画家 田中恵子のアトリエ通信

田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエより、絵画制作や日々の徒然などを投稿します。「続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」も…

「二十三夜」、半月から「東月庵」に通信あり!

2017年06月18日 | 田中恵子の「東月庵」便り

「二十三夜」、半月から「東月庵」に通信あり!
~田中恵子の「東月庵」便り5~

本日1時30分、パチッと目を覚ましたら、「東月庵」の窓の真ん中に半月が!
アッそうだ!今夜あたり二十三夜(下弦の月)かも・・・とスマホで確認。
やはり、二十三夜!
「東月庵」では、二十三夜に、夜中に出る半月に酒を供えて、
一人で「二十三夜祭」することにしていたのに、今日だったとは・・・
薄曇りの中の二十三夜の半月は、あっと言う間に、雲にかき消されてしまいました。
でもどうして、1時30分に月に起こされたのだろう?
約8時間前に、「東月庵」に半月のテーブルを設置。
もしかして、月からの受信機が仕組まれているのかな??

田中恵子 新作ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子 写実絵画作品 ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りのものと、丁寧に、心豊かに暮らす

2017年06月16日 | 鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

お気に入りのものと、丁寧に、心豊かに暮らす
~田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信 6~

父から受け継いだ鎌倉七里ヶ浜アトリエに、個展から戻ってきた作品を掛けてみました。
アンティークな部屋には金箔の額が似合いますね。
「グリーントルマリンの森 変奏曲」シリーズの中の2作で、
構図は同じで、陽光のある「常光」と、陰って静謐な「寂光」。
4月の銀座での個展では、別の構図の「常光」と「寂光」が、
お客様のお手元に届きました。

名画は観るものですが、
私の飾りやすいサイズの手頃な作品は、
毎日眺めて、心豊かに暮らしていただきたいと願い、
皆様と心の共鳴ができる様な作品を目指して、
小さくても、一作一作丁寧に描いています。

私のお客様は、始めて絵を購入されるという方がとても多いです。
小さな作品を何枚かお求めになり、
お宅を改装して「いい壁ができたから」ということで、
少し大きめの作品をご購入くださるという方もいらっしゃいます。

私の活動は公募展ではなく個展なので、大作は描きません。
お部屋に飾れる、ある程度の大きさの作品は描きますが、
近年は皆様のお手元へ届くことを願い、小さな作品に力を注いでいます。

数少ない、お気に入りのものと、丁寧に、心豊かに暮らすのが、
今の素敵な生き方なのでは・・・

 

田中恵子 新作ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子 写実絵画作品 ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

東月庵ではユリが満開です!

2017年06月14日 | 田中恵子の「東月庵」便り

東月庵ではユリが満開です!
~田中恵子の「東月庵」便り4~

スタジオクリッパー では、バラを6種類とハーブを数種類と、ユリを育てています。
基本、モチーフは自分で育てます。
今年、私が咲かせたバラは、フェイスブックで「いいね」を、たくさんいただきましたが、
毎年、テッポウユリも豊作です。
今年は、4月はずっと鎌倉七里ヶ浜アトリエにいたので、肥料をやりませんでしたら、
今年制作予定の小品に向く、ほとんどが一本に一輪という快挙!
今日は「東月庵」でエスキースしていました。
終わって、モデルさんたちを並べてみました。
夕方の弱めの光を利用していましたら、夜になってしまいました・・・

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

ストロベリームーンは見れなかったけど・・・

2017年06月12日 | 田中恵子の「東月庵」便り

ストロベリームーンは見れなかったけど・・・
~田中恵子の「東月庵」便り3~

6月10日(土)は、ストロベリームーンということで話題になりましたね。
夏至に近い満月をストロベリームーンと呼ぶそうですが、
アメリカの苺の収穫期だからだそうです。

「東月庵」でもストロベリームーン待ちをしました。
残念ながら、雲の薄いところに月がいるな~とわかる程度で、
雲が切れることはありませんでした。
昨晩は、百合をお供えして、月を待ちましたが、ダメでした。

でも今朝、ご利益がありました。
「東月庵」では、こんなステキな朝を迎えました。 (早朝5時頃)

6月でなくても、地平線近くの出たばかり、または、沈む直前の月は、
赤み(オレンジ味)を帯びて見えるので、観察してみてくださいね!

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

大学時代の「空手」から30代で「居合」、術後「居合」に復帰!!

