変形性股関節症に負けない『心と身体』を目指して -運動指導士 彦坂惠子-

踊りが命と舞台と指導に明け暮れていた私が突然変形性股関節症と言われ、手術をし引退したが現在運動指導士として活躍中

「明日への階段5」(再編集)

2016-09-15 13:32:50 | 人工股関節について

 低気圧の影響で 足に痛みが出ている方々、とても多いようです!
 痛みときに無理をすると 軟骨を減らすだけですので、、
 無謀のやけのやんパチのような行動をなさらないように…
 自分を大切にしてください。

 軟骨の1ミリその2ミリが大切です!!

 それでは、今日からまた、きららのお仲間 みかんさんのお話を
 続けます。

 2012年の2月の 明日への階段8から10までが 行方知れず?❔
 になりました。
 その間が抜けてしまったことを みかんさんにお詫びします。
 みなさん、抜けていることをお許しください!
 2012年2月の記事から 再編集しました。





            『明日への階段5』
 

 術後16日目で退院。明日からは自宅リハビリだ。
 達成表を作ってがんばろう。

 足の長さ矯正課題は、座った膝の位置で計ると5㌢もある。
 退院後の様子と努力のところが なくなった m(_ _)m

 以下彦坂の話から…


   具合(足の調子ではなくて、体調のこと)が悪いわけではないようだけれど…
 なんとなく、だるい、、、具合が良くない。。。
 という、今の私。 
 まぁーこういう時は、不要不急でいこう。

 先週、叔母の具合が悪くなり(食欲がなくなり、(叔母は体重が30キロないので)、
 食欲が
なくなると大変。
 また、通院(点滴)のようなことになるから、微熱もあり、高齢者は

 長引くから…その分、私にしわ寄せも来て、)
 一苦労になるので、大事に大事に手厚い介護に徹した。
 しっかり介護の成果で、叔母はすっかり元気になった。
 私は、疲れた。しょうがない、年だから(泣き)

 今朝は、天皇陛下の心臓の手術のこと、アメリカの歌手の急死、
 真央ちゃんの試合の結果、
と朝からワイドショーが賑わしていました。
 そのテレビを横目にうつらうつら、…私は、二度寝、昼寝が出来ない体質で、
 昼寝をしてしまうのは
かなり、体調が良くないとき、なのだ。具合が悪い。


 と、いいながら、がんばる!
 これ私の長所でもあり(結構無理をしちゃうから)短所でもある。

 今日も、みかんさんの『明日への階段』を続けます。
 みかんさんの次女さんの出産に立会い、感動したところからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 わが家に迎え入れてからは、股関節に負担をかけないよう所作に工夫する。
 孫の世話は
楽しく、何だか私の方が幸せホルモンを貰っている。
 この日々のためにリハビリをがんばれ
たようなものだ。
 それから1ヶ月半後、私の役目は無事に終わった。

 朝の歩行練習で一日の調子をみ、週2回のプール通いと、
 月1回の深圧マッサージも再開する。

 地域の公民館活動へはいつも友人が車で送り迎えしてくれる。
 暮らしのなかに欠かせない
社会や仲間との関わり、文化も掌中に取り戻した。

 術前の座っていても寝ていても払拭されなかった、
 いやな痛みから開放されたことからも、

 手術を受けてよかったと安らいだ。

 術後半年を経た頃から杖を忘れてしまうことがあり、
 頼らないで歩けるようになっていた。

 
 「慣れた頃が転びやすいから要注意よ」

 「杖を持っていれば周りの人が気をつけてくれるのだから」
 という助言を忘れてはならない。

 外出時は杖の入るショルダーバッグはリュックを使うようにした。
 靴は股関節への衝撃を吸収してくれる中敷の入った特注靴を履く。

 順調に回復してきたとはいっても、
 発症前のように何の不安もなく機敏に動けるわけではない。

 気をつけなければならない課題はいつも頭をもたげている。
 脱臼しないための資料を時折読み返したり、
 体が沈むようなソファーは止めて硬めの椅子に

 あまり腰を落とさないですむよう座位も高めに、
 腰をかがめたりしゃがんだり膝をつく動作も

 負担をかけるので注意している。ひねりの多い家事は、ゆっくりを貫く。

 杖を忘れるようになって以来、自転車にも乗るようになる。
 サドルは膝が股関節より低くなる
ように設定し、坂道では下りて歩く。
 これで少々荷物のある買い物にも行けるようになった。




