以心伝心 from Japan

青年海外協力隊として2年間ボリビアの小学校で活動を終えた後、今度は日本から思うままに綴るブログ復活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明日は卒業式

2015年03月24日 | 日記
いよいよ明日、巣立って行く6年生。

泣いたり笑ったり最後まで忙しい人達だ

ったけど、ついに明日という日を迎える

ことができる。

明日は、子ども達にとって最後の授業。

一人ひとりの顔を見て、私も心を込めて

ピアノを弾く。

卒業を迎えるたび、大変なことも喜びに

変わっていく。

それが、この仕事の醍醐味。

私はいくつになっても私のまま。

杏の花が、和かに微笑む。

ここ新宿で3回目の春を迎えようとして

います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タブレット純

2015年02月22日 | 日記
ご無沙汰しています。

先週はインフルエンザでぶっ倒れていました。が、今はもう回復しました。

予防接種打ってても、かかっちゃうもんはかかっちゃうんですね。

早く暖かい春が来て欲しいです。

で、そんな脳味噌沸騰状態で見てた動画が、タブレット純。

昭和の香り漂う歌謡芸人で、ヒロシみたいだけど、ヒロシよりリズムと変化があって面白い。

熱で死にそうなのに、ゲラゲラ笑わせてもらいました。

皆さんもyoutubeなどで是非。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿

2014年07月23日 | 日記
まさか自分が新宿区で働くことになるな

んて思いもしなかった。

新宿御苑でサンドイッチと家で淹れた珈

琲を飲みながらそう思う。

テレビの警察24時で見て恐ろしいと思

っていた歌舞伎町なんて、今じゃいつも

通る場所。

流れ流れて、私はこんなとこで生きてる

なんて!

人間は、どんな場所にいても愉しむこと

ができる。

だけど、育ててもらったのはやっぱり福

岡で、思い出すのも福岡。

沢山のものが詰まっている。

佐賀にオスプレイ?奄美に軍隊常備。

何かこの国おかしい。

政府だけが知っていて、街を歩く人達は

何も知らないで、国のカタチが変わって

いく。

時代は繰り返すと言われる。

平和であること、戦争の恐ろしさを忘れ

たら、後には戻れない争いに巻き込まれ

ていくような気がする。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の尾瀬

2014年07月22日 | 日記


夏が来れば 思い出す
はるかな尾瀬 とおい空
きりの中に 浮びくる
やさしい影 野の小路
みず芭蕉の花が 咲いている
夢見て咲いている 水のほとり
しゃくなげ色にたそがれる
はるかな尾瀬 とおい空

夏が来れば 思い出す
はるかな尾瀬 野の旅よ
花の中に そよそよと
ゆれゆれる 浮き島よ
みず芭蕉の花が 匂っている
夢見て匂っている 水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 とおい空


もう水芭蕉の季節ではなかったけれど、

この歌を口ずさみながら、往復3時間の

道をハイキングした。最初の山道から、

一時間半ほど歩くと、湿原が広がる。

大きな緑の山が顔をだす。

なんだかとってもいい匂いがした。

ノアザミは、美味しい蜜を持っているか

ら、蜜蜂達に大人気。

あゝ日本。

今年の夏も日本の自然をトコトン楽しむ

ぞー!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YURI

2014年06月30日 | 日記


去年のあの香りが忘れられなくて、また

会いにいってしまった。

森のような傾斜に沢山のYURI達が、凛

と気持ちよく立っている。

今年は、おにぎりを握って水筒に味噌汁

を注いで、お気に入りの籐のバスケット

にいれて持っていった。

YURIの根天ぷらとノンアルビールを売

店で調達し、腹ごしらえをしてからゆる

りとYURI達の中を散歩する。

意外にカラフルなのもステキ。

ノンビリ眺めた後、雲行きが怪しいぞと

思って車に戻ると、凄まじい雨。まるで

台風が来たみたいな風。マンホールから

は、噴水のように水が溢れでていた。

さっきの穏やかな時間は何処へやら。

異常気象なのか、地球がおかしいのか。

まだまだジメジメとした日々は続きま

すが、束の間の休息。でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加