怪食一家 支店

食い散らかして経験値を上げていきます。
トライアスロン・マラソンを通じた肉の引き締めも同時並行します。

喉が痛いときには、やっぱ飴、ですね飴飴飴

2005-08-29 22:10:51 | food
夏風邪ながらも症状が喉にしかこなかったことをいいことに、能率上がらないながら仕事に励んでいた先週の私でした。(だからこじらせてしまったわけですが)なんだかんだいっても喉がいたい。ということで、もうひとつのオペレーションノート の しらたまさんのページにて紹介されていました、メロンパンキャンディ。やはりこんな案件には気が付いた瞬間に手を出さねばなりません。さっそくローソンで衝動的に買ってしまい、のど飴代わりに食することにしました。





しかしだれだよこんな飴作ってんのって、、、大阪の会社、ですか。えーと、会社名が株式会社 扇雀飴本舗ですか。ドトール飴とか作っている会社のようです。どうも、このメロンパン飴、ローソン限定商品ではないようですね、というか、HPの商品案内のところにこのメロンパン飴商品のっていません。うーんなぞ。

ひとたび封を開けたら漂う「メロンパン臭」。「メロン臭」ではないんですね。表面はザラメ糖がまぶしてあり、外周はイチゴとかあのへんのミルク飴の乳的な味がします。





内側は、、、「メロンクリーム層のサックリ!とした食感・・・」とあります。案外中身はさくさく系の飴か何かかと思い、奥歯から思いっきりガリッといきましたが、普通の飴で、無駄に体力を消耗しただけでした。味のほうですが、ただただすごいカラメル味がするだけです。後味に少しメロンパン風味が残ってしまいますが、ここで極めて大事なことを思い出しました。

私メロンもメロンパンも嫌いでしたよ。。。。気分悪い、、。何のために買ったんだか。

残りを、会社の女性陣に配布して終了しました。もう買うこともないでしょう。みんな食べてくれたかなぁ。

たぶん、消えるまでそう猶予はなさそうので、食べてみようとか思ってしまった方は、ローソンに急いだほうがいいとおもいます。はい。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

またもプリンにやられる 後編

2005-08-27 19:45:09 | food
なんとなくご推察いただけていらっしゃるかと思いますが、思いっきり風邪こじらせてしまっています。昨日も一日寝込んでました。ああ、、、。今日も(土曜日なのに、土曜日なのに、、、)お仕事の電話かかってきて、10分ほど打ち合わせして電話切った途端、血の気が引いていく感じがしてきました。はい、あしたトライアスロンどころではとてもとてもありません。今月けっこう気合入ってたのに、参加費2万円もしたのに、、。すごくものすごく憂鬱です。はぁ。

そんななか、閲覧&コメントおよびメールありがとうございました。PCの前にはいたましたし、更新entryもあったのですが、そんなこんなで放置ぷれいでしたすいません。


***

想定外に、ゆで卵に苦しんでしまった私ですが、これで尻尾を巻いて帰るわけにはいきません。やつを制覇しなければなりません、そう奴を。

奴の名は、プリン軍艦巻き。まあ、去年食ったプリン丼の意匠変え、ということでしょうけど、要はプリンに醤油でウニの食感が味わえるかも、というコンセプト。

私的には、やる前から結果がわかってる気もしますが、ついつい、無意識に、手が出てしまいます。今引いている風邪以上に治らないこの病気。はぁ。

ということで、200円も出して買って来てしまいましたよ。プリン軍艦。





もう少しアップにして、醤油かけてみましょう。まよねーずではありませんよ。





ここからわさびをのせて、一気に口へ運びに行きます。





そう、先日の写真はこのプリン軍艦食べているところだったんですね。表情は普通なのですが、まあすでにおなかいっぱいだったりしていますけど。

ぱくっ

甘みの少ないプリン、胡瓜、むやみに温かいシャリ、そして、練り山葵、、、。

どこからともなく、ウニウニウニウニ、、脳内がウニに占領され、、

るわけありません。気持ち悪い、、、。というか、不味い

誰だこんなん考えた奴と思わず探したくなってしまいます。やんなきゃ良かった、、、。というわけで、失意のうちになんばパークスを後にします。

後日談として、こんなアイテムもあるのでまたテイストしてみますはい。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