 彦坂記
 術後6ヶ月経ち、順調に回復されて自転車にも乗るようになり、
 行動範囲が広がってきた
所から、です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 新しい出会いも得た。
 インターネットのホームページ「変形性股関節症に負けないでね!」

 というキャッチフレーズの体操教室だ。(彦坂記:私、彦坂主催の‘きらら'のこと)

 自宅から1時間半、少し遠出になるが長女の住まいの近くでやっており、
 草加から一本の電車で
行ける。
 同じ病気を抱えている仲間のサークルで、講師は運動指導士、
 手術の体験者でもある。


 この病気にありがちな
「痛いから動かない、動けないを打ち破ろう、体操で元気になろう」と

 立ち上げた会だという。
 動かないでいると可動域はますます狭くなり、
 股関節の役目を身体のほかの部分で補うため、

 代償として膝や腰、背中などを傷めてしまうこともあるらしい。
 動く時は悪い方を庇ってしまう
ため、筋肉痛も起こしやすい。

 椅子に座り音楽に合わせて行うチェアーダンスは
 下半身に負担をかけずに出来る。

 手や上半身を思いっ切り伸ばす動きは血行を良くし、
 下半身もじんわり温まっていく。

 マットを敷いて骨盤体操や股関節周りをほぐすストレッチも行い、
 一人ひとり左右のバランスや
立ち姿のチェックを受ける。
 股関節を上手に動かすことを所作のなかで教わる。

 月二回、約一時間半の体操後、
 十数人でにぎやかなランチタイムも楽しんでいる。

 40代~80代まで、手術を受け長持ちさせたいと心掛けている人も、
 保存療法でがんばっている
人も居る。

 「私たち、痛みなく普通に歩きたいだけなのよね」
 共通テーマでの情報交換は参考になる。女性にとっておしゃべりというのは
 本当に元気をもらえる
ものなのだ。

 「秋には皆で旅行へ行きましょうね」
  (彦坂記:2010年に御殿場へ、富士山の忍野八海とイルミネーションと温泉三昧の旅
   昨年は、東日本大地震で中止にしました)
 
 夢だったことも実現した。
 マイペースなのでツアー旅行は難しいが、自前のドライブ旅行なら可能だ。

 杖旅行もかなりきつい〇〇さんは、
 いつもマイカーに折り畳み車いすを載せてハンドルを
握っている。
 運転が出来ると心強い。

 「買い物だってピクニックだって行けるわよ」と、明るい。
 自分の状態を把握し、工夫していけば何とかなるものなのだ。

 私も足と相談しながら、これからは予定をたくさん入れていきたい。

 「もう、大丈夫でしょ」 

 2011年春、心配かけてきた友人の言葉に、
 自信を持って「うん、大丈夫!」と言えなかったあの日。


 このところの一抹の不安は日に日に増して行き、
 反対側の股関節に心配を宿すことになっていく。

 体操教室でも「右肩が少し落ちてきたわね、足の筋肉も落ちている」
 と助言を受け、鍛え方を
教わる。
 車の両輪のように、左右のバランスはとても大事なのだ。

 いったん並んだ両足の長さが、また1cm5mmの差をつけている。

 (彦坂記 肝心の5センチ脚長差を解消した話が とこかへ行ってしまいました。
 確か、一生懸命 荷重をかけて公園を歩いたり なさったような、ごめんなさい)


 頑張っているつもりでも、頑として差は縮まらない。
 立ち上がりの最初の一歩が出にくい。

 歩きたいが右足に力が入らず強張ることさえある。
 違和感は、痛みに変わっていった。

 手術から2年後、私は新たな課題を抱えることになった。
 抜け出したトンネルの向こうに、
 もう一つのトンネルが待ち受けていたとは……。

 私の希む「明日」はまだまだ先にあるらしい。

   (2011年5月記、みかん)



