男澤惠一・家系と先祖のBLOG

「先祖を知れば未来が見える」著者、日本家系調査会の男澤惠一が読者様の幸福を願って書いております。

内観すると自分が変わる その2

2017年08月13日 | 自己啓発と引き寄せ

内観は最大効果を上げようと思えば、一週間くらいはかかるのです。なぜかというと、乗ってくるまで時間がかかるのです。例えて言えば溶鉱炉みたいなもので、最初は時間がかかりますが、乗って来るとどんどんと深まります。次のように3段階を通過します。

1期 :仕事の事など日常のことが気なったりして、なかなか集中できず、肉体的苦痛を感じて途中で止めたくなる事もありますが、我慢して続けましょう。

2期 :だんだん慣れてきて、徐々に過去のことが鮮やかに思い出されてきます。つらくなる時もありますが、楽しかったことも思い出したり、自分を再発見することもあります。

3期:思いもよらない過去の記憶が蘇ることもあります。問題解決の道が見えてきたり、生きる為のヒントや力が与えられます。心が解放され生まれ変わったような清々しさを感じます。

次に内観の効果を挙げてみます。
1.情緒が安定する。
2.責任感が出てくる。
3.対人関係が良くなる。
4.意欲が沸いてくる。
5.本来の自己を取り戻して、自己の新しい可能性に気づく。
6.人生の目的や自分の使命を自覚する。
7.人間関係の不和、非行、不登校、うつ状態、アルコール依存、心身症、ギャンブル依存などの8.心の問題が解決したり、症状が改善することがある。
9.著しい効果が出ない人もいますが、効果が後になって現れる人もいます。

なぜ変わるのでしょうか?
1.愛情の再発見 :愛されていなかったと思っていた自分が、愛情の再確認をすることができ、愛の欠乏感、飢餓感、被害者意識から解放されます。

2.自己中心性の自覚 :自己中心性で周囲の人々にどれほど迷惑をかけてきたかを自覚させてくれます。周囲の人々を非難する気持ちが消え、思いやりや共感性が出てきます。

3.意欲の向上:周囲の人々との関係を過去から現在まで掘り下げて考えることで、その当時は理解できなかったことも、誤解であったことに気付かされることも多くあります。その結果、周囲の人々への理解が深まり良い関係を取り戻します。

はじめてみましょう
1.世話になったこと
2.して返したこと
3.迷惑をかけたこと
小学校低学年まで
小学校高学年
中学生時代
高校生時代(大学生時代)
社会人になってから
家庭を持ってから
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内観すると自分が変わる その1 | トップ | 夢占い 不倫、浮気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己啓発と引き寄せ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL