とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

黒豆の「土寄せ」をしました。

2017-07-12 03:25:53 | 日記
 今年の黒豆は、6月9日苗立ての播種 ⇒ 7月2日本植え ⇒ 7月11日土寄せ、といまのところ順調に育っています。
 写真はきのう土寄せをした黒豆の畝です。
       
 このところ雨が多く、田んぼだった畑は「土寄せ」のできる状態ではありませんでした。毎日天気予報を見て、雨のない日がつづくのを待ち、まず月曜日の朝と夕方に畝間を耕運しました。(水っぽい土を乾かすため)火曜日も朝のうち畝間を耕運し、夕方には畝立てを通して、写真のように土寄せができたのです。10センチくらい土を寄せましたから草は下になり、根も安定します。
 2週間後を目途にもう一度畝間を耕運して土寄せをします。そのあとは2,5メートルおきに竹の杭を打ち込み、マイカ線(ポリベル線)を2段に張ります。
 なお黒豆の「芯摘み」は7月8日にしました。「芯摘み」の時期や仕方はいろいろ書いてありますが、you tube で芯摘みの動画を見てからは「どんなやり方でもええんや」と、大らかに、テキトーに、やることにしています。その動画は「黒豆を播いた畑にトラクターを乗り入れ、回転する刃で全部の苗の頭をチョン切る」やり方でした。苗の芯を一本一本摘むのでなく、苗の高低に関係なくチョン切るのです。野蛮なようですが、豆のほうが状況に応じて生長し、実をつける。「黒豆はえらいなあ」と思います。 
 数日後には味噌用大豆(白)の芯摘み・土寄せをします。しばらく雨が降りませんように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石峯寺にお参りしました。 | トップ | 大豆の「土寄せ」が理想的に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。