ストレスフリーの資産運用 by 林敬一(フィクストインカムの専門家)

「証券会社が売りたがらない米国債を買え」ダイヤモンド社刊
電子版も販売中

定年退職さんへの資産運用アドバイス 3

2017年02月13日 | 定年退職時の資産運用

  これまでのアドバイスを振り返ります。

  その1では、円のリスクに対しでヘッジを行いストレスフリーになるには、金融資産のほとんどをドルにすべきだ。たとえ3分の1のヘッジだとしても、現有資産のすべてをドルにする必要がある、という計算をお示ししました。もちろんこれは普通の人にとっては極端だし、ドルへの転換自体がストレスになってしまう可能性があるでしょうから、実際にはご自分が円リスクをある程度ヘッジできる、しかもドルにストレスを感じないで済む比率を、ご自分で判断されるとよい、というアドバイスでした。

  その2では、定年退職さんの今後の収入のかなりの部分を占める生保の年金についてでした。だいぶショックだったようですが、まず生保の年金商品は複雑なので、条件などすべてをしっかりと把握するべきだ。そして生保の年金は生保が投資している先と生保自体のリスクの2重取りであることを認識すべきだ、ということを申し上げました。

 

  では定年退職さんのご質問にあって積み残しているものに、私なりの回答を差し上げたいと思います。

 まずドルへの投資についてです。

 先生の言われる米ドルへの変換とは米国債への投資の事なのでしょうか

私の言う「米ドルへの変換」とは、米国債直接ではなくドル預金あるいはドル建てMMFへの転換を指します。

  これまで米国債10年物金利が1%台だったりしたとき、為替は円高に振れるため、とりあえず高い円をドルに転換し、金利高を待つという戦略が取れます。それを実際に実行された方がはけっこう多かったと思います。

   もちろん金利動向によっては、直接米国債への投資もありうると思います。為替や金利予想はとても難しいので、今の為替と金利でよしと判断されるなら、日本円から米国債への直接投資でも決して悪い判断ではないと思います。今だと金利は2.4%前後、為替は113円前後です。

また一度に投資するのがストレスであれば、時期やレベルの目標を定めて分散して実行することもありでしょう。

 退職金の2,000万を米国債30年ものに投資する

企業年金1,600万と退職金を併せて3,600万を米国債30年ものに投資する

など、試行錯誤の毎日です【これが結構楽しい】

  楽しみながらシミュレーションしてみるのは、勉強にもなりよいことだと思います。証券会社の外債サイトに行くと米国債のページがあり、金利と為替のシミュレーションができるようになっています。今の金利だと、年限別にいくらまでの円高に耐えられるかを計算してくれます。

 

  では本命の生保の年金についての方針です。私の基本的考え方は以下のどおりです。

①   毎月の生活必要額を計算する。

②   それに対して公的年金だけで足りるか、少し生保年金で補うべきかをしっかり計算する。その場合、余裕を見ない。何故なら定年退職さんは十二分な余裕資金をお持ちだからです。

③   公的年金で不足分がある場合、生保年金は年限を限定せず終身を選択する。それが老後の一番の安心材料だからです。ただしご本人が死んで奥様が残る場合を想定し、年限の長い選択肢である20年の確定保証を選ぶこともよい選択でしょう。ご自分が早めに死んだ場合、余裕資金がほとんど残ってしまうので、奥様へは十分な資金が残るハズです。

④   ついでにその場合、奥様はお子さんへの遺産など考慮せず、余命を計算して等分し、毎年その額を使い切ることにする。こうすれば奥様も余生を楽しくすごせるはずです。

 こうしておけば、たとえ今後の米国債投資に失敗しても大丈夫です。米国債投資は失敗などありえませんが(笑)。

   次です。

 円の現有所持のリスクはどの程度考えられるのでしょうか

  とても一口で説明できるものではありません。これまで日本財政のリスクなどについて、著書とブログで長々と議論を重ねてきました。今後もしていきます。

   今回私のブログで「インフレによる債務の削減」という議論に関して、私の考えを「日本財政につける薬」と題して述べ始めています。日銀政策の行き詰まりが明らかになったため、代替手段として考えられています。その2回目を近々書きます。

   そうした禁じ手以外に打つ手がなくなりつつあり、しかも安倍政権は財政赤字を気にしていません。多くの方が定年退職さんやこのブログに集まる方々のように円リスクに目覚めると、案外早いスピードでリスクが顕在化するかもしれません。

  それでも一応、日本財政のリスクや円リスクをどう考えるかを簡単にのべておきます。なおリスクが顕在化しない場合は、上記の円の年金があれば、十分です。

   リスクが顕在化する場合、最悪以下のようなことが考えられます。

 1.財政が破たんに瀕しても日本国債はデフォルトさせられないので、赤字国債を日銀が無限に引き受ける。そうすることでインフレを起こし、実質的債務の削減を行う。デフォルトとは元利払いの停止や延期のことです

 2. 金利が大きく上昇し、企業業績が悪化するため、株価も暴落する。インフレには株が強いなどというのは、マイルドなインフレのときだけ。株や債券の暴落により、公的年金の資産が毀損され、支払いが予定通りできなくなる。公的年金にはインフレスライドがあるが、ない袖は振れない

 3.円が暴落する

   こうしたことが生じた時こそ、米国債へのヘッジ投資が最大限の効果を発揮することになります。年金以外の余裕資金のうち、どの程度を米国債にし、どの程度の年限にするかは、今後の生活プランと一緒にシミュレーションしてみてください。

   こうした備えがあれば、救われた投資家さんのように、晴れてストレスフリーに仲間入りすることができ、きっとその後の人生は大きく変化すると思います。

   以上です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定年退職さんへの資産運用ア... | トップ | トランプ劇場を10倍楽しく観る法 »

44 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
資産運用について (定年退職)
2017-02-13 18:21:06
私の様な素人に丁寧に教えて頂き、本当に有難うございました。
まだまだ、理解不足で分からないところが沢山ありますが、焦らずにしっかり勉強していきます。
先生の著書や過去のブログを何度も読み返してみます。

円のドル預金等への変更や米国債の購入についても、じっくりと勉強してみます。

年金に関しては、本日、生命保険会社(日本生命と住友生命)に電話で問い合わせ、内容確認を致しました。
こちらも、どうしていくか検討いたします。

今後ともよろしくお願い致します。
シンプル・必要最低限で十分 (米国在住債券初心者)
2017-02-14 09:03:18
元保険業界にいたものとして先生のアドバイスには至極同感です。
顧客に正確な期待値を把握されないためには複雑化と小口化によるブラックボックス化が一番。わかりにくい商品を感情に訴えたストーリーと義理と人情で売り込んで保険料を巻き上げる。バブル崩壊後に社会問題にもなった融資一体型変額保険などはまさに犯罪の域かと思います。
Unknown (シーサイド親父)
2017-02-14 10:33:07
こんにちは

年金保険についてはあまり詳しくないのですが、弥七さんが言ってらした”全労済のねんきん共済”にわたしたち夫婦も加入しています。

30代半ばで加入したのですが、月払い掛け金が約2万円ちょっと、60歳から終身で毎月6万円、年72万円が支給されます。また逓増型タイプに加入していますので、毎年、月に3千円ずつ支給額が増えていきます。

公的年金はマクロ経済スライドを適用しますと、毎年約0.9%ずつ支給額が減額されます。もし厚生年金が月20万円の場合1800円ずつ減っていくイメージになります。

”全労災ねんきん共済”終身・逓増型に加入していれば、マクロ経済スライドには充分ヘッジ出来ると思います。

返戻率は他の保険会社と比較して一番低いと思います。ただし、「死亡時など払い込み免除」という仕組みがあり、営利目的としない組織のユニークさがあります。

まだ30代くらいのお若い方ならお奨めできる商品だと思います。
自分年金 (救われた投資家)
2017-02-14 14:12:01
生命保険と個人年金のコメントに対する林先生のお言葉にまた救われた気持ちです。

その気持ちの中、林先生のブログに出会い、ご著書読んで大変な危機感を抱き、当初の遅すぎた投資家としてアドバイスを受けた最初の頃を思い出しました。

国や営利目的の企業に頼らない林先生から習った「自分年金」の構築が急務というものでした。
公的年金、生命保険会社や損害保険会社の個人年金をあてにせず、自分年金だけで自活出来る備えが必須であるということが答えでした。

ドル建ての個人年金という商品もありましたが、2年前頃はほとんどの日本の生命保険会社と損害保険会社は販売を止めていました。証券会社を通じて海外企業のドル建て個人年金の商品もありますが、利回りが良くないこと、その販売企業の信用度が全く分かりませんでした。

このことからも米国債投資が自分年金に適していると確信し、早く安心を得たいと為替や利回りを考えずに大慌てで米国債を購入致しました。
その利回りは現時点でもゼロクーポン債は10年満期で約80%、15年満期で約70%、20年満期で約60%で購入出来ます。
私も結果として、自分年金の必要金額を確か約70%の資金で構築出来ました。恐るべし米国債投資と思ったものでした。為替が1ドル100円以下、利回り3%以上で購入出来ていれば更に良いのでしょうが、このあたりはへなちょこ投資家の自分に不相応しいと納得しております。

最後に全労済の話題がありましたので私も報告させて頂きます。
私の解約した個人年金も全労済のねんきん共済でした。取引金融機関も含め、運用先を調べる癖がついたお陰で全労済を含め共済は事業の制度の為か生命保険会社や損害保険会社と比較して国債の運用割合が非常に高い傾向にあることが分かりました。その当時で国債が39.7%でした。
他にも共済組合はセーフティネット組織への資金拠出が無く、生命保険会社の生命保険契約者保護機構、損害保険会社の損害保険契約者保護機構のような救済措置がないことが分かりました。

そんな私でも生命・傷害保険は都民共済という共済に加入しているのは、全労済と同様に非営利なので保険料が安いこと、全労済とは異なり個人年金共済がない為に繰越す運用資金が必要無く国債を保有していないことが理由です。
割戻金という一年毎の収支から非営利組織の為、余剰金を契約者に保険料の戻しを行なっていますが、この事からも一年毎に保険に加入していることに等しいので将来に保険がどうなるかを考えずに済みます。
この割戻金も以前は全労済で約3割ありましたが、直近は約1割と芳しくありませんでした。都民共済は現在でも約3割あります。保険自体の内容も僅かですが都民共済の保障が充実していたり、同じ保障内容の場合は都民共済の方が安いことが比較で分かりました。
私のねんきん共済計画 (弥七)
2017-02-15 08:07:21
シーサイドさん、救われたさんも同じ商品を買っていたのは驚きです。私が全労済で聞いた通り、売れた商品なんですね。林先生のブログで交流できてうれしいです。
満期の2028年、私は55歳です。そこからシーサイドさんと同額の終身の年金がもらえる契約です。今すぐ解約すると積立額の1.5倍程度の返戻金が、2028年まで積み立てすると2.5倍弱まで改善します。儲かるのはこれからです。
年金をもらい始めると解約できません。今は解約のタイミングを見計らっているところです。金利や社会情勢を見ながら判断します。スパッと辞めた救われたさんの判断を尊敬します。ねんきん共済の払い込み金は私の資産の5%未満です。私はもう少し粘るつもりです。
シーサイドさんにお伝えしたいことがあります。もし月払いを選択されているなら、年払いに切り替えしてはどうでしょう?私はそうやって支払い額を減らしました。全労済に電話して切替しました。
定年に向けての資産運用について (地方勤務医)
2017-02-15 19:32:23
初めて投稿させていただきます。2年前頃に林様の著書に出会い購入させていただきました。その後にこのブログに出会い楽しく拝読させていただいております。
当方地方都市の準公的病院(赤十字病院)に勤務しております。現在52歳で65歳が定年退職となり、専業主婦(47歳)、14歳、11歳の子供の4人家族です。周りには株式、不動産投資等を行う部下もいますが、今まで投資歴もなく、ただ普通貯金のみで生活しており典型的な円資産のみの状態で今に至っております。定年退職が視界に見える時期に差し掛かり、日本の現状を考えると何かをしなくてはと考えているうちに時間が経過しております。現在の資産は普通貯金のみで6000万で、5年前に8000万で自宅を購入し残債が3000万程度となっております。定年後の年金は夫婦合計で年金基金と個人年金(日本生命:10年確定)を含めて10年間は月40万程度で、10年後からは月30万程度になり、退職金は3000万程度です。開業医ではなく、また開業の予定もないため子供を医師にする希望もなく、本人の希望もないため私立医学部等の巨額教育費は必要なさそうです。もし林様の現状がこのようであれば、どのよに動かれるかについてご教授いただければ幸いです。
よろしくお願い申しあげます。
弥七さんへ (救われた投資家)
2017-02-16 19:26:06
私がねんきん共済と生命保険の解約を即決した理由を申し上げます。

林先生のブログに出会い、円資産の危険は今すぐにでも起こり得ることであると理解したことが一番でした。

その上で、財政破綻時に生命保険とねんきん共済がどうなるかを想像したら眠ることも儘ならぬほどの恐ろしさを感じました。
仮に生命保険会社と全労済が破綻しなくとも財政破綻以降のハイパーインフレで受取予定額が満額でもその価値を失います。
破綻した場合は減額された受取額にハイパーインフレによるダブルパンチか最悪の場合はゼロという答えが簡単に出ました。

冒頭に書いたように今すぐ危険な状態にならなくとも、ねんきん共済受取の10年以上先の未来に全く希望が見えない日本を考えれば直ぐに答えが出ました。
それだけでも毎月、毎年の保険料が馬鹿馬鹿しくなりますし、いつか分からない不安を日々抱えることも大きなストレスでした。
母親の生活の面倒見ていることも一因です。母親と一緒に海外への脱出は不可能でしたので早くストレスフリーになりたい一心でした。

ですから林先生のストレスフリーの投資術は投資だけのストレスフリーではなく、私の家族の現在から未来へ続く生活に対してもストレスフリーになっております。
この源泉となるものが自分年金の構築でした。自分年金は生活設計に基づく投資であるからだと思います。この構築に保険の解約金と今後の保険料を充当することは誤りではなかったと確信しております。
Unknown (Jake Jack)
2017-02-16 21:05:41
正直、公的年金も払いたくないですね・・・。
Xデーがいつか、たまに考えます。 (シーサイド)
2017-02-17 11:38:19
日本の財政問題を真剣に考えている人たちが、このブログに注目していると思われますので、このようなトピックに脱線することを林 様も許していただけるのではと勝手に思い、取り上げてみました。

わたしは、日本の財政問題はそれぞれの年齢によって、この先の時間軸が異なり、微妙に捉え方が違ってくると思います。

と同時に、日銀の国債買い入れの限界がこの先2年くらいに迫ってきていますが、日銀はICC長短金利政策で手を打っていますし、その後もシムズ理論の台頭により延命が図られるかもしれません。

つまり、政府と中央銀行がその気になれば、最終的には破滅をもたらす政策を推し進めるとしても、かなりの持久力をもつだろうと予想されます。

個人的には楽観シナリオと悲観シナリオの最低2つは考えておいたほうが良いだろうと思っています。
わたしの場合、なかなかストレスフリーにはなれません。(笑)

そこでXデーを行動経済学的に素人ながら考えてみました。

楽観シナリオと悲観シナリオの違いは理論・理屈ではなく人間の心理がベースにあると思っています。楽観シナリオは日本人に多い「起こっていないことは起こらない」みたいな「恒常性バイアス」で考える人たちが該当するでしょう。ゲーム理論では「ナッシュ均衡」で説明しやすいですね。周りのシステムが変化して行き、いよいよ自分の近い人たちが変わり始めるとき、自分も変わることで利得を保ちたいと、ある意味、遅行性のパラダイム変化です。この例でよく引き合いに出されるのが、大企業において従来の年功序列型の給与システムが職能給型の給与システムに移行していった例です。

一方、悲観シナリオは「クリティカル・マス現象」で説明しやすいですね。既に臨界状態に達していて、一片の雪片の崩落から一気に雪崩が起きるような複雑系理論です。ある意味速行性のパラダイム変化です。最近、中国の軍人が書いたレポートによれば、気付かれないように日本の国債を売り崩すという戦略も実際に検討されているようです。

結局、Xデーはこのはざ間に起こると想定するしかないのでは。。。

わたし個人は「悲観的に考えて、楽観的に行動する」をモットーにしています。

弥七さんへ
アドバイスありがとうございます。

定年退職さんへ (林 敬一)
2017-02-17 15:39:09
どういたしまして。

またスキーに行っていて、返信がおそくなりました。

今後資産の内容に変化が生じたら、みなさんの参考にもなると思いますので、是非お知らせくださいませ。

コメントを投稿

定年退職時の資産運用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。