おけいはんの日記

京都で舞妓体験した時、スタジオ撮影のお兄さんに「おけいはん」と呼ばれた事から・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入院式

2012-03-30 13:49:08 | お寺
先日、盛岡のK恩寺では、
御住職が交代になりました。
その交代する式典を『入院式』といいます。

平日だったので、
「少ないかな~?」なんて思ったら、
県内外から御僧侶方と信者さん達がいっぱい。



今迄のY田御住職は、
K恩寺に8年在勤され、
その前は海外のお寺で在勤されていたので、
御法話はとても分かりやすかったです。
また、岩手の支院長として、
震災後も寝る間も惜しんで走り回っていらっしゃいました。



先週の鼓笛隊練習の時に少年部員と撮った写真。
みんな学校帰りだったのでジャージですが・・・
(私、で、でかい・・・)

Y田御住職は、
今迄、岩手の鼓笛活動にも力を貸して下さり、
子供達からも大人気でした。


昨年夏から、
「天を動かそう!」と、
折伏祈念の唱題(南無妙~と唱える事)会を強化され、
支部で1日5時間の所、
御住職は1日7時間されました。

私もその熱意に感化され、
「せめて3時間!」と目指しました。
おかげ様で、一つの大きな願いが叶う事になり、
唱題の力を実感させて頂きました。

もちろん、昨年は支部の折伏も達成し、
「今年も更に頑張ろう!」って時でした・・・



こんなにも感動した入院式を見たのは、
初めてです。
Y田御住職も、
新しいO原御住職も、
私達もみんな涙、涙・・・

私は転勤族の家族なので全国回っていますが、
このようなお寺にお世話になり、
こんな感動した入院式に参列出来た事、
とても嬉しく思います。


この日は、
前日から雪が降り、
朝には雪かきが必要な位でした。
でも、式典の時には全て融け、
お見送りの時には晴れ渡って暑いくらい。
この日も天を動かしましたね。

前日の大きな余震も何のその!

やっぱり唱題の力はすごいです☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォーキングとゴミの話

2012-03-19 14:12:28 | マタニティ
日曜日の盛岡は、
天気予報で10度位まで上がると言っていたので、
タナチューと近所をウォーキング☆

色々寄り道したので、
8910歩、歩きました。



今は妊娠22週になり、
6ヶ月の真ん中辺り。
安定期って事で、
太らないように歩かないと!
通常より3キロ太りました。

私の場合、
スタートが皆さんの臨月の体重なので、
4ヶ月の時点で、
医者から「1ヶ月1キロ増で抑えて」
と言われています。

そして、
ここの所飲み会続きのタナチュー。
同じく3キロ増・・・
一緒に妊婦体型です・・・

って理由で、
天気も良かったし
「歩こう!」って事に。



盛岡商業高校校庭では、
サッカー部と野球部が練習していました。
周りにある桜の木には、
まだ小さいけどツボミがいっぱい付いていました。
桜の時期は先だけど、
春めいて来たな~と感じました。


写真のトーテンポールは、
この日のウォーキングで発見した
住宅の中にあった公園です。
まだまだ知らない道もあるもんだな・・・


☆   ☆   ☆


一晩明けて、
今日の盛岡は強風&小雪。
気温も夜はマイナスまで下がります。
朝ゴミ捨て行ったら、
顔と耳が真っ赤になりました。

そして寒い中、
知らないじ~さんに話しかけられ、
方言が分からず。
「はいはい、ど~も」って
さっさと逃げて来ました。

たぶん、
「ゴミ捨て場にカラスが来て困る」
という感じの事を言っていたと思います。
ウチは賃貸で指定された所に出しているだけだし、
町内会に入ってないし・・・
まだまだ寒い中、
交代で見回るってのもキツイし・・・

その指定されたゴミ捨て場ってのが、
歩道にただ網を下げただけ。
とっても簡易的なので、
カラスがつっつきに来るのです。

家を探しに来る時は、
ゴミ捨て場までチェックするんだった・・・
失敗・・・


でも、仙台の時は指定ゴミ袋を購入したけど、
盛岡は半透明であれば何でも可。
ゴミ袋代は浮いています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もりママ

2012-03-03 12:30:03 | マタニティ
2月に2回、
保健所主催マタニティ教室へ行きました。



1日目は何と調理実習があり、
減塩メニューを作成。
雑穀米にお豆のスープ等・・・


グループで協力し合って作成。
学生時代を思い出し、
楽しかったです☆


後は、新生児の実物大(重さも)の人形を使って、
抱き方講習もありました。
みんな「右手?左手?」とぎこちない・・・
最初は、抱くのも一苦労ですね。



2日目は、
昨年9月に出産したママさんが、
5ヶ月の赤ちゃんを連れて来てくれました。
一人、若い子で「15分で出産しました」
という驚きの子が居ました!
すご・・・


