とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

『ラフター・ヨガ』インストラクター養成講座

2017-02-09 03:33:42 | 日記
 きのうは『おさる』さんたちが訪ねてこられ、一日おしゃべりしました。その様子は『おさるの健康の里』の『おさるのブログ』に写真がアップしてありますから見てください。

 裏山には8年前9年前に伐った竹が積んであります。もう枯れて腐っていますが、今年はそれを片付けようと少しずつ燃やしています。伐って枯れた竹は湿っていても燃えます。きのうもたき火場で燃やしました。そこへ明石から〈おさるさん〉と〈道子さんの友だち〉が訪ねてこられ、一日おしゃべりタイムをたのしみました。
 おさるさんには数年前「ラフターヨガ」のインストラクターとして来てもらい、うちの村の老人会相手に「ラフターヨガ」をしてもらったことがあります。あのときは20人くらいの老人が集まって、大いに笑いました。口吉川のデイサービスセンターの方も参加されて、いっしょに笑いました。彼のホームページ『おさるの健康の里』を見ると、おさるさんのいろんな活動がわかります。
「いつでもどこでも出掛けます」と若いおさるさんは気軽にラフターヨガを催されるのですが、残念なことに一年の三分の一も日本におられません。永住権をもち、アメリカ西海岸に出掛けて滞在されるのです。
「〈ラフターヨガ〉はNK細胞の活性化に効果があるし、脳細胞の活性化で認知症予防にもいいし、うちの村でも老人クラブなんかで、ときどきやれたらいいな」
 おさるさん:「インストラクターの資格をとったらあなたでもできますよ。2日の講習で費用は3万円です」。
 はじめは「エッ?」と思いましたが、考えてみるとそれがうちの村で定期的にやる早道です。おさるさんは、さいわい2月は日本におられるようだし、母・妙子さんのショートステイとのかみ合わせで考えてみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怠け心を大事にして、ぼちぼ... | トップ | 『エンディング・ノート』の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。