ストレスフリーの資産運用 by 林敬一(フィクストインカムの専門家)

「証券会社が売りたがらない米国債を買え」ダイヤモンド社刊
電子版も販売中

大丈夫か日本財政17年版 その14 日銀保有の国債はどうなる 10

2017年08月05日 | 大丈夫か日本財政

  5月から始めた今回のシリーズも、3か月間で13回を数えました。ではまとめに入ります。

  私が日本の財政破綻についてこれまで述べてきたことや、今回のシリーズで述べた主な点をおさらいします。

 1.前FRB議長のバーナンキは最近、「中央銀行が緩和的政策を採用することでデフレを克服できると考えていたが、間違いだった」、といって懺悔した。日米欧を比較すると、なかでも日銀がもっともアグレッシブな異次元緩和を進めたが、デフレは克服できず、マネーは世の中に回らず日銀の当座預金にブタ積みされただけだった

  2. 日銀当座預金には金利を付ける必要があり、現在は年に1,870億円支払っているが、本格的に金利が上昇し、もし付利を1%にすると3.5兆円支払う必要が生じ、日銀は苦境に陥る

 3. 国債はすでに市場で枯渇しはじめ、取引はほとんどなくなった。三井住友信託による計算では、日銀の国債買い上げの限界は17年後半から18年前半にもきてしまう。そのときに限界が来なくとも、全部を買い上げ終わるのは19年後半

  4.  日銀の資産はすでに500兆円を超えていて、日本のGDP全体に匹敵する。その過程で国債を高値づかみしており、償還価格を超える額はすでに9.7兆円に達し、それは確定した損失である

    以上のような事実関係を勘案すると、懸念される将来の状況は

①   異次元緩和政策の信頼性喪失

②   出口のない日銀政策の後始末問題がアベノミクス不信へも波及

③   安倍政権の政治的信頼性喪失とアベノミクス失敗の同時進行

④   国債先物市場で売りが優勢となり、悪い金利上昇が生じる

 そして、

 ⑤   日銀の信頼喪失と財政再建赤信号から日本からの資本逃避が起こり、円の暴落を招く可能性が大きくなる

 

   そんなことはありっこない、という論者の言い分も聞いてみましょう。

  「破綻しない派」の論理は、素朴な「国は破たんなどしない」とか、「借金は日銀が札を刷れば返せる」というナイーブなものから、「政府と日銀が連結すれば借金はなくなる」というわけのわからないものまで、いずれもマユツバものです。

 

  これまで私はこうしたおかしな論者に次の質問をしています。

 「だったらどこの国もそうすれば破たんはしなかったはずなのに、なぜ破たんは起こったのか」

  そしてさらに、

「破綻しないなら、税金の徴収なんかしなければいい」

  というものです。この簡単な問に答えられた「破綻しない派」は一人もいません。

   最後にとどめを刺しておきます。破たんしない派のいまひとつの欠点は、日本人の行動様式をみくびっているところにあります。それが、日銀のバランスシートがどうなろうと人々は関心などなく、資本逃避など起こらない、という前提に立てる理由です。そして「これまで破綻しなかったから」というナイーブな考え方を持つに至ります。バブル時代によく聞かれた「これはバブルなんかではない。日本は世界に先駆け次のステージに駆け登ったのだ」という根拠のない楽観論と同根です。

   ですが、日本人はそれほどバカではありませんし、パニックも得意です。

   世論の一気加勢の大変動は、これまで政権交代の時によく見られました。自民党から民主党政権への交代。その逆に、民主党の崩壊と安倍政権の成立。7月の都議会選挙での自民党の崩壊など、いとも簡単に起こるようになっています。

   政治だけでなく、庶民による金融・経済の混乱もまたいつ生じるかわかりません。第一次オイルショックのトイレットペーパー騒ぎ、平成の米騒動、90年代後半の金融危機で見られた証券・銀行の取り付け騒ぎなどです。いずれも全国民総動員のパニックでした。

   こうした日本人の起こすパニックの恐ろしさは、政治・経済・社会学者の予見能力をはるかに超えたものだと思います。自由な市場経済では、我々がありとあらゆる可能性を議論したとしても、とうていカバーできるものではありません。

   一方フェアーを期すため、私の見通し違いも述べておきます。

   私が従来主張していた財政破綻に進む原因の一つは、「家計の貯蓄が財政の垂れ流しを支えられなくなる時点が来る」というものでした。団塊の世代のリタイアにより家計の金融資産増加がストップする。稼ぎが少なくなるのに、それまでの生活維持するため預貯金を取り崩す。