 そして、みかんさんは、2011年10月に同病院、
    東京医科歯科大学病院(左足の時と同じ)にて、
    右足の
人工関節手術を受けられました。

    術後、経過良好なので2ヶ月で銀座サロン松本先生の施術を受け、
    小走りもすぐに出来、
きららの忘年会、新年会も参加され、
    この1月にはご主人様と念願の奄美諸島旅行へも

    行かれ、前回のきらら体操教室では、痛みも歪みもなく、
    股関節の動きも良好で、

    私は、おもわず、みかんさんへ言いました。

    「本当に痛くないんですね~、動き方がいいですよ~」
    →特に、屈曲が良かった。
    (あまりに術前と術後の変化が大きく、
    とても股関節の動きが良かったのと、
    今回の『明日への階段』の内容が…
    
お話も客観的で分かりやすく、読んでいて納得がいくのと、
    誰もが辿る道すがらなどなど…
    これは、ぜひ、その後のみかんさんの思いも知りたい、と思い、
 
    「先日、反対側の手術への思いとその後のみかんさんのお話も…
    ぜひ、書いていただきたい、皆さんへご紹介したい」
    とお願いしましたら…再執筆を快く、
    引き受けてくださり、今日便でうちに届く手はずとなりました。
    
    
    2016年彦坂記
    そして、今また 皆さんに紹介しています。
    また、反対の脚 もう一本のお話は、またまた続きます。



           『変形性股関節症に負けないでね!』


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 押し花教室 | トップ | 明日への階段6(再編集) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
術後 (lala)
2016-09-15 18:03:51
半年で5センチの脚長差を解消されたリハビリ、トレーニングがどんなものだったのか知りたいですが仕方ないですね。

みかんさんのようになるには、私は今犬の散歩の時くらいしか歩かないんですが、もっと歩いた方がいいのでしょうか?
以前筋肉がこわばっていたときに無理に歩いたり筋トレは良くないと銀サロはの松本先生にメールいただいてあまりあるかなくなったのですが、前は30分以上歩けたように思います。段々歩けなくなって立てなくなって自分がこわいんです。

いつも他力本願のようなコメントで申し訳ないですが、やみくもな自己流トレーニングでよけいに痛めたくはないし、何かヒントがほしいんです。

イチローがやっている股割り?四股みたいなのを何にちか前から少しだけやっていめす。少しでも立って運動、今は10分頑張ってラジオ体操もどきもやっています。

コメントってもどかしいですね。
言いたいことが伝わっているのかしらー。
肝心なところが… (ケイコ)
2016-09-15 20:18:44
 lalaさん、こんばんは。
lalaさんが知りたい 一番肝心なところが まったく無くなっていて、、大変すみません。 ごめんなさい!!
 でも、確か みかんさんは、一時間歩いて 荷重もしっかりかけていた、と覚えています。が、、それもこれも、経過の良い方の場合なので、現在痛くて あまり歩けなくなっているlalaさんには、適応できません! かといって、嘆くことはありません。ひとそれぞれ、本当に人と比べてはいけません! ですから、今のペース 犬の散歩で、15分から20分でよいと思います。そして、ラジオ体操もどきで10分 良いと思います。そのもどき体操の時に、苦手な動きを敬遠して できることばかり同じ動きをしていませんか? できれば苦手な動きをほんの1分でよいですから 少しずつ いろいろとレパートリーを作って やったらよいですよ。あとは、ベッドでリラックス 揺らし体操です。体中 足首フラフラ
ひざの開閉 ゆらゆら 腰 ゆさゆさ 上体ゆらゆら
しましよう! このながら体操がとても重要です。身体の力を抜くことを日頃から して、普段の立ち居振る舞いに 生かしてくださいね!! ガンバ!!!
lalaさん、また明日ね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人工股関節について」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。