でもある品の良いピンク色をした五味子茶ですが、ビタミンCが豊富で、疲労回復・肝機能強化・気管支強化・美白などに効くそうです。

 五味子とは、その味が甘味・苦味・酸味・辛味・塩味の五つを感じることから名づけられたという説があります。


 韓国の土産店で良く見かけるのは、粉末タイプで甘く味付けしたものが多いです。
 また、伝統茶のお店でも始めからハチミツなどを入れて出てくるものが殆どです。
 でも私は、甘い飲み物はココアとミルクシェーク以外は苦手なので、今回は五味子の実を購入し、甘味は一切加えずに自分で作ってみました!!酸味が強いですが、いかにも体に良さそうって感じです。


 ビタミンCが豊富なことと、美白にも良いとのことで、韓国の女優さんの中には真夏の撮影時に必ず持参で来る方もいらっしゃるそうです。

 日本の女子の皆様もいかがでしょうか


 余談ですが、視察の際、仁寺洞の「イエチャップ」という名の伝統茶の店に立ち寄ったところ、えらくアンティークな感じの店内に、なんと小鳥が放し飼いになっておりました。
 飾り物の木からいきなり飛んだのでびっくりしました。どうやらこの店は、それが売りのようです。 
 わかりますか!?小鳥ちゃん



 そして今日は、果物が食べたい!気分だったので、
 
 大好きなアメリカンチェリーを購入し、


 
 スイカ、いちじく、リンゴ、トマトのジュースをミキサーでささっと作って飲みました。
 うまかった


 今日は、体に良いことをした気分

 明日は、練馬区議会17期の初登庁です。心新たに頑張ります
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国視察レポート③~芸術村プロジェクト~

2011年05月28日 14時11分45秒 | 視察
 昨日に引き続き、芸術についての視察報告です。


 昨日の「路上美術館」は2006年のプロジェクトでしたが、本日ご紹介の『芸術村プロジェクト』は、2010年にスタートし、さらに洗練されパワーアップした内容となっています。


 その目的は、市民の文化向上・拡大とソウルの文化ブランド創出で都市競争力を高め、「創造文化都市ソウルを創る」というものです。

 
 ソウル市内にいくつかの拠点を決定し、それぞれの地区でリーダーを中心に市民参加のもとテーマを決め、20回以上の会議を重ね、例えば学校の近くであれば子どもたちの作品を取り入れる、緑のある場所であればそこの馴染んだものとする、伝統的な家屋の壁であればそれに合わせた絵や文字にする等々の工夫がされています。


 ソウル市内には、ガイドブックに載る有名な観光地がたくさんありますが、このプロジェクトによってあらたな観光・文化・芸術の拠点の創出が出来たわけです。


 

 その一例をご紹介します。 


 
 このような何もない塀が.....(この写真はパンフレットより)
         ⇊  ⇊  ⇊
 
 こんなんなりました。蔦が這う塀にトカゲのオブジェが見事に融合しています


 
 味気ない建物が.....(この写真はパンフレットより)
         ⇊  ⇊  ⇊
 
 アジュンマのみなさんも大喜び!(この写真はパンフレットより)


 以下、作品のみご紹介! 

 
 ちょっと意外なモチーフですが、色合いはバッグの緑とマッチしています。 

 
 家に合わせたクラシックな絵柄と文字

 
 塀の向こうの竹林に合わせた、オリエンタルなモダンな絵柄
 

 「路上美術館」と言い「芸術村プロジェクト」と言い、感動と感心しきりでした。
 本当に行くたびに感じるのですが、今の韓国はパワフルです勉強になります。カムサハムニダ



 【練馬区の課題】

 私は再三にわたって、練馬区立美術館については、隣接している公園と、中村橋駅から美術館までの導線の道や壁等を、一つの美術館として捉え、芸術品や壁画等を設置するべきだ!と主張してまいりましたが、今回の視察でさらにその思いは強いものとなりました。
 実現すれば、文化・芸術はもちろん観光、商店街の振興にも役立つものとなります。

 サントリー美術館ご出身の若林美術館長も、新たなビジョンをお持ちのようなので、議会も協力体制のもと練馬の文化・芸術の発展に全力で取り組みます。(私の公約の一つでもありますし


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国視察レポート②~路上美術館~

2011年05月26日 15時42分41秒 | 視察
 


 本日は、ソウル市梨花洞『路上美術館』についてを報告します。
 ある意味、私が今回の視察で一番見たかった場所であります。

 写真の絵は、一般の家の壁に描かれたもの!



 この『路上美術館』は、劇場が多く集まる街「大学路(テハンノ)」から「駱山(ナッサン)公園」にかけて歩くと、街のあちらこちらの家の壁や、階段、道などに出現します。(※大学路という地名は、以前はこの場所にソウル大学があったことからついた名前とのこと。)
 出現という表現を使ったのは、一か所にまとまって存在するわけではなく、歩いていると突然現れる!といった感じなので、出現という言葉の方があっている気がします。

 だから、次は何が出てくるのか、どこに現れるかなど好奇心をくすぐられる場所であります。



 この『路上美術館』は、ソウル市における「駱山プロジェクト」という文化観光部の生活環境改善事業の一環であり、2006年9月に始まったものです。

 そして、約70人の作家と子どもからお年寄りまでの住民による約80個もの作品が、街をキャンバスとして存在しています。

 その結果、傾斜がきつく高台や坂や階段の多いタルトンネ(月の街)と呼ばれていたこの地域に多くの人が訪れ、芸術・文化の街として再生しました。月に届きそうなほど高いにあることから「月の街」と呼ばれていたが、「サントンネ(山の街)」とも言われる。

 余談ですが、テレビで紹介されてからは、特に訪れる人が増えたそうで、喜ぶべきところではありますが、住民の中にはあまりにも人が来て自分の家が撮影スポットになってしまったことを疎ましく思い、絵を消してしまった人もいたそうです。
 また、楽しんでいる住民の中には、絵を描き変えている人もいました。



 ここから、私が探し出した作品を一部ご紹介しますね!(トップの写真も作品の一つです)

 
  アジョシ(おじさん)が釣りをしています

 
 ファンキーな猫

 
 空中散歩の紳士と犬

 
 草花の優しい絵

 
 微笑ましい恋人たちの絵

 
 路上美術館の中でも必ず取り上げられる花の階段

 
 上から見るとこんな!!ここの階段は人気ドラマ「華麗なる遺産」でも使われた場所だそうです。この近辺には他にもこのドラマの撮影スポットがたくさんありますよォ
 
 
 お次は、鳥の階段。今回の視察でもお世話になった朴さんとのツーショット!

 
 .....魚!?

 
 「恋人たち」のオブジェに入って、三角関係を作ってみました

 
 ガスメーターがてんとう虫に!可愛すぎるぅ

 
 ここは、生活感が溢れる街です。
 
 こんな感じで。
 でも、整理整頓されていない感がかえって情緒漂う素敵な街でした。

 でも、でも暮すとなると、かなり足腰を鍛えないと厳しいかも.....
 この日は、地下鉄で市内をまわっていたのですが、ここを後にする際は、

 「朴さん、タクシーで行きましょう!」

 と、かなり強固に行った私でした。


                                                 続く.....

