おけいはんの日記

京都で舞妓体験した時、スタジオ撮影のお兄さんに「おけいはん」と呼ばれた事から・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新年!!

2012-01-04 15:05:33 | 家の事・・・
皆さまのご多幸をお祈り申し上げます!
本年もよろしくお願いします。
平成24年 正月




写真のお花は、
日比谷花壇さんにて購入しました。
生花はいいですね☆


今年の年末年始は帰省せず、
初の盛岡での年越しでした。


昨年クリスマス寒気で雪かきし、
「また雪かきの日々か・・・」
なんて思っていましたが、
大晦日にはプラス気温で雪が溶け、
大きな道路には雪が積もっていません。
かと言って、
朝晩はマイナス気温なので油断大敵です。

そんな元旦の真夜中、
0時にお寺のお経へ参詣させて頂き、
身も心も引き締まったようでした。
実際、身は鏡餅ですが・・・


☆   ☆   ☆


昨年は本当にいろいろありました。
人生最大、史上最大の大地震に大津波、
まだまだ続く復旧・復興活動。
そして原発問題。

年末にはそんな事を思い出させてくれる、
TVでの特集番組が多くありました。
人はあんなすごい体験をしても、
数ヶ月経つと忘れて(薄れて)いってしまう・・・

いつも通りのクリスマスに正月を迎え、
本当に昨年大震災が起こったのだろうか?
と疑ってしまう・・・
でも、普段通りの生活が送れるという事は、
何物にも換え難い最高な幸せなんですよね。
そんな、幸せをかみ締められた正月でした。



私は、震災後に新聞や写真をまとめたファイルを作成。
年末に見直してみました。
タナチューの実家(岩手県宮古市)と4日間電話が通じず、
メールも出来ず連絡が取れなかった為、
5日目の3月15日に直接行きました。

実際は、全員無事を確認でき、
盛岡よりも電気の復旧は早かったそうで安心。
電話のみ通じず状態・・・

その帰り道、
宮古駅から港方面へ車を走らせた時の写メがありました。
「よく着いて来たね~」とタナチュー。

津波でドロだらけになりながら、
商店街の人達は家具や商品を店外へ運び出し、
支えあい、何もかもに必死でした。
そのお陰で、
お盆には毎年行われる港の花火も開催し、
道端には多くの人達が見に訪れていました。
半年を待たず、
商店街も信号も、みんな復旧していました。

今思うと、あの時被災地を目の当たりにしていなかったら、
昨年の自分の全ての行動は無かったのでは?と感じます。

全国の多くの方々より心配して頂き、
本当にありがとうございました。

今年もその声に応えるべく、
出来る事から行動して行こうと思っています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加