画家 田中恵子のアトリエ通信

田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエより… 狭山東月庵より…「柔心流 居合道」「続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」も…

「グリーントルマリンの森 変奏曲」の技法について

2017年03月20日 | テンペラと油彩「絵画古典技法」

「グリーントルマリンの森 変奏曲」の技法について
~テンペラと油彩 絵画古典技法 2 ~

テンペラを併用した古典技法については、前回述べました。
今回は、新作「グリーントルマリンの森 変奏曲」の技法について書いてみます。

「グリーントルマリンの森 変奏曲」シリーズは、
昨年1月から、鎌倉七里ヶ浜アトリエでは油彩のみの習作に取り組み、
スタジオでは、4月からテンペラを併用した小品の制作を始めました。

今まで、テンペラを併用して、写実静物画を描いてきましたが、
風景画の場合どうするべきか?という、課題に取り組みました。

印象派以降の、近年の油彩の表現は、
不透明に盛り上げて描く方法が主流の様ですし、
油絵とはそういうものだと思っている方も多いことでしょう。
でも、その描き方は印象派以降で、
産業革命により、油絵の具が工業生産されるようになって以降、
百数十年のことなのです。

ルネサンス時代から300年近くは、油彩に限っても、古典的な技法でした。
今の油絵とどう違うかを簡単に述べると、
絵の具の調合とメデュームの調合が違います。
下地塗料も、古典的な技法では通常、吸湿性のあるものを使用し、
近年は吸湿性の無いものを使用しています。
また、表現方法が、近代は不透明に絵の具を使い(盛り上げるなど)、
塗り重ねはあまりしません。
一方、古典技法では、半透明と透明で薄く塗り重ねることによって、
色彩、存在感、空気感を表現します。

市販の油絵具は不透明の盛り上げた表現に向いた調合になっています。
これでは、古典的な油彩技法には向きません。
そこで、市販の絵の具に混ぜると、
古典的な技法に向く様なメデュームを自作して、描きます。
要するに、平滑な塗り重ねに向いた絵の具になるようなメデュームの調合をします。
それは私が、油彩とテンペラの混合技法でいつも使っているメデュームです。
処方は、田中恵子公式サイトの「テンペラと油彩の混合技法 制作手順」

http://www.studio-clipper.net/technique.html

を参照してください。

昨年秋に、師に相談して調合を変え、
より私が求める表現に向いたメデュームにヴァージョンアップしました。

古典技法をやっていると、
油彩を、透明、半透明、不透明、自由に使いこなすことができます。
これを利用して、「グリーントルマリンの森 変奏曲」シリーズを描きました。

静物画は物が近くにあるので、
存在感の表現に向いているテンペラの併用はとても有効です。
でも、このシリーズは私が構成したものですが、風景です。
森までは距離があるので、空気感を表現できる油彩の方が向いていました。
そこで今回の2作目以降は油彩のみで描きました。

絵の具の種類と使い方による距離感を、分かりやすく便宜的に書いておきます。
一番近い=テンペラ(=不透明)
やや近い=油彩不透明
やや遠い=油彩半透明(ある程度の空気感を感じる)
遠い=油彩透明(空気感・水を感じる)

油彩を透明に使うというのは、セロファンを重ねるようなイメージです。
下の色が透けて見える状態。(空気感や水の表現が可能)
半透明は厚手のセロファン。下の色がある程度見えます。

油彩を不透明、半透明、透明に使い分けることによって、
森の存在感と森までの距離感(空気)を表現し、
水の表現は透明のグレーズを使用しました。
画面は凸凹はなく平滑で、絵の具層は平均5層くらいです。

今回の個展「グリーントルマリン森 変奏曲」出品の、はじめの2作と前回の1作は、
板に、古典的な吸湿性下地を塗っています。
鎌倉七里ヶ浜アトリエで制作した8作品は、
上質な細目のキャンヴァスを使用しました。

完成作品(新作ギャラリー)はこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子 写実絵画作品 ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「脊柱側弯症の手術について... | トップ | 「ゾイサイトの風景」は、こ... »
最近の画像もっと見る

テンペラと油彩「絵画古典技法」」カテゴリの最新記事