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国視察レポート①~主婦インターン制度~

2011年05月26日 00時58分08秒 | 視察
 数日前のブログで申し上げた通り、韓国のソウル市視察報告をさせていただきます。


 先ずは第1段は、以前から気になっていた


 >『主婦インターン制度』についてです。


 この制度は、20代、30代の主婦を中心とした社会復帰へのバックアップをする制度であります。
 『主婦インターン制度』の他、『女性インターン制度』もあります。


 これらの制度は、国の「女性家族府」(日本で言えば省庁)の政策であり、補助金もそこから出ています。
 日本でこの政策を受け持つとしたら、内閣府男女共同参画局あたりでしょう。特命担当大臣のポストがありますから。



 私が訪問したのは、ソウル市麻浦区にある「女性発展センター」です。
 



 先ずは、制度の内容を簡単にご説明します。

 ①社会復帰に向けて、手に職をつけるためにいろいろな講座やカリキュラムがあり、とても安い講習料でこれらを受講できる。
 
 ②職業斡旋を行っている。(企業とのマッチング)
  就職が成立した場合、国は韓国の最低月額賃金の約10万ウォン(約8万~9万円)の半額である5万ウォンを6か月間、企業に補助する。(条件は、週5日制、1日8時間労働)
  企業サイドは責任を持って6カ月間、雇わなければならない。雇った人に非がなく、この規則を破った場合は、二度とこの制度を使うことは出来ない。


 以上ですが、実績としては、年間1,000件程度とのこと。
 また、6カ月間が経過した後も、そのまま勤務するケースが殆どだそうです。


 この制度は、例えば韓国人の方と結婚した外国人に主婦にも適用されるそうです。ただし、ある程度の韓国語の語学力は必要。  
 


 そしてもう一つの、「女性インターン制度」ですが、これはちょっとしたカルチャーセンターといったところで、ファッション、IT、美容、料理、花、心理分野等々のカリキュラムが用意されており、女性なら誰でも受講の権利があります。
 また、施設も恵まれたものとなっています。


 私が、見せていただいた教室をいくつかご紹介します。

 
 (美容師の講座)

 
 (ポップアーティス講座)

 
 (講師は、韓国で有名なポップアーティスト、キム・ヒョジョンさん)

 
 (料理の講座)

 
 (作品展示ケース)

 これらの講座は、材料費は別として受講料は月額2、000円以下のものが殆ど。


 さらに受講終了後、施設の中において6カ月間、お試しで出店することが可能。この期間が過ぎると自分でお店を出す人もいれば、就職する人もいるとのこと。
 
 (こちらの女性は、ネイルアーティストの講座を卒業し、施設内でネイルアートのコーナーを出店。甘皮の処理と簡単なハンドマッサージとカラーで、なっなんと!約500円でした。お話も伺いたかったので、私もカラーをお願いしました。)


 これらの制度、話を聞けば聞くほど羨ましかったア。



 さらに、施設内はこれまた羨ましい設備がっっっ!!

 
 (一時託児所)

 
 (階段には、車椅子用の設備が)

 
 (なんと、美しいローズ柄のパネルはトイレの壁です。)

 
 (料理教室の廊下の壁の絵)


 今回の視察内容を、今後の施策に活かしたいと思います



 余談ですが、現在の日本における韓流ブームは、女性に優しいこのインターン制度を日本の女性が知ったらさらに加速するかもしれません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恩師を訪問

2011年05月23日 23時59分13秒 | 小川けいこのプライベート日記
 

 本日は、親友の優理子ちゃんと母校である、東京家政学院高校を訪れました。


その目的は、高校時代の担任の吉田義昭先生と久しぶりに再会を果すためでした。


吉田義昭先生は、現在は、校長先生に就任されています。


四半世紀ぶりの再会に思い出話は尽きず、1時間以上も思い出話に花が咲きました(*^o^*)
 思い出話以外にも、現在の教育問題についての意見交換をさせていただきました。


そして、これを機会に、今後は定期的に会うことを誓い母校を後にしました。



母校のある市ヶ谷周辺は、だいぶ様変わりしましたが、母校に足を踏み入れた時、瞬時に当時にタイムスリップ出来たことは、自分の中でかなりの感動でした。
明日から、また新鮮な気持ちで仕事に取り組めます!