   一方、国の借金の拡大は続くため両者は2015年前後にはクロスすると計算し、その前後2年が財政破綻の危険な時期だという予測を立てていました。しかし15年に2年をプラスした17年も無事に通過しそうです。見通し違いの原因も追及しておきます。

 1. 団塊の世代を含め、老後になっても預貯金を取り崩す人はほとんどいない

死ぬまでに使い切るぞと言って実行しているのは私を始めごく少数(笑)

 2.  財政リスクを感じる人もごく少数

「米国債を買え」と言っても、本気にする人は私の著書とブログの読者のみなさんだけかも(笑)

   こうした理由から家計の貯蓄が円預金にとどまったままであることが、私の読み誤りの原因です。大多数の日本人にとって財政の累積赤字など懸念材料ではないということです。

   

  こうして予測は見事にはずれました。団塊の世代がリタイアし始め稼ぎが少なくなっても、実際には家計の金融資産は1,700兆円を超えてなお増え続けています。以前もブログに書いていますが、日本人の恐ろしいほどの貯蓄志向の強さを示すエピソードです。双子の姉妹、金さん銀さんの笑い話です。

  お二人が100歳を迎えてもらった自治体からのおこずかいをどうしますかと聞かれ、「老後のために貯金します」と答えたアレです。ほとんどの人が棺桶に入れるために貯蓄をし続けているのです(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ劇場の一週間 | トップ | 債券バブルだって? なにをお... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金融パニックに関連して (シーサイド)
2017-08-05 14:38:06
いつも知ったかぶりのコメントで気を悪くしている方もいるかもしれません。
どうぞスルーして下さい。

グローバルマクロ投資(投資手法の一つでのグローバルなファンダメンタルズの歪みを裁定する)で好成績を出しているヘッジファンドマネージャーの塚口直史さんの本によれば、グローバルマクロ投資の秘訣は意外と単純で、

・世界に対する好奇心
・地政学
・金融にまつわる歴史

を軸にストーリーを複数創り、その中でもリスクシナリオに述べています。

朝日文庫から「昭和金融恐慌秘話 」という本が出ています。その本を読んで日本人が金融パニックに陥る時はどうなるのかを考えてみたことがあります。

昭和金融恐慌はなぜ起きたのか?

第1次世界大戦が1918年に終戦になって反動不況が来ても、特需に沸いた日本経済は積極的な財政金融政策を推進して、投機バブルを膨らませていました。特に鈴木商店はその象徴的な企業でした。

1923年、関東大震災が起こり、決済困難となった手形、いわゆる「震災手形」を日銀に再割引きさせましたが、その処理は進まず、、特に台湾銀行が一番多く震災手形を抱えていて、その大口債務者が鈴木商店でした。
1927年、時の蔵相、片岡直治の国会での不用意な発言により、全国の銀行で取り付け騒ぎが起こりました。
これが昭和金融恐慌で、庶民の間で起こった様々なエピソードがこの本には綴られています。

2017年、現在の状況に照らし合わせると、

「第1次世界大戦後の反動不況=バブルの後遺症、人口減少による長期停滞」、
「震災手形の日銀割引き=日銀の国債大量引き受け」、
「関東大震災=東北大震災、さらに将来の南海トラフ大地震の発生リスク」、
「政治の失態=アベノミクスが成功しているという共同幻想」、

なにか良く似た状況と言えそうです。

"悪いことは起こらない"という”恒常性バイアス”が特に強い国民性ですから、ひとたび金融危機が起こればパニックになる様子がこの本を読んでよくわかりました。
本日の日経新聞記事について (ぽんきち)
2017-08-06 21:31:02
林先生。こんばんは。毎日ブログを読ませてもらって
います。

(1)本日8月6日付の日経新聞第3面に「米国債はバブルか」
という記事が掲載されています。この記事について林
先生のご感想をいただけないでしょうか。

昨年末、私は父の相続により収益不動産を取得しました。20年後に収益不動産を建替えるために毎月賃料
収入を米国債購入(2037年償還)に充てています。
日経新聞に書かれていることが近い将来起これば、
これまで私が投資した分については含み損が発生
することになるでしょうが、あくまでも満期まで持つ
予定ですので、ストレスフリーでどんと構えている
つもりです。
今後購入する分については利回りが上昇するので
絶好の買い時になると考えています。
(但し日米金利差の拡大によりドル円が大幅に上昇
することがないか懸念しています。)