またもプリンにやられる 中編

2005-08-24 20:39:02 | food
まずは現況報告からです。ご心配をおかけしてすいません。

まだまだ喉が痛く、軽き熱っぽさが降り返してきた水曜日でして、週末の蒲郡のトライアスロン参加が危うい私です。ただ黄緑の痰が出だしたのでたぶんあと二日でリカバリできそうです。今年に入って四回も五回も風邪引けば傾向もつかめてきますよちきしょう。

で、時を同じくしてついに見つけましたよ犬肉料理店。何年と探していてやっとです。最高に滋養強壮にいいらしく、風邪っぴきなわたしはさっそく食肉同好会会長さんにオファーをだしましたが、、、「行かねーよ」と一蹴されてしまいました。

誰か一緒に行きませんか?犬肉料理。食べたいとか魔がさしてしまったストレンジャーが三人集まった時点で即オフ会決行です。決意表明は当entryへのコメントか、keih@mail.goo.ne.jpへどうぞ。ちなみに、蛙さんも出てくるそうです。いちおう羊の串焼きがメインのお店らしいのですが、。



***

前編はこちらで、去年プリン丼食べた話はこちらです。

プリン博覧会会場、というにはたいそうすぎますが、プリンのブースは平日の昼間ということもあり、比較的すいていましたよかった。

昨年と比べて、このプリン博覧会、かなりの量のプリン展示となってしまっており、どのプリンにしようかついつい迷ってしまいます。





こんなのが二つ三つあって、さらにコンビニのアイスボックスみたいな什器もあったりと、選ぶのが非常に困難なくらい量が多く、かつパンフのカタログの商品は案外なかったりとあまり真剣に選ばないほうがよさげかもしれません。

結果私は「玉子まるごとプリン 天使の贈物」、同伴者のかたは「フルーツ桃杏仁プリン」を選んでしまいました。





とりあえず写真とってみます。

数あるプリンの中で、このを選んでしまったのは昔何かの雑誌で見たのを強烈に記憶されているからですが、いやね、卵くるくる回してプリン完成ですよ。ちびくろさんぼのお話でトラが椰子の木のまわりを回ってバターになるのと同じくらいのミステリーかもしれません。

実際原材料のところには攪拌加熱鶏卵と書いてありますし。非常に興味深い一品ですはい。

しかし、ここに浅い落し穴が。





ケロイドかフロイドかトロイドな状態かはわかりませんが、卵の殻を割っていっていかねばなりません。恐い、かなり恐いですよ。下手にほじくり返してたらぶちっとかいって卵の中身があたり中散乱してしまうのではと、すこぶる慎重に殻を剥いていきます。薄皮なんかへばり付いていて剥きにくいのなんのって。

努力の甲斐あってかスプーンですくえるくらい身が見えてきまして、いよいよ口に運べます。ゆるい固体みたいなところで弾けずよかったですよ。

ぱくっ。

まったく味がしません。甘いどころかなんでしょうかこれは。いや、卵のとても濃厚なコクは感じ取れますが。

よくよく見てみると、純粋に卵なので、添付のカラメルソースを付けて味わってくださいって、、、。

かたさは少し固めの半熟卵くらいなんですが、まあなんというか、ゆでたまごですよこれ。口触りはかすかにプリンかもしれませんし、カラメルソースでプリンっぽさがしてきますがやはりゆでたまご。ラーメンとちょっと間違った大きさのおにぎりの完食なんていう、いっぱしの食事の直後にゆでたまご二個

そりゃしんどかったですよ。話の種にはなったかもしれませんが、再挑戦はしないかなってところです。

てなわけで、はなしはいよいよクライマックスへむかいます。



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

またもプリンにやられる 前編

2005-08-23 22:26:46 | food
今回のEntryは、私のHP「怪食一家」のこのページのつづきみたいなものですので、併せてお読みいただけるとありがたく思います。


***

残暑厳しい夏のある一日、ふとなんばパークス7階にある、「なにわ麺だらけ」にいってみました。冒頭HPにある昨秋以来の訪問となってしまいましたが、食べるものは富士宮焼そばと心に決めていましたが、、、いつのまにか引き払われてますよ。というか、前行ったときのお店がほとんど残ってませんがな。大丈夫なんでしょうか、ここ。