2017年06月08日 | 脊柱側弯症「46歳での手術まで30年間いかに生きたか !?」

大学時代の「空手」から30代で「居合」、術後「居合」に復帰!!
~脊柱側弯症「 46歳での手術まで30年間 いかに生きたか!?」その3~

高校時代は、脊椎の側弯が進行しないように、
ミルウォーキータイプのコルセットをしていました。
大学に入り、成長期が終わったということで、コルセット無しの生活になり、
医師に、筋肉で背骨を支えるために全身運動をしなさいとの指導を受けました。
スイミングを薦められましたが、近くにスイミングクラブなどなかったため、
父が柔道を長くやっていたので、武道で一人で出来る自発的な全身運動になるものを考えました。
近所に日本屈指の空手家がいて、
鎌倉体育館で「形(かた)」を教えているということで、そこに入門しました。

空手の四大流派の一つ「和道流」の蔵並先生の元で2年間、和道流空手の「形」の修行をしました。
先生のお弟子さんで「形」で優勝した女性が、見本の「形」をやりに来てくれていました。
また「組み手」では、当時、蔵並先生が指導していた日産の実業団の男性が優勝していました。
「形」でも「組み手」でも優勝者を出すすごい先生でした。
家が近かったため、帰りは江ノ電で一緒に帰り、親しくしていただきました。
家では、高校時代にリハビリの体操をしていた代わりに、毎日一人で稽古をしました。

空手の「形」は、突きや蹴りなどを組み合わせた一連の技の流れを一人で演武するもの。
「組み手」は実際に相手とやりますが、寸止めで、相手には当てません。(極真空手以外)

空手の「形」の良いところは、四畳半程度のスペースがあれば、一人で稽古ができることです。
水曜はもともと子供たちの稽古の日だったので、
始めて1年ほど経った頃には、
優勝者の女性の代わりに、子供たちの前で見本の「形」をやるお姉さんになっていました。
小学生の頃から父に柔術を教わることはありましたが、
武道の基礎はこの時、空手で身に着けました。

そのころジャッキー・チェンの映画が流行っていましたし、
真田広之、志穂美悦子のアクションにあこがれ、
千葉真一が主催するジャパン・アクション・クラブに応募してみたこともありました。
リハビリから始めた空手がここまでエスカレートしましたが、
武道はこの辺で一旦お休み。

(※空手の「形」は流派によっては脊柱側弯症の方に向かない場合もあるかと思われます。
和道流の基本の「形」は、固定手術前で普通に運動できる方には特に問題ないと思われますが、
いずれにしても医師にご相談ください。)

別のことに没頭する時代があり、30代半ばに、
健康のためにも、一生続けられることとして選んだのが「居合道」でした。
実は子供の頃からの夢の一つは「侍(サムライ)になる」ことでした。
剣道ではなく、私が子供の頃からやりたかったのは「居合(いあい)」だったんですね。
弟が剣道をやっていて、大会の時に居合刀で演武する先生方を見て憧れましたが、
剣道をやらないと「居合」はできないと思っていたら、
「居合」は独立して存在していたのでした。

「居合」は、居合刀または真剣で、敵を仮想し、一人で、
抜刀から、いくつかの技をやって、納刀までの一連の「形」をやりますが、
武道の中では精神的なものが最も重要視されます。

当時、父が鎌倉で「居合」をやっていたので、
埼玉県狭山市に住んでいた私は、近所で居合道場を探し、
入間の渡辺満先生の道場に通い始めました。
一対一の稽古で、基礎をみっちり仕込まれ、
関東大会にも、父と一緒に出場したことがありました。
ここで私の子供の頃からの「侍になりたい」という夢が実現しました。

しかし、この「居合」も一生続けることができなくなりました。
40歳を過ぎてから脊柱側弯症が原因で、腰椎の後弯が少しずつ進行し、
やがて、長時間立っていることが困難になり、
居合をやめるざるおえなくなりました。
それでも子供の頃からの夢がかなったのですから、
「居合」は私の人生の大切な宝物になりました。