首は据わっていましたが、
寝返りし始めたとかで、
ハイハイも離乳食もまだ。

出産の体験談や、
今も1時間おきに起こされるとか、
生の声が聞けました。

赤ちゃんも個性があり、
泣いたりグズったりする子、
ニコっと笑う子、色々・・・
余り人見知りしない子を抱っこさせて貰いました。
ちょうどダッフィーのぬいぐるみ位の大きさ。
足にチョコンと座ります。

30分だけでしたが、
こちらもまた楽しかったです☆



2回共平日だったけど、
パパも一緒に教室に来ていた人も多かったです。
きっと育児に協力的なパパになるんだろうな。

でも、ママだけで出席した人達で、
結構楽しく交流できて、
私は良かったと思います。


そして、30代前半のママ友が2人出来ました!
来週ランチ予定。

2人共、神奈川・東京へ里帰り出産です。
同じく5月に帰省するそうなので、
関東でも会えたりするかな?

盛岡では、
子供の居るママを 『もりママ』、
子供の居るパパを 『もりパパ』と呼ぶそうです。
私も、もりママの仲間入り出来るかな~?
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告☆

2012-03-03 11:09:05 | マタニティ
結婚して12年目に入りました・・・
長かったです・・・

明日で妊娠6ヶ月に入ります!
今は胎動なのか?ガスなのか?
左下腹がポコポコしています。

私は高齢だし、
色々と高リスク妊婦なので、
本当は出産してからご報告したかったのですが、
4ヶ月近くも里帰りする予定だし、
きっとブログ更新も出来なくなると思うので・・・
そして、初の妊婦生活もご紹介したくて・・・



仙台で2年、
普通の産婦人科へ通い、
タイミング法を試しました。
排卵誘発剤も試しました。
しかし、断念しました・・・

盛岡へ来て1年半、
不妊専門医へ通い、
採卵・凍結・解凍・移植等、
一通り体外受精を数回体験しました。

大震災直後に移植の予定がありましたが、
近くの百貨店のガス爆発が起こり、
病院へ近づけないし余震も続くので、
延期になりました。

そんなハプニングもありましたが、、
いい結果が得られた事は
喜びの何ものでもありません☆



しかし、妊娠というものは、
安定するまで公表できずウズウズ・・・
芸能人は判定が出た2ヶ月くらいで
発表しちゃう人も居るけど。

年越ししてもなかなか母子手帳がもらえず、
医者や周りの人から「おめでとう!」と言われても
素直に喜べず・・・

タナチューは、
未だに大きくなり始めたお腹を見て、
「中に入っているのかも知れないな~」なんて、
まだ半信半疑です。
妊婦検診は平日に行っているので、
タナチューは心音を聞いた事もありません。
出産前後4ヶ月は独身貴族に戻る訳だし、
だからパパとママとの
育児の意識の違いがあるんだと思う。



本当に日本や世界では、
不妊で悩む人が多いのだと実感しました。
どんなに時間がかかっても、
痛くても辛くても、
お金がかかろうとも、
人間である限り、1%でも可能性がある限り、
赤ちゃんをこの手に抱く為に挑戦し続けます!

私の知人でも数人がそうやって苦労して
授かりました。



「結婚しました→即妊娠しました」
「出産しました」
「2人目、3人目出来ました」
嬉しい報告です。
でも、それを快く受け入れられない人も居ます。

自分はそうでは無い!と思って来ましたが、
人を妬んだり、羨ましがったりしない!と
強がっていましたが・・・

今迄、多くの友人の出産祝いをして来ました。
友人の幸せそうな顔を見ていると、
自分も嬉しくなりました。
が、出産報告や子供の成長の年賀ハガキが増えて行くと、
正直、年末年始が辛かったです。

実家でも、甥や姪が増えてくると、
帰省するのも気が引けて来ました・・・


私は不妊治療をしているという事で、
仕事をしていない期間が2年にもなります。
働きながら治療をしている人も居ますが、
10日連続注射の日とか、
薬の種類の数々、
やはり安静を強いられます。

引っ越しても働きに出なかった事で、
新たな友人がなかなか出来なかったので、
だんだん精神的にも辛くなりました。

まだ、チアやお寺に通う事で気が紛れたのが、
せめてもの救いでした。

趣味も信仰も無い人は、
ど~やって乗り越えるのでしょう?



日本の少子化対策制度も、
子供手当てもいいけれど、
もっと不妊治療の方へ力を入れて頂きたい!
お金だけじゃなく、
もっと堂々と「不妊治療してます!」と言える、
そんな風土になるべきだと思います。

妊娠できない理由がある、ないにせよ、
本人だけのせいではありません。
多くの人がこうやって苦しんでいるのだから・・・



大震災の被害と同様、
現地の人や体験した人以外は
忘れてしまうかも知れません。
でも私は、自分の体験を決して忘れず、
多くの人が今も苦しんでいる事を頭の片隅に置き、
諦めずに前へ進もうと思います!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加