19世紀パリ時間旅行~失われた街を求めて~@練馬区立美術館

2017年04月19日 17時04分06秒 | 文化・芸術
 

 練馬区独立70周年記念展として、練馬区立美術館において、4月16日~6月4日の日程で


 『19世紀パリ時間旅行~失われた街を求めて~』


 という素敵な企画展を開催しております。

 私は、この「失われた街を求めて」というテーマを見て、フランスつながりでマルセル・プルーストの「失われた時を求めて」が浮かんだのですが、それとは全く関係がなく、練馬区立美術館と懇意にしていただいてるフランス文学者の鹿島茂氏による、「失われたパリの復元」をもとに、19世紀のいにしえのパリの全体像に迫る展覧会であります。

 そして、鹿島茂氏のコレクションと共に、今回は、私の愛するモーリス・ユトリロを始め、ルノアール、アンリ・ルソー、ポール・シニャックなどの有名画家の絵画も展示されており、見応えのある格調高い展覧会であります。


 また、オープニングレセプションでは、前川区長がご挨拶され、

 

 鹿島茂先生もご挨拶はもちろん、館内でお客様の質問にも丁寧に答えられていました。

 

 特にパリ好きな方は、いらして下さいませ!
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイメイト協会@練馬区役所 | トップ | 東京2020オリンピック・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほっと一息 (同級生)
2017-04-22 21:40:48
I元都知事から濡れ衣を着せられ、100条委員会でH元副知事の実態を証言した前川区長にとっては、癒やしの場になったのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む