ここで、私の「居合」の物語は終わってしまうのが普通ですが、
46歳で九段坂病院の中井修先生に脊椎の矯正固定手術を受け、術後7年目の診察で、
「筋力が落ちる年頃だからスポーツをして体を鍛えなさい」という指導!
脊椎の広範囲の固定をしたから、背骨は曲がらないし、身体をねじることも出来ないので、
もう一生スポーツも武道もできないと思っていたのに!!!
胸椎の途中から腰椎全て(胸椎10番から腰椎5番までの8椎体)広範囲に、
金属による固定をされている身体で、一体何ができるのか!?
背骨を曲げたりねじったりしないスポーツ・・・
私が経験した中では「居合しかない!」と思って言ってみたら、中井先生の許可!
10年ぶりに「居合」に復帰することになりました。

父は前年に他界していました。
その父の愛弟子であった方を師匠に、父が伝えた技を鎌倉七里ヶ浜道場で修行し、
七里ヶ浜アトリエの庭では居合刀で、
狭山にいる時は入間市の森の公園で、木刀を使って、一人で稽古をし、
今年3月、父の祥月に父を偲んでお弟子さんやお仲間が開いてくださる
「ダルマ忌演武会」で、私も演武し、
師匠と共に父の独自の流派「柔心流」をお披露目いたしました。
そして、「柔心流」は本年(平成29年)4月に、
正式に一流派として独立いたしました。

父には子供の頃からよく武道と仏教の話を聞き、
大人になってからも、父のアトリエで二人で武道と仏教について語り合っていました。
いつか何らかの形で私が父の跡を継ぐことを予期していたのではないかと思ってしまいます。
今、父はみ仏の元で喜んでくれていること間違いなしですね。
居合の初めの師匠である渡辺先生もご他界されましたが、
生前、最後にお電話でお話した時、
「恵子さんに教えていた頃が一番楽しかった」と言ってくださいました。
渡辺先生も、喜んでくださっていることでしょう。

現在、師と共に、父が残してくれた「柔心流 居合道」の研鑽の日々が続きます。
「柔心流 居合道」は、父の精神を受け継ぎ、心と技が一体となった純粋な居合道を目指しています。
理学療法士の先生のアドバイスをお願いしてあり、
脊柱側弯症や腰椎後弯症などによる脊椎の広範囲固定手術を受けた方にも、
演武できる「形」を完成させていきます!!
体幹が安定しているのが武道の基本なのですから、インナーマッスルを鍛え、
脊椎の広範囲固定も強みにしていきます!

私の脊椎手術について知りたい方は、私の公式ホームページの
「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」をお読みください。
田中恵子公式ホームページ
http://www.studio-clipper.net

 


この記事をはてなブックマークに追加

「東月庵」の「初 東月」!

2017年06月05日 | 田中恵子の「東月庵」便り

「東月庵」の「初 東月」!
~田中恵子の「東月庵」便り2~

狭山に「東月庵(とうげつあん)」を開設した本日夕刻、
出ました!「初 東月」!!
右上に小さな月が写っているのが見えますか?
実物は結構な迫力です!

日中は青空だったので、期待していたら、
夕方、東から雲が広がって空全面を覆ってしまって、がっかりしました。
その後、雲が移動し、空の高い部分が青空に・・・
月を探すと、いました、いました・・・
南東方向の高めの位置に!

「地球影」は出なかったけど、
「東月庵」開設の初日に、
「初 日の出」と「初 東月」を見ることができて、HAPPYです!!

田中恵子 新作ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子 写実絵画作品 ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

本日「東月庵」を開設しました!

2017年06月05日 | 田中恵子の「東月庵」便り

本日「東月庵」を開設しました!
~田中恵子の「東月庵」便り~

本日、狭山に「東月庵(とうげつあん)」を開設しました!
写真は「東月庵」初日(本日)の日の出!
ですから「東月庵」の「初日の出」!

「東月庵」は名前のとおり、東から昇る月を眺める庵(いおり)。
このマンションの3階から見える東の空は、繰り返し私の絵画作品に登場しています。
スタジオクリッパーは2階で西向きなので、
3階への踊り場の窓にモチーフを置いたり、
3階の廊下で、地球影の空や月を観察したりしていました。
この度、東の空が一望できる3階に庵を設けました。

また、絵と共に暮らす提案をする場所としても、
ブログで紹介していきたいと思います。
また、ご購入ご希望の田中恵子の作品を、個展以外の時でも、
ご覧いただける場所にもしたいと思っております。

田中恵子 新作ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子 写実絵画作品 ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

七里ヶ浜の丘、ニセ ウグイスにご用心!?

