goo

甲子園会館(旧甲子園ホテル)のライトアップ

2015-11-30 | 西宮

少し前、11月のお話になりますが、

「武庫川女子大学 甲子園会館(旧甲子園ホテル)」のライトアップイベントに行ってきました。

 

しばし写真をお楽しみください。

 

↓クリックすると拡大されます。

   

 

館内の一部も見学することができました。

 

甲子園会館は、かつては関西屈指のリゾートホテルと謳われた建物。

ホテルの開業は1930年とありますから、85年ほど前のことですね。

 

第二次世界大戦の影響で海軍病院や進駐軍将校の宿舎に使用されるなど

歴史の波にもまれながらも、現在は武庫川女子大の建築関係の学部キャンパスとして保護されつつ現役です。

 

 

残存する数少ないライト式建築(建築家フランク・ロイド・ライトの弟子である遠藤新の設計)としても有名で、西洋館に和の意匠が調和し、阪神間モダニズムのイメージそのままです。

 

最近では、映画「日本のいちばん長い夏」で天皇の御所のシーンロケが行われたことも話題になりました。

私も映画を観ました。特徴のあるバルコニーなど、すぐ気づきましたよ。

 

↑館内、豪奢な装飾の西ホール。

 

天井をのぞくとこんな感じです。

 

小槌のレリーフ。

 

ほかにも格子など、あちらこちらに和の意匠が施されています。

 

実は以前に、とある能楽イベントがこの西ホールで催され

私もスタッフとして館内を走りまわったことがあります。

 

イベント用の施設ではないから、効率よい動線は望めないですよね。

1日走り続けました。

 

普段は立ち入れない通路を移動に使わせてもらったり

色々な場所にも入らせてもらったのですが

(走っていたので)建築をじっくり拝見する余裕はまったくありませんでした。

なのであまりよく覚えおらず、今から思えば実にもったいない。

 

バーコーナーとして使われていた床の洒落たタイル張り。当時のままです。

 

 

甲子園会館は、キャンパスゆえに敷地内への一般の立ち入りができません。

見学は、日にち限定で、予約した場合のみ可能。

 

夜空にライトアップされた甲子園会館を見ることができるのは、毎年11月ごろに恒例、おそらく年に一回のチャンスです。

ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

 

会館の歴史や建築についても詳しく書かれています。

甲子園会館 公式サイト

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

※あにあん倶楽部ブロガーキャンペーン参加中!http://anian-club.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。