 母校自慢を2つ!
 吹奏学部が全国大会に出場
 バトミントン部も相当強いらしい


しかしながら、思ったことが一つ!
私たちの頃と制服が殆ど同じでした。
これについては、生徒会を通して意見を集約し、新たなものにした方が良いのではないかと思いました。

 
 
 私がいた頃よりお洒落なエントランス!

 
 くつろげる空間も出現!

 
 お花も素敵!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローズガーデン~笠原邸~

2011年05月22日 01時08分16秒 | 小川けいこのプライベート日記
 本日は、先ほどの一杉邸隣の笠原邸にもおじゃまさせていただきました。


 先ずは、写真のバラの名は


 『ブルーヘヴン』


 写真でおわかりいただけるかどうかわかりませんが、透明感のある薄い水色のバラなのです。初めて見ました赤みを全く感じないブルーのバラは、珍しいです。



 
 もう一種類珍しいバラを発見!『織部』という名前からして、和テイストを感じさせる渋い色のバラです。『団十郎』という名の朝顔を思い出しました。


 


 


 
 ペットも見とれる美しさ!!


 皆様も、バラに癒されていただけましたでしょうか!?



 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローズガーデン~一杉邸~

2011年05月22日 00時46分57秒 | 小川けいこのプライベート日記
 ご無沙汰しております

 
 ご無沙汰の理由は、自分の選挙公約に掲げた政策の実現に向けて、どうしても見て聞きたいことがあったので、16日~19日の間、韓国視察に行っておりました。
 こちらの視察報告は、近々させていただきます!



 ところで、街中ではバラの美しい季節であります。


 我が街、豊玉にもバラが美しく咲く庭園のあるお宅があります。


 先ずは、毎年おじゃまさせていただいている一杉邸のローズワールドへご案内いたします


 
 私の大好きなブルームーン


 


 


 


 


 今の日本にはこの名前のバラが合う気がします。
 
 その名前は、『希望』です。



 <<庭園の番外編>>

 
 カトレアも美しかったです!

 
 私はこちらが気になりましたさやえんどう!食べられるし.....
 


 




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈東日本大震災〉区内避難者の方への就労相談会

2011年05月15日 09時27分47秒 | 練馬区について
東日本大震災の関係で、練馬区に避難を余儀なくされている方々を対象に、下記の通りハローワーク池袋の協力による就労相談会を実施し、避難者の方々に対する就労支援を行います。



【日時】平成23年5月18日(水) 午後1時~4時


【場所】練馬区役所本庁舎7階 「練馬区防災センター」


【内容】☆避難者(被災者)向け、企業側求人状況の原状の説明

☆失業給付についての相談

☆職業訓練についての案内

☆就職の応募に対するノウハウについての説明

☆就職希望等についての個別相談

☆ハローワーク池袋への登録手続き

 以上は、ハローワーク池袋による相談会


★区の臨時職員の登録受付



【周知方法】・区のホームページ掲載
・練馬区避難者登録制度に登録している世帯へ通知



今の時期における就労支援は、必要性が高いので、練馬区としてのこの相談会は評価出来るものであります。
  ただ、日程的に1日だけでは足りないと思うので、8日の様子をみて必要であれば再度開催するべきだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘチマのカーテン始動!

2011年05月13日 15時43分17秒 | 小川けいこのプライベート日記
今年もまた、区役所西庁舎の壁面緑化(みどりのカーテン)が開始しました。


カーテンの素材!?は、昨年同様にヘチマと朝顔です(*^o^*)


また、ヘチマの収穫も楽しみです。


そして、このみどりのカーテン効果は?
 というと、真夏の日中で約3~4℃程度、室温が下がるようです。

ただ、この数字については、測定日時、測定場所等についての議論がまだ煮詰まっていないということで、区民の皆様に発表するのは、今しばらくお待ち下さいとのことでした。←このプロジェクトは今年で3年目となるので、ちと遅いかも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加