2017年06月03日 | 鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

七里ヶ浜の丘、ニセ ウグイスにご用心!?
~田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信5~

今日は、七里の丘はいい気候でした。
陽にあたると暑いけど、さわやかな風と低い湿度!
鎌倉山では上品なウグイスの声が今も聞こえますが、
七里の丘では、大きな声のウグイスが鳴いています。
これだけ上手になると時々本物と間違えてしまいます。
去年までもっとヘタだった・・・
つい一カ月ほど前まではまだまだヘタだった・・・
ご存じだと思いますが正体はガビチョウです。
日本の侵略的外来種ワースト100に名を連ねています。
キビタキ・オオルリ・サンコウチョウなどのまねもするそうですが、
鎌倉にはいないので、その様な鳴き方をするガビチョウはいません。
鎌倉山はウグイスの名所(?)なので、
七里の丘のガビチョウは皆ウグイスのまねをします。
しかも上達しています。
バードウォッチャーの私までだまされそう!!!
今年から軽井沢では、ニセ キビタキとニセ オオルリに気をつけなければ!!!

ニセ ウグイスが鳴いてるけど、いつものように、買い物がてら散歩がてら、
木陰のプロムナードを通って商店街へ。

今日は特に、商店街から望む海がきれいで、少し近づいて写真を撮ってみました(上)。
左が鎌倉プリンスホテルです。
このあたりから海を望む写真は、何度もフェイスブックにアップしましたが、
今月の「散歩の達人」は鎌倉・江ノ電特集。
まさしくこれにそっくりの写真が載ってます。
ついでに、先週撮った鎌倉山からの写真(下)によく似た写真も載っていました。
「散歩の達人」の特集で、ますます江ノ電、混みそう・・・

 田中恵子のホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

「満ちる時3」田中恵子 2014年の写実作品

2017年05月31日 | 私と写実絵画

「満ちる時3」田中恵子 2014年の写実作品
~私と写実絵画2~

「満ちる時3」The Time Has Come3
Tempera & Oil on panel
テンペラ,油彩,板 F6 41.0×31.8cm
2014.11完成

 

モチーフはブラックティーという私が最も愛するバラ。

私は2008年の脊椎の大手術で二カ月間入院しました。
手術から12日間寝たきりで、その後、起ても貧血にならないためのリハビリを経て、
胸の上から腰までを覆うギブスを巻いての歩行訓練。
クリスマスを前に、頑張っている自分へのプレゼントに、
バラ園を持つ鎌倉のバラ専門店マダムビオレにブラックティーを注文しました。
開きかけたつぼみで届いたブラックティーは、クリスマス当日に満開になりました。
脊椎の広範囲の固定により、写実絵画を描く前傾姿勢を保持することは、
困難になることがわかっていたので、
写実を描けるようになることはないと思っていましたが、
それでも個室の青空が見える広い窓辺にブラックティーを置き、絵の構成をしていました。

退院してから、何度もブラックティーを取り寄せ、
描くことは不可能と思いながらも、何度も構成を試みました。

素晴らしいバラを作っていたマダムビオレの作出者のご夫妻は他界され、
息子さんがやっていた西鎌倉のお店は閉店して、
最高のブラックティーを入手することが出来なくなりました。
ネットで探して取り寄せたり、最終的には日比谷花壇にお願いして取り寄せてもらいました。

2011年にやはり入院中に構成していた病室の壁の絵を、
退院以来、初めて写実作品として完成させ、
また、小品のブラックティーを描いて後、2014年にこの作品に取りかかりました。

何としても青空の背景にしたかったけれど、逆光だとどうしても思ったイメージにならない。
結局、光は左から、でも背景は青い空ということにしました。
その光の条件で描くと、花びらに反射と透過の光を呼び込むことが出来、
私が求める光の表現が出来ます。

このバラが私の思い出と共にあるだけであったら、この作品の意味合いは薄れます。
私がこのブラックティーに特別なものを感じるのは、
黒をかんだ朱色という微妙な色彩を持ち、咲き誇って後、
黒みを持った薄紫に褪色しながら、最後まで美しく咲き尽くす。
それはあたかも力強く生きる一人の人生を観ているが如くで、
心に深い感銘を覚えるからなのです。

制作過程も、その色彩の変化の如く、花びらの下の絵の具層では朱色(カドミウムレッド)を使用し、
その後、クリムゾン系を使用し、最後に黒の混ざったクリムゾン系で影の部分の深みを塗り重ねています。
その塗り重ねの間にテンペラ白によるハッチング層を挟んでいます。

身体の負担を考え、1日の制作時間が制限される中で、
術前研鑽した油彩とテンペラの混合技法を最も効率的に使うことができ、
この作品は2014年11月、無事完成しました。

新作ギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

写実絵画作品のギャラリーはこちら
http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

「写実道」 リアルのゆくえ展を観て感じたこと

2017年05月27日 | 私と写実絵画

「写実道」 リアルのゆくえ展を観て感じたこと
~私と写実絵画~

約1年前、アトリエを鎌倉七里ヶ浜に移しましたが、
美大受験時代以来、約25年ぶりに訪れた鎌倉の文海堂。
近年は絵画を趣味とする人が減り、画材屋さんが激減している時代に、
以前と変わりなく、そこに文海堂があって、とても嬉しく思いました。
ミニフレームやサムホールの額を探していたので、お店の人と話し、
ふと目にしたのが、「リアルのゆくえ」のチラシ。

現在、平塚美術館で「リアルのゆくえ」という展覧会が開催されています。
なんとも私向きの展覧会ですが、4月は一カ月間、銀座で個展だったので、
バックオーダーもあり、今週やっと行ってきました。
我が師匠の作品も展示されています。

どなたでもご存じの鮭の絵(美術の教科書に載っていた)の高橋由一、
岸田劉生らすばらしい写実画家がいながら、
写実絵画は日本の洋画の主流とはなり得なかったけれど、
近年ちょっとした写実ブームでもあります。

私は美大で写実が学べないので、デザイン科を卒業しましたが、
その後、三浦明範先生との出会いにより、油彩とテンペラの混合技法を学び、
写実の夢を実現しました。

今回展示のそれぞれの写実画家の真摯な姿勢。
この展覧会を見終えて、武道家でもある私の脳裏に浮かんだのは「写実道」。
「道」は、真理を求める「道」。
仏道、武道、茶道、華道、「道」がつくものは方法は違っても目指すものは「真理」。
自分のことに終始している画家が多い様に感じられる中で、
今回展示の写実に取り組む画家の姿勢に、それは「写実道」と言えると感じました。


次回から私の写実絵画作品について連載をスタートします。

田中恵子の写実絵画ギャラリーはこちらから

http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

テンペラと油彩の混合技法による制作手順はこちらから

http://www.studio-clipper.net/technique.html

田中恵子のホームページはこちらから

http://www.studio-clipper.net 


この記事をはてなブックマークに追加

師の教え「絵を描くことは自分の哲学を描くこと」

2017年05月25日 | 鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

師の教え「絵を描くことは自分の哲学を描くこと」
~田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信 4~

偉大な哲学者は森の中を歩きながら思索したとか・・・
私は七里ヶ浜の海を見ながら、鎌倉山を歩きながら思索します。

我が絵画の師匠の教え「絵を描くことは自分の哲学を描くこと」
「自分の哲学」は偉大な哲学者の哲学を学ぶことではなく、
常日頃、自分の考えを理論的に深めること。

前に書いた師匠の教え「絵の勉強は絵以外のことをすること」
私はこの2つのことを常々実践している良い弟子(?)です。

常に学んで、常に考えるんですね・・・。
私は、絵以外のことをするのと、自分の思索にばかり時間を費やしています。

今日も居合の稽古と、鎌倉山での思索と、
アトリエでのヴィオラ・ダ・ガンバの練習で充実していたな~
写真は、先月の七里ヶ浜の夕景です。

江ノ島の右側に富士山もシルエットで見えています。

田中恵子公式ホームページ 

http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

私のアトリエは音楽室!?

2017年05月19日 | 鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

私のアトリエは音楽室!?
~田中恵子の鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信 2~

趣味でヴィオラ・ダ・ガンバを弾きます。
ルネサンス~バロック時代に貴族たちに愛された古楽器です。
個展の前、忙しくてちょっと練習して弓を張ったまま放置していたら、
弓の毛が伸びてしまい、毛を張り直してもらいました。
個展が終わって、アトリエで久しぶりにヴィオラ・ダ・ガンバを弾きました。
気候がいいせいか、弓の毛が新しいせいか、いい音です。
ヴィオラ・ダ・ガンバは毎日弾かないと弓使いが下手になってしまうんだけど、
意外に怠けていると、音が良くなっていたりする・・・?
3月に挫折した、新しい曲を再度始めました。
フランス17世紀後半のヴィオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)の巨匠、
サント=コロンブの無伴奏のシャコンヌ。
サント=コロンブの曲は、私のような者には難解で、
初めての曲に取り組む度にナゾナゾされているようです。
300年以上の時を超えて、最愛のサント=コロンブの謎解きは、
とても楽しい取り組みです。