で、かるく舌打ちしながら選んだのが、しげちゃんラーメン(根室)の塩野菜ラーメンです。野菜がたっぷりのったラーメンが来たとたんサッポロ一番みたいだねこれ、と店内で声がでかかってしまいます。実はサイズ小だったりするのですが、これでも十分な量です。加えてこぶし大のばくだんおにぎりなぞ頼んでしまっていますのでかなり満腹になってしまいました。



サ略)とか言ってますが、鶏ガラでのおいしい塩ラーメンでしたよ。野菜の量が半端ないのもグッドです。あとはオプションでバターなぞいれられたらなおよしというところでしょうか。いえの近くにこの店あったら通っているでしょうね。



これがチャーシューごろごろなばくだんにぎりです。かるくお茶碗いっぱいはあります。たしかにかなりおいしいのですが、おにぎりというには握りが軽すぎるきらいがあって米がぽろぽろとくずれまくるのには閉口してしまいます。味がいいだけに残念。

今回ここにきたメインリーズンはもちろんラーメンではなく、今開催中のプリン博覧会参加のためです。去年とは違いやはりおいしいプリンを食べねばなりません。そう決意してプリンコーナーへ向かいます。



というところで、前編はここまでです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼肉は風邪の特効薬となりうるか実験

2005-08-22 23:29:58 | food
まだ風邪も完治していない、休み明けの月曜に大阪は鶴橋に乗り込んでまいりましたよ。いちおう説明しますと、大阪はとにかく半島系の方々が多い地域だったりするのですが、この鶴橋はコリアンタウンどころか、かの国の占領下にあるのかと言うくらいの町。私が何か言うよりは詳しくは、大阪民国ダメポツアーをごらん頂くとご理解早いと思います。

前置きばっかであれですが、とにかくしんどかったですよ今日は。夏休み消化して会社に行ったら、四時から同業他社とのジョイントビジネスのミーティングがどうだで勝手に予定が入れられてしまった上、会場で開始直前に上司が、「俺今日風邪で調子悪いから話しったってくれへんか」。いや、私も激しくのど痛いんですけど今日と言うまもなくミーティングスタートしてしまい、喉だけ痛い風邪っぴきさんがかなりの酷使をしてまいりました。ええ、喉が痛くて痛くて2、3日は普通にしゃべりたくないです。

そんな中でも焼肉は欠かせません。今日は食肉同好会とは違って、ホノルルのトライアスロンで知り合ったIさんと鶴橋行きを果たしてきました。私自体は肉焼くの好きなのに鶴橋に何の慕情もないというへそ曲がりっぷりだったりしますが、いい機会なのでエンジョイ!というわけで、たまりにたまった仕事も放置してGOです。

日和佐で一緒に走って以来となりますが、あの時はオフ会とかあって終わった後あまり話するまもなくダッシュでバイバイだったぶん、今日はつのる話などできそうです。

落ち合って店選び、と言うところですが、軽く私からジャブを振ってしまいます。

私「もしかして今日行くところって鶴一とか吉田とかじゃあないですよね」

Iさん「あ、わかった?それか空辺り」

まあ、モノには好みとかありますからあれですが。半ば観光地化している鶴橋の焼肉有名店ってコストパフォーマンスに著しく欠けるというのが個人的な意見だけに、強引に空空空と連呼して、決定に至ります。



かなりの駅近なのに迷ってしまう町、それが鶴橋クオリティ。

月曜ながらかなりの活況。二人カウンタなのですぐに入れましたが、4人とかで行くところではないですねこれは。鶴一休みという要因もあったかと思いますが。



ハラミとかミノサンドとか、プップギ(肺、柔らかいレバみたいな食感)やらさすがに鶴橋の焼肉屋なチョイスをします。しかしこの店、複数の肉をグジャグジャに混ぜて出してきます。今までにないタイプなのですこし押されな雰囲気です。これに加え、タレの味も、いつも行く西中島朋苑や道頓堀南月あたりと違って、軽く胡椒が入っている感じで、味や肉の出し方などなんというか店全体がワイルドって肉屋さんです。肝心の味ですが、ホルモン関係はかなりいけてますよ。上記以外にもてっちゃん、ハチノス、ウルッテとか頼みましたが、どれもレベル高いです。ホルモンは一人前全て400円切ってますし。ハラミに限って言うと、道頓堀南月のジューシーさには少しだけ及ばないかなってところですが、それもわがままレベルでのお話。ここで一度食肉同好会を開く必要がありそうです。南月の奥の方に支店とかあったようですし。



