画家 田中恵子のアトリエ通信

田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエより、狭山東月庵より、絵画制作や日々の徒然…「続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」も…

私のアトリエは音楽室!?

2017年05月19日 | 鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

私のアトリエは音楽室!?
~田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信 2~

趣味でヴィオラ・ダ・ガンバを弾きます。
ルネサンス~バロック時代に貴族たちに愛された古楽器です。
個展の前、忙しくてちょっと練習して弓を張ったまま放置していたら、
弓の毛が伸びてしまい、毛を張り直してもらいました。
個展が終わって、アトリエで久しぶりにヴィオラ・ダ・ガンバを弾きました。
気候がいいせいか、弓の毛が新しいせいか、いい音です。
ヴィオラ・ダ・ガンバは毎日弾かないと弓使いが下手になってしまうんだけど、
意外に怠けていると、音が良くなっていたりする・・・?
3月に挫折した、新しい曲を再度始めました。
フランス17世紀後半のヴィオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)の巨匠、
サント=コロンブの無伴奏のシャコンヌ。
サント=コロンブの曲は、私のような者には難解で、
初めての曲に取り組む度にナゾナゾされているようです。
300年以上の時を超えて、最愛のサント=コロンブの謎解きは、
とても楽しい取り組みです。

私の絵画の師匠は「絵の勉強は絵以外のことをやりなさい」と言います。
私はそれを常々実践する良い弟子です!
以前は古楽器をモチーフにした写実作品を描いていました。
今はその様な写実はあまり描きませんが、
音楽の取り組みが、絵画において新しいファンタジーを呼び覚ますこともありますし、
他の経験や、積み重ねてきたものと熟成され、
ある時、エスキースが生まれることもあります。

写実作品はこちらのギャラリーへ

http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

近作はこちらのギャラリーへ
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子公式ホームページ 
http://www.studio-clipper.net

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉山のウグイスは、今日も... | トップ | 師の教え「絵を描くことは自... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む