KEIKAの小粋な子供たち

帯・着物から新しくバッグ、スカートなどを作ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

好きなことができる幸せ

2010年05月31日 22時09分10秒 | 日記

孫ちゃんからの電話。

「お父さんが、キスをたくさん釣ったから、持って行くよ。土曜と日曜どっちがいい?」

「たまには、行くからご馳走して。」

孫ちゃんが、大きい声で、お母さんに報告している声が、
「keikaちゃんが、うちでご飯食べたいって~!」

お母さんの「えっ 」 が電話の向こうから、見えるようです。

「いいってよ。待ってるね。

と言うわけで、日曜日は、夫と二人、R一宅におよばれです。
我が家から、20キロ近く離れた山の中にあります。(山の中?失礼なとR一が怒ってますよ。)
故郷の友に言わせたら「スープも凍る、ちょうどいい距離」

家に到着!4月から禁煙中のR一が、Tシャツ一枚でお出迎え。

「まあ、立派な肉布団を着て。

食事の前に、空気も、緑の濃さも我が家とは、まったく違う緑豊かな御近所を、孫ちゃんと散策。というより、山の中を孫ちゃんのかすかな記憶を頼りに、さ迷い歩いた。

ここから少し離れた場所で、つい最近クマに襲われけがをしたというニュースが、流れたばかり。
クマと遭遇したら、孫ちゃんの方が美味しいけど、足が私より断然早いから、クマは、不味い私を食べる事になるんだろうな。と考えつつ、


家にたどり着いたら、すっかり、ご飯の用意が出来ていた。
R一のお嫁さん、「何にも手伝わなくて、ごめんなさい。


今日のメイン料理は、キス天 です。
R一のお嫁さんは、几帳面だから、24匹のきすを背骨、腹骨をきれいにとって、開いてある。かなり時間かかったんだろうな。(1匹はすでに刺身になって孫ちゃんのおなかの中)

久しぶりのキス天、おいしかった。ご馳走様でした。


「そろそろ9時。皆は、学校と仕事があるから帰るね。」

「いいなあ。することなくて。」

「することがあった方が、幸せなのよ。」

「keikaちゃんは趣味で、好きなことしてるから、一番じゃん」

『そうか、好きなことができる、幸せ。好きな人達と一緒に、ご飯を食べる幸せ』、夫と感じつつ岐路に着いたとさ。
(たまには違った事をするのもいいもんだね。)

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外に出れば、7人の敵。家庭... | トップ | 老人介護に必要な物は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
kittyちゃんが大好き (まりっぺ)
むかーしからkittyちゃんが大好きです