Rock the beat 777

びば ら れぼりゅーしょん☆

GWと北朝鮮と憲法

2017-05-03 | 国際・政治

 本格的にGWがスタート!!!今年は最大で9連休とか…まあ、貧乏暇なしとはよく言ったもので、今年もまったく無関係なわたくしです(笑)

 GW期間中、安倍政権の閣僚のみなさんは、どうやら外遊へと出かけていっているようです。なんでも20大臣のうち11大臣が外遊へ。費用は1回につき5000万ほどとか…。このGW中に10億円ほどの税金が吹き飛ぶようですよ…どうか実りある外遊をしてくれることを祈るわけですが…これでまたばらまき外交とかされたらたまったもんじゃありませんね。

 そのGW期間中の5月1日、昨年3月末に施行された安全保障関連法に基づき、平時にアメリカの艦船などを自衛隊が守る「武器等防護」が初めて実施されました。今回の任務は、房総半島沖から四国沖にかけての太平洋側での活動。北朝鮮の弾道ミサイル発射などを受けて緊迫している日本海側での実施はあえてさけた思われます。今はとにかく不測の事態が起きないように…「危険なことじゃないんだよ」というメッセージを発信するのが政府の思惑なのでしょう。しかし米艦防護では、攻撃を受ければ、当たり前ですが反撃をすることになります。状況次第では武力衝突へと突入していきます。要するに、戦争への引き金を自衛隊が引くことになるのです。

 私たちはその可能性があることをもっと深刻にとらえるべきです。

 政府は平時の米艦防護に関しての活動内容は、原則公表しないとする運用方針を昨年末に決定しています。今回の防護命令も政府からの公表はなく報道機関の取材で明らかになっています。実際、命令をだした稲田防衛相は、この日、防衛省には登庁せず、公式に説明もしていません。これはとても怖いことです。私たちが知らないところで、自衛隊の米軍支援がすすんでいく…米軍が攻撃を受ければ、自衛隊も反撃をします。しかしその瞬間、私たちは米軍を支援していることすらを知らない…後になって「米軍が攻撃を受けたので自衛隊も反撃しました」という事実を突き付けられるのです。

 さて4月29日、北朝鮮はまたしても弾道ミサイルを発射しました。安倍首相もマスコミも北朝鮮脅威論をひたすら煽っていますが(もちろん北朝鮮の行動自体許されることではありません)…なんというかいつものことじゃないですか?彼らはそれでしか自己主張ができないんですから。もちろん抗議はするべきだと思うし、ある程度の制裁も必要かもしれません。しかし、そんなに脅威を感じることではないのではないかと思います。そう、彼らは標的に当たらない適度なところにミサイルを撃ち込むことでしか自己主張ができないのです。そんな幼稚なことを脅威として相手にする必要はないんです。それこそもっと冷静に対応するべきなのです。

 どっかの国のように「目には目にを、歯には歯を」的なやり方は大人がやることではありませんよ。

 ちょっと今回のことで驚いたのは、このミサイル発射を受けて東京メトロが約10分間にわたって運転を見合わせたことです。正直これは「は?」と思ってしまいました。ミサイル発射から40分後に止めたとのことですが、これにいったい何の意味があるんでしょうかね?学校では「ミサイルが落ちてきたらどうする?」的なプリントも配られたらしいですけど…

 しかしですよ、これだけ北朝鮮脅威論を煽っておきながら、肝心の安倍首相は、何かが起きる!と言われてういた故・金日成主席生誕105年記念日の軍事パレードが行われていた同日に、たくさんの芸能人を呼んでの「桜を見る会」を開催。さらには昭恵夫人を伴っての外遊にも出かけていっている。先ほど書いたようにこのGW中、たくさんの閣僚が同じように外遊にいく。ほんとに脅威なら、こんな時期に海外にいっている場合ではないはずです。もちろん北朝鮮問題は軽視できませんが、私たちがいちいち脅威を感じることはありません。

 5月3日。今日は憲法記念日ですが、それこそ日本国憲法がもつ平和主義を今こそ役立たせるときです。すごく極端なことを言えば…軍事には軍事を!それは他の国にやらせとけばいいじゃないですか(軍事には軍事を!がいいとは思いませんが、それしか能がないんですよ、要するに)、日本には70年間もの間、戦争をしてこなかった実績があります。それを生かすときなんですよ。平和外交こそ日本しかできないことなのです。

 あ、そうそう、いまだに改憲を主張する人のなかには、「アメリカに押し付けられた憲法だから」という人がいますが、なんか、昭和天皇も憲法草案をみたときに「いいじゃないか」と言っていたことがわかったとか…

 まあ、たとえ押し付けられた憲法だとしても、いいものはいいでしょ?むしろ、いまアメリカからいろいろなものを押し付けられているにも関わらず、ただへつらうことしかできない日本政府の従属ぶりを恥じるべきでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そういえば…千葉県知事選挙が... | トップ | チ~ン…な…都議会公明党 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL