たまおのページ

猫と遊びと旅のページ。
他にも「ボヤキ、グチ、ネタミ、ソネミ、イヤミ」などなど(^O^)/

がっしょれんしゅふたつに

2017年07月18日 | Weblog
 7月 18日

 連続で合唱練習でした。その2

 昨日の記事からのつづき。午前中は荒川第九。午後はコスモスでした。
 で、コスモス。まもなく本番となる演奏会用の曲を練習でした。
 パートごとの並び方を、いつもとは変えました。
 アルトとテナーでフーガのように歌うところがあるのですが、アルトの声が
聞こえてきましたね。(アルトとは離れたんだけどね)

 「なるべく譜面を見ないようにしてくださいね。見なくても歌える簡単な
ところとか、ここは息を揃えるとか、各パートの聴かせどころとか」って
こんなようなことを先生が言いました。(いつも言われている。(^^;) )
 何度言われてもそれができないのがアマチュアの良いところです。(笑)

 「口は横に開けない(これはどこでもどの先生も言いますね。奥行きをだす
ような口にする)。それから、口は顔にあるけれど、目の前にある口から声を
出してはダメです。口が2mぐらい先にあるつもりで歌うこと」
 (軽くなるというか、声が遠くまで届かないですね。目の前の口で歌うと)

 「一流の歌手(オペラ歌手)は声を出すために体が進化(変化)していま
すよね。胸が厚くなって、腰がどっしりして、頭が前後に長くなる」と先生。
 (アスリートも競技によって体型が違うもの。歌い手も同じだよね)

 「ほらほら、近くなってますよ。もっと遠くで歌わないとダメよ」と先生。
 Mさん、手にもっていた譜面を腕を伸ばして自分から離しました。
 「こらこら、遠くにするのは声だよぉ。譜面じゃないからねぇ」ってアタイ。
 「見てた?」ってMさん。(笑)
 「譜面も離したほうがいいのは確かです」と先生。

 「この曲、私のお葬式でBGMで流すとか演奏してもらいたいわぁ」って
せんせ。
 Hさんとアタイ、顔を見合わせて「コッチが先に逝ってしまうから、先生の
葬式はだれか他の人に任せることにしよ」でした。(笑)
 まだまだの出来ですが、そいでもなんとか歌えるようになりました。

 で、休憩時間。 
 「あるコンサートが10月に開催されます。行く人はペアチケットが安い
ので、それを購入しましょう」って先生。
 「場所はどこですかぁ?」っと学級委員長(そんな役を取り決めているわけ
じゃないんですが、ある学教の音楽室で練習しているので、いつもハキハキと
発言しているゆみちゃんが学級委員長といわれています)。
 「あーっ、先生から送られてきたメールを見てないなぁ。あの中に書いて
あったでしょ。どこでやるか」ってアタイ。
 「見てませぇん」って委員長。
 「で、コンサートは何時からですか?」ってアタイ。
 「あーたまおさんもメール見てないなぁ」ってMさん。
 「みてませぇーん」(^^;)

 コスモスもこの夏で3年目に突入です。
 約20名で楽しく歌ってますよぉ。\(^_^)/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がっしょれんしゅふたついち | トップ | ねんきんしゃほせみな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事