変形性股関節症に負けない『心と身体』を目指して -運動指導士 彦坂惠子-

踊りが命と舞台と指導に明け暮れていた私が突然変形性股関節症と言われ、手術をし引退したが現在運動指導士として活躍中

筋肉状態

2017-08-10 15:24:19 | 私の身体

 蒸し暑い日々です。どんよりとして、入道雲がみたいです。


 7日は、保土ヶ谷整形外科のリハビリへ行きました。
 5ヶ月に一回の受診が通常のリハビリ時には、義務付けられています。
(温泉病院の3ヶ月に一度の受診は、特別。)


 こちらの医師は、無駄に? レントゲン撮影をしないので、
 助かります。
 5ヶ月で股関節の軟骨に 変化なんて、なかなか出ないの当たり前ですから。。


 今回は、骨密度(一年ぶりの)を測定しました。
 測定方法によって、多少異なりますが、物凄い違いはないと思います。
 ここは、左腕。利き手でないほう。


 結果は すぐにわかります。
 

 昨年よりも、、%テージ 上がってました。1%だけど。。
 嬉しい!!

 若年聖人の平均骨密度と比較すると、、  94%、
 あなたの同じ年齢の骨密度と比較すると 117%  でした。


 とても、気分が良いです。
 この調子で 偏らない食事 
 カルシウム(一日600ccを目安にヨーグルト チーズ 牛乳を毎日摂取)
 そして、適度の運動 全身を使っています。
 このまま継続しよう。。


 ずっっっっっーーーーと、股関節周りに痛みを出さなかったのでしたが、
 この長寿台風の前後 久しぶりに梨状筋とソケイブに痛みが出ました。

 微々たる? 低気圧の変化には 耐えた?私の自律神経と痛みの受容体も
 この台風の長引く居座りベクトルに耐えられなかったようです。
 
 筋肉は、お陰様で 健康ゆすり器を4ヶ月継続して 毎日40分(両足で)は
 必ず、使用して とてもほぐれて 痛みもなく、いい感じになっていたのでしたが
 この台風で、久しぶりに痛むところを ボールでほぐしました。
 やはり、痛むときには ボールでの強制ほぐし?も必要かな❔ 
 と個人の感想です(皆さん  それぞれ個人差があるので)
 と、思って そのことを 篠崎PTに話したら、
 「ほぐれてきたのですね。いいことです。強くマッサージ するより
 揺らして揺れて ほぐした方が良いですよ」と、。


 でも、私は、健康ゆすり器とゆる運動だけでは 痛み取れませんでした。
 40分 ほぐして やっと まともに 痛みを感じないで 歩行できました。
 痛いと まともに 歩けませんよね。。トホホになります。


 そんなわけで、ありがたいお言葉も…
 今回 痛みの前では、、私は、私の身体の声を聴こう! 
 となりました。

 PTの言われること 施術者の言われること 
 すべて、丸呑みしないで 今の その時の
 自分の身体に当てはめる 
 ことが大切だと 私は、常々 考えています。
 
 
 そして、台風が去れば また痛みは全くなくなりました。

 ゆらゆらユサユサ して、筋肉 とてもほぐれています。

 後は、世界陸上の選手を見習って? 見習えませんが(笑い)
 緊張状態の筋肉ではなく 歩行時に いかに 少ない圧で
 筋肉を上手に 使えるか? なんで、、、
 日々、これまた 自分の身体と向き合う ということになります。
 
 

 ご旅行中 帰省中 皆さん お忙しいと思います。
 くれぐれも 今のご自分の 能力以上のことを なさらないように
 お気をつけて 楽しんでください!!




           『変形性股関節症に負けないでね!』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トケイソウ額の作画 | トップ | 股関節ガードル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。