ストレスフリーの資産運用 by 林敬一(フィクストインカムの専門家)

「証券会社が売りたがらない米国債を買え」ダイヤモンド社刊
電子版も販売中

米国債投資をお考えの方へ、今買うべきか

2016年11月26日 | 米国債への投資

    10日ほど前の記事の最後で、私はこう書いています。

「このままNYで株高、金利高、ドル高が一方的に昂進するとは思っていません。今の株高などは、日本株を含め、どう変節するかもわからないトランプノミクスのいいとこ取りにすぎないと思っています。」

   この見解は変わっていません。これに関しては、のちほど詳しい理由を説明させていただきます。

  今回は緊急に「米国債投資へのアドバイスがほしい」とのリクエストが多く寄せられましたので、それにお答えします。

  アメリカの株高と金利高がさらに昂進しました。これまでアメリカ国債に投資するかどうかを検討していた方も、10年債が2.3%台まで来ると決断をすべきか悩んでいる方も多いと思います。

   できれば円高局面でドルを仕入れ、その後の米金利高局面で米国債に投資することが理想です。トランプの勝利前までしばらくの間、円高と米金利安が続いていましたが、現在金利がかなり急上昇しました。いまそうした投資チャンスがきつつあります。すでに投資を実行された方には、「よいタイミングでした」と申し上げます。

   あるいは米国金利がさらに高くなるチャンスを待っている方もいらっしゃると思います。そうした方には「チャンス到来」と申し上げます。といっても、金利のことですから、来週、来月、来年はもっと高くなっていることもあるでしょう。ご自分である程度の目安を持っていらしたら、その目標金利を目指すべきです。

 

   私はまた、円高の時点では満期が数年以内の短期債を、満期を分けて買っておくというやり方もお薦めしました。数年とは5年以内くらいが目安です。そして満期到来時に金利が上昇していれば長期債に入れ替える、上昇していなければまた短期債でチャンスを待つやり方です。そうした戦略をすでに取られた方は今どうすべきでしょうか。

   まず一つの方策は、そのまま初心貫徹すること。二つ目は満期構成の中で一番短い期間の債券価格は大きく下落していないはずなので、それらの債券を売却し長期債に入れ替えること。

   二つのどちらでもよいと思いますが、どちらが良いかはご自分でご判断をお願いします。

 

   一方これから長い目で投資機会を探るという方は、現時点からこの短期債への分散投資戦略も有効だと思います。現在5年債が1.84%、2年債でも1.12%あります。くりかえしますが、ドルの現金で置いておくよりも多少なりとも金利を得て、債券価格の変動の影響を受けないよう、満期まで保有するということです。そして満期時点で金利が上昇していれば、長期債投資に踏み切ります。

 

   先日のコメント欄には、現時点で30年債に投資すべきか迷っているとのコメントもいただきました。個々の方への最適なアドバイスは、一般論ではできません。私は個人的に相談を受ける場合、その方の年齢、家族構成、全資産などの基本情報を得ることはもちろん、今後の生活設計までを伺った上でアドバイスを差し上げます。その方の将来を左右する大事なアドバイスですので。

   証券会社のように自社が儲かるものを薦めたり、セールス担当が自分の点数があがるような商品を薦めることは絶対にしたくないのです。

 

   それでも、ご自分のプロファイルなどはさておき、「現時点で米国債を買うべきかを教えろ」という方も多くいらっしゃるので、超一般論で今の時点、つまり10年物金利が2.36%での投資はどうかと聞かれれば、「悪くない」とお答えします。ドル円が100円そこそこで長い間うろうろしていた時にすでにドルへ転換していたなら、余計にそれをお薦めします。

 単純計算で、金利と為替を簡単に比較します。

2.3% X 10年 = 23%・・・これが113円 X 23%=26円分に相当、

    113円 ― 26円 = 87円

つまり現時点のドル円レート113円が、87円になっても損はないことになります。ですのでお薦めします、となるのです。

  しかも、もしドルがうろうろしていた時の103円程度ですでに買っていたとすると、さらに10円幅の円高にも耐えられることになります。

  以上、この時点での米国債投資でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グローバリゼーションについ... | トップ | 安倍首相がトランプに贈った... »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
個人的に教えてもらえますでしょうか・・ (toto)
2016-11-26 14:27:33
 お世話になります。
 一年半ほど前からずっと読ませてもらっています。30代半ば会社員です。
 恐れ入りますが簡単に個別に投資をお伺いは出来るのでしょうか?
チャンス到来 (目白のおっちょこちょい)
2016-11-28 14:18:46
トランプ大統領のおかげでチャンス到来ですね。
今もチャンスですが、今後トランプ大統領の減税・インフラ投資が進めば、米国債発行も増えてさらに金利も上昇すれば言うこと無しです。
ともかく徐々に買い進めていくことに致します。
それにしても何が転機になるのか全く分かりませんね。
これってキユウ? (なんだかんだ)
2016-11-28 15:20:04
林さん、皆さん、
いつも貴重なご意見を頂き感謝しています。
私も長い間、ドル転したままにしておいた資金をいよいよ米国債に変えるときがきたと思っています。
そこで、ふとある思いが・・・・日本の財政破綻に対する行動で米国債を購入するのですが、その時、口座封鎖や思いがけない課税のような暴挙に国は出るのでは?それも時間を掛けず、突然!←インドみたいに なんてことにはならないかしら?同じ米国債を買うならオフショア口座がいいのかな?←香港HSBCならまだ窓口で口座開設が可能らしい・・・・でも香港は中国の一部、中国も信用しきれない・・・・等のキユウがもたげます。
以前、このブログでも話題になりました。その時、林さんは「徐々に起きるので対処可能」と確か諭して下さったように記憶しています。
今でもそのお考えに変わりはありませんか?
すみません、変な質問で!
治世者をどこか信用していないので、つい。
Unknown (Owls)
2016-11-28 18:55:15
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161122-00514741-shincho-bus_all

ご存知の方もいるかとは思いますが、
異次元緩和の副作用で財務がボロボロで
利上げはできない状態だそうです

実はインフレならなくて困っているより
インフレに本当になったら困るというのが実情のようです
分割コツコツですかね (ただの個人投資家)
2016-11-28 19:27:20
林様、皆様
こんにちは
私もトランプ期待が行き過ぎのような気がします。期待相場なのかわからないので、長期債券のメリットを生かして、コツコツ積み上げたいと思います‼\(^-^)/
大きすぎる円売りは? (シーサイド親父)
2016-11-29 03:54:06
トランプさん当選後の急激なドル高・円安に疑問を持っていました。
その後の報告されたCFTC建玉を見ても、ノンコマーシャルは円ロングのポジション解消に動いたとしか見えません。
つまりヘッジファンドの投機マネーが積極的に為替の流れを作ったようには見えませんでした。

吉田繁治氏がブログで興味深いことを指摘しています。それは円高の動きを阻止するために日本政府が日銀の当座預金に預けているゆうちょ銀行のキャッシュを使って為替介入した可能性があるというのです。

約7円、円安にするのに35兆円くらいの円売り/ドル買いがあったと想定されます。

3か月後のバランスシートで確認できるでしょうと吉田氏は述べています。
ゆうちょ銀行は民間とはいえ政府系、あり得ないは話ではないかもしれません。
この時期に介入する理由がある? (ただの個人投資家)
2016-11-29 10:56:46
林様
こんにちは
40半ばのおっさんなので、
70歳頃に召還される目処で、
コツコツやっています
今日無事2.9%弱で残存25年の
アメリカゼロクーポン購入しました
円高で65円は有に耐えれます!
このまま円持つくらいなら、ドルですね

さて、景気の悪化指標も出てないのに日本が為替介入なんぞすることが今の世の中許されないかと思うのですがどうですかね?

トランプの言っていることがそのまますんなり行くとは思って無いし、仮にインフレ策するならアメリカ金利も上がり希望の4%まであがってくれたらそれはそれでありがたい!\(^-^)/
ステルス介入かどうか? (シーサイド親父)
2016-11-29 11:26:10
ゆうちょ銀行のキャッシュフローは2016.9月 47.6兆円あります。

2016年、3月の 決算報告で海外資産がどれくらい増えたか、確認する必要があるでしょうね。

ただ財務省が介入すれば、日本は為替操縦国の警告リスト?なので批判されるかもしれません。
また今回は米国は金利も株も上がったので、購入したとすればETFやREITでしょうか。

憶測なのでなんとも言えません。
ただ安部・トランプ会談の良い手土産にはなるのかなと妄想しました。
訂正 (シーサイド親父)
2016-11-29 11:31:21
2016年、3月のを2017年、3月に訂正いたします。

62近くなると、このてミスが多くなり、困っています。
totoさんへ (林 敬一)
2016-11-29 17:11:16
私のブログをお読みいただき、ありがとうございます。

>恐れ入りますが簡単に個別に投資をお伺いは出来るのでしょうか?

このコメント欄でいただいた範囲の情報でアドバイスを差し上げることはできます。

ですが、個別にという意味では私はアドバイスをなりわいにはしていませんので、できかねます。

ときどき私がアドバイスしている方々について具体例として書くことがありますが、対象は友人になどに限っています。

あとは日本合理化協会で私の講義シリーズを聞かれた方へのアフターサービスで、アドバイスを継続していますが、それらはあくまで限定的な範囲の中でのアドバイスです。

あしからず

コメントを投稿

米国債への投資」カテゴリの最新記事