とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

曼珠沙華の満開はちょうどお彼岸の中日くらい。

2016-09-18 02:00:53 | 日記
 子どもの頃、彼岸花を手折って持っていると「毒だよ。手を洗いなさい」としかられました。何度も書きますが鳥取県中部ではこの花を「シタマガリ」と呼び、「なめると舌が曲がる」毒の花と思っていました。道子さんはこの彼岸花を意識していて、車で走ってると「アッ! あそこに咲いてる」とよくいいます。
 で、きのうは軽トラにガソリンを入れるついでに、口吉川町・東条町の彼岸花開花状況を見てまわりました。ぼちぼち茎が伸びてきたところで、花はこれから咲きます。満開はちょうどお彼岸の中日ぐらいになりそうです。
 口吉川町では美奈木ゴルフ場への道と交差する旧道が一番の密生地。きのう見つけたのは、細川町の旧『フレンズ』(喫茶店)東の川沿い。ここは近年どなたか土手の草を刈って、曼珠沙華を3段に植えておられ、数年で群生地になりそうな勢いがあります。
 東中のうちの畑は、まわりの土手の肩に一球ずつ植えただけ。「ハハーン! 植えたな」とわかるけど赤いベルトになるのは10年さきでしょう。
 東条町は曼珠沙華を意識して早めに畦や土手の草を刈っておられるところが多く、あと数日で満開です。『とどろき荘』の裏は一番の群生地です。
 来年は埼玉県の巾着田(日本一の群生地)に行けたらいいな。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曼珠沙華満開のお彼岸になり... | トップ | 「敬老の日」は〈ささやか〉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事