それに真っ赤に燃えたぎるユッケジャンスープなんて頼んで二名で7,000円ちょっと。夜風に吹かれながらバーナーで肉を焼く、、、最高な晩夏の過ごし方でしたよ。これで、会社に財布なんか忘れてこなければ言うこと無しだったんですけどね。ええ、Iさんにたいそう迷惑かけちゃいましたよorz。



風邪ですか?せんとうへんかへんとうせんかなんかがたぶん真っ赤ですよ。はい。明日から仕事は筆談を希望したいところです。イタイヨー。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

真っ黒焦げなトレーニング記録(8/8-8/21)

2005-08-22 01:18:00 | Trainning


先週末は実家で体脂肪計に乗れないこともあって、二週間分まとめてのアップです。ご心配頂いていました夏風邪の件ですが、ありとあらゆる方法で発汗させまくった結果、何とか一日で熱は下がり、あとは喉だけ、という状況です。今年に入ってたぶん5回目くらいの風邪で初めて発熱と悪寒が発生したので少しあせりましたよ。運がいいことに、五回が五回とも欲と名のつくものは全開状態ゆえ、がっつり食べて体力回復できたのはラッキーな限りでした。

8/11 木 スイム1300m
何気に8日の週は仕事が忙しく、また、朝も起きるのがしんどかったので、ウイークデイではこのスイムのみでした。100mインターバル10本でバテバテ。4・5月は軽く2000mとか泳いでいたのに、と思い出すと体がいまいち動かない自分が嫌になります。はぁ。


8/13 土 ラン6km 38'57 HR/AVR 157 497kcal
午前10時半スタート。ありえないくらいの炎天下。やっぱ、長崎日差し痛いですよ。田んぼのあぜ道とか走るので、非常にエンジョイランなんですけどねぇ、、。


8/14 日 ラン10km 54'35 HR/AVR 158 707kcal
夕方4時スタート。涼しくはありませんが、歩くだけで心拍数上がるような前日とは明らかに違う条件。実際心拍数は前日並みですが、キロあたり1分以上の差があるとおり、明らかに違う種類のランとなりました。道路標識も距離感覚もない中手探りなので、タイムはこの程度かと思います。(現時点でのベストは10kmで49分くらい)非常に楽しく走れました。

8/15 月 ラン6km 37'09 HR/AVR 148 435kcal
夕方スタートで土曜と同じルート。タイム二分圧縮で心拍数マイナス9。いかに炎天下でのランが厳しいかを実感します。

8/17 水 バイク38km 86'40 HR/AVR 143 945kcal
まずいなぁ。いや、淀川のサイクリングロード走ったんですが、スピードが遅すぎ、、、。この距離なら、10分は圧縮しないと、、、。こんなんで蒲郡大丈夫なのかとかるく鬱になります。

8/19 金 スイム1500m
100mインターバル13本。クロールで左右での腕の上がり方が違うとの指摘を受けます。イアンソープみたいな泳ぎ方、というとかっこつけすぎですが、オーストラリア人のようなクロールにフォームを変えようとしている過程の現状ですが、思いっきりうまくいっていないことが改めてわかってしまいました。うーん。

8/20 土 筋トレ2R
体調よくない中での筋トレでしたが、思いっきり裏目に。いやぁ、体の節々が痛い痛い。

そんなこんなな二週間でした。あいさんから、顔写真で「痩せた?」と指摘をお受けしましたが、たぶんこんなくそ暑い中で走ったり自転車漕いだりしててげっそりなだけな気がします。体脂肪率もまた増えてしまいましたし、、。まあ、今日(8/21)は体調を戻すために食べまくった、という事情もあったりしますけど、、。

来週は、レース前ということと、また、雨も多そうなので、スイム2回とかで終わると思います。とりあえずは、明日月曜焼肉行って(またかよ)体調を万全にしてきますyo!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不味い、非常に不味い

2005-08-20 23:58:02 | Weblog
食べ物のことではありませんざんねん。いや、とにかくご紹介したいまずい物も食べてきたんですよ。でも、いや、なんか急に熱っぽくなってしまったんですよ。風邪か、、、月一回ペースですよ。ほんとにもう。

来週日曜は蒲郡でトライアスロンだというのに、、。

明日は、レース前最後のバイク追い込みができるか、ってところだったのに、、。

無理して、40kmバイクやろうかどうか、考え中ですムチャー。



そして、結構色んなもん食べたり準備したりしているんですが、このような思考回路ほぼ停止状況のため、もうしばしおまちください。いちおう、画像がありますので、「次回予告」みたいなイメージで見ていただけるとありがたく思います。




沖縄フード食べ残しの「ミキ」。飲む極上ライスと飲む玄米、、、。




新しくも何もないんでしょうけど、ハイチュウアイス。




軍艦巻きらしきものを食べている私(28歳 おっさん)ですが、当然まともな軍艦巻きなわけありません。えぐかったですよ。見た目は白子軍艦だったのですが。

それではしばらくごきげんようです。あついよしぬー。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

懲りずに淡路島再訪

2005-08-19 12:23:44 | Weblog
してきましたよ淡路島再訪。残念ながら自転車は持って行きませんでしたけど。魚とか食べにいったんですよ。そこで、ついでといいますか、行ったきたのが、あわじ花さじきでした。がんばってブルーサルビアとか撮って画像加工とかしてみましたが、京の四季「今週の一枚」さんとか、れしぴ のあいさんの逆さ富士のようにはいきません。当たり前か。


むしろ私が撮りたいのは、、、



淡路って言えばやっぱハラケンですよねとか言って見つけたこんな看板だったり



こんな銅像だったりします。まったくの逆光ですいません。子供の手をつなぐハラケン像らしいです。

と言うわけで、ピクチャーブログへの道は断念します。がんばって食べていきますよ、ええ。淡路島くんだりまでいって魚の写真取り損ねて言うのもなんですけど。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クッキングバトンもらってしまいましたよ

2005-08-17 21:10:52 | food
クッキングバトンの前に、、

いつからでしょうか、自炊と言うものをほとんどしなくなったのは。そう、半年ほど前より今の節制式食生活に変えてからは、家で食事を作る機会は激減しました。何の参考にもならないかもしれませんが、まずそちらを紹介します。

朝 : カゴメオールベジ + プロテイン20gに牛乳330ml +ノニジュース これに時折
イチゴジャム入りヨーグルトが加わります。
昼 : 本能の赴くまま。夜トレやるときのみご飯大盛り。
夜 : 焼肉メインで飲み歩き or トレーニング時はちゃんこ鍋

あとは、ロングライド前にパスタ200gをレトルトソースで食べるくらいです。何といってもカレー食べるとき以外は家でご飯すら炊かないですから。
そんな今の私に、Cooking Battonが穴を掘るのag_銀さんよりやってきてしまいました。しかも、ネタ入れろとの指令つき。まいった。かなりむり目ですが、なにとぞよろしくですよ。



1.レパートリーの数は?

キムチ味ちゃんこ鍋
ゴマだれ味ちゃんこ鍋
しょうゆ味ちゃんこ鍋
みそ味ちゃんこ鍋
鳥だしちゃんこ鍋
カレー

以上6種。それ以外はいまとなっては作りません。で、このくそ暑いときでもちゃんこです。何故か。「野菜とささみで満腹になれるローカーボ食が実現できる」「熱いから早食いできずデブ化阻止」「材料放り込めばあとは20分放置ぷれいでその他家事ができる」からです。美味しいもの食べたくなったら、少しの節制+運動→外食。私、屈折してしまいましたか。


2.最近作った料理は何?

一番最近はゴマだれちゃんこです。次はカレーちゃんこと和風だしちゃんこを目指したいです。


3.最後に買った食材は何?