(2)経済の知識が不足しているため、最近図書館から
日本の財政危機に関連する書籍を読み進めています。

①小宮一慶さん
「ビジネスを「先読み」する人の日本経済史の読み方」
「日本経済このままでは預金封鎖になってしまう」


②小黒一正さん
「預金封鎖に備えよ~マイナス金利の先にある危機」
「財政危機の深層」

③藤巻健史さん
「なぜ日本は破たん寸前なのに円高なのか」
(2012年の本です)

信頼できる著者や書籍またはこの人は怪しいという
人がいれば、参考までにご教示いただけないでしょう
か。
上記の書籍を見て、小宮さんの説明が最も分かりやす
かったです。戦後のハイパーインフレ・預金封鎖・財産
税など参考になりました。財産税は恐ろしいですね。。。
小黒さんの書籍は今の私には難解な部分が多いので
すが、最も信頼をおけそうな方と感じました。
藤巻さんは国会議員をされており、かつてジョージ・
ソロスのアドバイザーをされていたそうですが、林先生
はどのように見られていますか?



昭和金融恐慌秘話 (ぽんきち)
2017-08-06 21:33:28
シーサイドさん

こんばんは。

「昭和金融恐慌秘話」・・・興味深そうな本ですね。
図書館にあったので、予約してみます。
今後も有益な本がありましたら、ご教示ください。
結局のところ (はらにし)
2017-08-07 01:27:22
この連載、毎回楽しみにしておりました。たくさんのことを勉強させていただきありがとうございます。
最後に確認させていただきたいのですが、結局のところいずれは異次元緩和に終わりがやってくる、そして異次元緩和の出口では何が起こるのかというと、

1.金利上昇
2.円の暴落

のどちらかもしくは両方、ということが結論なのでしょうか?政府も日銀も信頼は無いと思っているので信頼喪失のインパクトは少なくとも私にとってはありません。

私や家族の預金がどうなるかと思うと心配で不安でどうしたらいいかわからなくなってしまいます。
もちろん林さんの助言に従いドルに変えていくことは継続しているのですが、資産の大半を、ドルに変える勇気はまだ持てないので不安なのです。
よろしくお願いします。
シーサイドさんへ (林 敬一)
2017-08-07 14:45:49
少なくとも私は気分を害したりはしていませんので、ご安心を。

シーサイドさんの勉強好きと多読ぶりにはいつも驚かされます。みなさんもよい勉強になっていると思います。

マレーシアでも本とハンモックさえあれば、楽しい時間を過ごせそうですね。

またリーダーズダイジェストをご提供ください。

なつかしい雑誌の名前が思い浮かびました。

ぽんきちさんへ (林 敬一)
2017-08-07 14:49:23
お久しぶりです。

グリーンスパンのご託宣、「米国債はバブルか」でなく、「バブルだ」に対して他のところでも問い合わせを受けていますので、本文にて説明することにします。

タイトルは、「米国債はバブルか? でも、それがなにか?」です(笑)。

>信頼できる著者や書籍またはこの人は怪しいという人がいれば、参考までにご教示いただけないでしょうか。

うーん、これは個人攻撃になりかねないので、ストレートにはやりにくいですね。

私はここに書かれている方々のように著名人ではないため、気にする人はいないでしょうが(笑)。

でもちなみに、ぽんきちさんが今回名前をあげている方々の話の内容は、さほどおかしな内容ではないと思います。
はらにしさんへ (林 敬一)
2017-08-07 14:50:32
まだ終わっていませんので、次回をお楽しみに(笑)
Unknown (ぽんきち)
2017-08-07 16:56:50
林先生

早速のお返事ありがとうございました。
名前も覚えていただき、感激です(笑)

次回を楽しみにしていますね。
Unknown (888)
2017-08-08 11:53:18
ブルームバーグの記事で、日本銀行審議委員を5年間務めた木内登英氏のインタビューがのりました。「~副作用が強まっている筆頭として国債市場を挙げる。長期国債買い入れペース(保有残高の年間増加額)は「約80兆円」のめどとは裏腹に足元で60兆円前後に減速しているが、木内はそれでも「来年中ごろには限界が来る」と予想。その時は流動性が極度に低下した状況で金利が大きく振れ、国債市場だけでなく金融市場全体、ひいては経済の混乱につながる恐れがあるという~」。楽観論より、こちらの方が正論な気がしますね。
888さんへ (林 敬一)
2017-08-08 16:43:07
まったくそのとおりですね。

木内登英氏は黒田総裁の危うい政策には貴重な反対票を入れ続け、同じく佐藤健裕氏とともに首にされてしまいました。

おごれる安倍首相、おごれる黒田総裁、似た者同士の独裁者たち、果たして彼らの末路は?

コメントを投稿

大丈夫か日本財政」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。