私の絵画の師匠は「絵の勉強は絵以外のことをやりなさい」と言います。
私はそれを常々実践する良い弟子です!
以前は古楽器をモチーフにした写実作品を描いていました。
今はその様な写実はあまり描きませんが、
音楽の取り組みが、絵画において新しいファンタジーを呼び覚ますこともありますし、
他の経験や、積み重ねてきたものと熟成され、
ある時、エスキースが生まれることもあります。

写実作品はこちらのギャラリーへ

http://www.studio-clipper.net/gallery.htm

近作はこちらのギャラリーへ
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子公式ホームページ 
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉山のウグイスは、今日も絶好調!!

2017年05月12日 | 鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

鎌倉山のウグイスは、今日も絶好調!!
鎌倉七里ヶ浜アトリエ通信

4月、約1カ月間開催したベーネ銀座サロンでの個展が、昨日の納品でようやく終了しました。
これから、私の森の絵や、タンポポ飛行のウサギさんたちと暮らしてくださる方々、
ありがとうございます。
初めて私の作品と出会ってくださった方々、
久しぶりにお会いできて、いろいろお話できた方々、
たくさんの出会いが私を幸せにしてくれました。
ありがとうございました。

狭山スタジオから昨日、鎌倉アトリエに移動。
本日午前中、久しぶりに鎌倉山のちょっと奥まで散歩しました。
今日は鎌倉でも暑くて今年初、日傘にキャミソールで!
ウグイスは今日も絶好調!!
3月は天候不順で元気なかったので、今がうれしいのね!
写真は鎌倉山の散歩道と、あこがれのツリーハウス。

田中恵子公式ホームページ
http://www.studio-clipper.net

作品はホームページの2つのギャラリーでご覧いただけます!


この記事をはてなブックマークに追加

田中恵子絵画展のアイドル「タンポポ飛行」のウサギさんたち

2017年04月27日 | 個展・イベントのご案内

田中恵子絵画展のアイドル「タンポポ飛行」のウサギさんたち
田中恵子絵画展「グリーントルマリンの森 変奏曲」4月29日(土)まで
ベーネ銀座サロンにて開催中!

今回の個展では既に、布絵の「タンポポ飛行」のウサギさん5作の嫁入り先が決まりました。
タンポポ飛行の物語
~青空に月が昇る時、ウサギたちはタンポポを手に離陸する~
この作品「タンポポ飛行3」はテンペラと油彩の混合技法(古典技法)で描いたもので、非売品ですが、
現在開催中の個展で、布絵の1匹入りの箱入りウサギさんを販売中! (額入り¥15,000)
プレゼントにも人気です!

田中恵子絵画展のご案内は同カテゴリー、
または田中恵子公式ホームページをご覧ください!

完成作品はギャラリーへ
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子公式ホームページ 
http://www.studio-clipper.net


この記事をはてなブックマークに追加

「森に向かって開いた小さな窓」グリーントルマリンの森 変奏曲

2017年04月26日 | 個展・イベントのご案内

今回の「グリーントルマリンの森 変奏曲」シリーズは、
「森に向かって開いた小さな窓」

都会やその近郊に暮らすと、自然の中に身を置く機会が少なくなります。
では、ご自宅のお部屋に小さな「森に向かって開いた窓」があったらいかがでしょう?
朝、コーヒーを飲みながら、
夜、家に帰ってくつろぎながら、
小さな窓から森を眺めることができたら・・・
「グリーントルマリンの森」は不思議の森への入り口。
「森に向かって開いた窓」から、空想の森に踏み入って、小さな旅をしてみませんか?
そんな日常を送っていただくために、
お部屋に飾りやすいサイズ、
お洋服1着くらいの価格でお求めいただける作品を、
メインに展示しております。
銀座ベーネサロンに、ぜひ、お好みの森を探しにいらしてください!
4月29日(土)まで開催中です!

◆田中恵子公式ホームページのギャラリーでは作品をご覧いただけます。

完成作品はギャラリーへ
http://www.studio-clipper.net/gallery2.html

田中恵子公式ホームページ 
http://www.studio-clipper.net

 

この記事をはてなブックマークに追加