たまおのページ

猫と遊びと旅のページ。
他にも「ボヤキ、グチ、ネタミ、ソネミ、イヤミ」などなど(^O^)/

けいたいかとり

2017年07月31日 | Weblog
 7月 31日

 携帯用の蚊取り線香でやけど?

 みなさんご存じ、蚊取り線香をケースに入れて蓋をしたものを腰に下げ
たりして携帯するタイプのものです。
 ある検査機関に「携帯用蚊取線香入れを使用しているとき、子どもが
触れてやけどしたので調べてほしい」という検査依頼があったそうです。
 んで、実験結果は、ケース外側の温度は60℃ぐらいだったそうです。

 ということは、触っても「チョイと熱いなぁ」程度です。チョコッと
触っただけではやけどしませんよ。(普通の人なら「アチッ」となるぐらい
でしょ)
 ただし、長時間同じ箇所(皮膚に直接ではなく、服の上からでも)で
使用していると低温火傷になるかもしれませんね?

 実験では、蚊取線香の2カ所に同時に着火した場合の表面温度も調べた
そうです。
 そうすると90℃になる場合もあったそうです。あと、燃えたばかりの
灰の温度も測ったそうですが、それは300℃(これだとやけどしますね)。

 この実験結果をみると、普通に使っていれば、やけどというほどではなく、
皮膚が赤くなる程度のことはありえる。かなぁ? 
 屋外での虫刺され、都会だと殆どが蚊ですよね。虫除けスプレーなども
販売されていますが、アタイはスプレーよりも蚊取り線香が好きですね。

 そういえば、子どもが小さかったころは、公園とかで手持ち花火をしたり
しましたねぇ。
 そのときには携帯蚊取り線香も持って行きました。

 我が家のご主人は皮膚が過敏なので、蚊に刺されたところが真っ赤に
大きくなります。
 だもんだから、家の中には電気蚊取り器が4~5カ所。(狭い家なので、
各部屋に1つだね)それから居間には蚊取り線香です。
 (アタイ、蚊に刺されてもチョコッと赤くなる程度だね。もちろん痒く
なるけど)
 こないだ、アタイの体が線香臭くなりましたもの。蚊取り線香で。(笑)

 あと、蚊帳は見かけなくなりました。若い人は蚊帳(かや)も読めない
かもしれないし、見たこと使ったことがある人もほとんどいないでしょね
たぶん。
 アタイ、生家で祖母がいたころまでは蚊帳を使っていましたが、その後は
押し入れに仕舞ったままでしたね。(そのうち処分したんでしょ)

 蚊帳は好きでしたね。なんだか隠れ家みたいな感じがして。
 夏の思い出だね。(^^)/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぴーちーえーではないが | トップ | さくら ばしていてん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事