とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

何もしなくても自然が与えてくれるもの

2017-03-07 02:59:24 | 日記
 裏山はまだ冬の姿です。空気まで寒そうに写っています。

 それがひと月たつと、こうなります。何もしなくても。(2年前の写真です)中央の浅い緑は「ユウゼンケヤキ」です。

〈自分へのご褒美〉と言って「蟹食い一泊」の旅をしていますが、一番のご褒美は〈自然の恵み〉です。
 木を植え、種を播き、水や肥料をやり、自分が木を育て、野菜をつくった気になっていますが、実は何もしていない。
 なにがどんなふうに働いたのかわかりませんが、春になると裏山がこうなる。
「恵まれている」ことだけはわかります。
”自然”に感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笹燃やし/曼珠沙華の球根植... | トップ | 竹を伐って眺望がよくなりま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事