前のなべ用のささみ・白菜・人参・椎茸・油揚げと牛乳です。牛乳は鍋にいれませんよ


4.渾身の自作料理or思い出に残る自作料理3つ

そのいち
六年ほど前、当時片思いしていた女性に8分で作ったボンゴレビアンコ。ドレッシング状のパスタソースの素をベースに、アサリベーコン玉ねぎをパスタをゆでるのと並行して炒めて完成。そもそも、私が料理作るとかイメージが全くないところに、短い時間でそれなりのものを作ったということに、かなりの驚きをもっていたく感激されました。これがきっかけになったかはわかりませんが、程なく片想いが両想いへとメタモルフォーゼしてしまいした。パスタを一口食べたときに見せたあのキラキラとした瞳、私の人生の走馬灯にきっと出てくることでしょう。え?それどれくらい続いたかって、、、はぁぁ、、、。

そのに
節食始める直前、半年くらい前に作った魚の味噌漬け。味噌をみりんでのばした中に、パック100円とかの白身魚を放り込み冷蔵庫で3日放置ぷれいで準備万端。焼いてウマーですよ。ただ、異様に冷蔵庫がかさばるのと、電気コンロ+テフロンではうまいこと魚焼けないのとで、あっさりやめてしまいました。実家に帰ったとき母親に教わって、それに近い味が出せたのが、人としての進化をすこし遂げられたようで非常に嬉しく思いました。

そのさん
うなぎめし。スーパーで売ってる焼いたうなぎを買ってきて刻みます。ごぼうも薄切りにします。この二つを米と一緒に炊飯器に放り込みスイッチオン!同時に酒とうなぎのタレを入れる必要がありました。炊き上がったら、山椒をふりかけてがっつり食う食う食う!!!米食べない現状ではもうしませんけど、。お手軽おいしいってやつです。


5.好きな店三つあげてください

辛口料理ハチ、四川飯店、ラーメン二郎三田本店

前者二つは、ハチ1ハチ2四川飯店のログどおりです。ラーメン二郎は、やはり、学生時代通いつくした思い出の店です。楽しかったこと、苦しかったこと、あのときの色んな記憶が行列に並んでラーメンを食べることで脳裏をよぎります。わかる人は、これで私がどこの学校周辺でうろついていたが容易に推察できてしまいますざんねん。
まあ、うまいかどうかももちろんありますが、これについては情念の注ぎ具合ではないでしょうか、。


6.バトン渡す三人。

主婦の方は避けるように、とのお達しがあったようですので、そうじゃない方へ。

きゃっち☆英利香姫 の 英利香さん(またかよ、とか言わないでぷりーず)
もうひとつのオペレーションノート の しらたまさん
③、、、もう一声、が惜しくも出ません。いや、たぶんここ閲覧されている方でお一方お名前が出掛かっているのですが、バトン続きな様子ですので。。

のお二方です。もちろんバトンミスで落下失格終了でもまったくOKですので、よろしければよろしくおねがいします。


やっぱりオチがないなぁ。うーん。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

辺境地帰還編

2005-08-17 19:06:16 | food
16日は福岡滞在の会社の同期と二人でしっぽりともつ鍋など食べていました。
これが、 もつ幸楽天地 などといった名店ならいざしらず、二人とも疲れ気味でしたので天神やら中洲川端とかには繰り出さす、お住まいのすぐそばの個人経営の居酒屋さんで、転勤の話などしんみりとしていましたので、写真とかは残念ながらありませんといいますか、後述する理由で手元にはありません。

その同期の彼も、温厚な性格ながらイケイケドンドンの元ラグビーなひと。もつ鍋注文時も、「4人前にしようかなそれとも5人前かな」と、勝手に悩まれています。二人なのに。他にも山芋鉄板やら焼き鳥やら頼んでいるのに。

いつも通りに泥酔し、無駄に転勤を恐れる何の収束もつかない話ののち、朝を迎えます。

今週いっぱい夏休みの私に対し、同期は17日より出社らしく、そそくさと用意を終えて家を出ます。このマンションは、那の川の日赤通りの程近く。そう、あの一蘭本店近くです。



***一蘭とは***

博多が誇るラーメン店。かつては会員制のラーメン屋だったものが、いったん休店→復活の末、数店の店舗展開を行ない、福岡のタウン誌のアンケートでは一風堂をしのぐ人気(タウン誌での人気、ってところを読み取ってください。。。)をしのぐ。近年は関東進出も積極的で渋谷や上野、桜木町でも食べられます。

システムに特徴がありますが、それはHPでご確認いただくとして、システムパクリ店との訴訟騒動やら、袂を分かった創始者が別店舗開いたりと、外野の騒動もまた有名だったりします。

******



もつ鍋が思いっきりもたれているのに、朝7時半からラーメン食べようとしている私もいかがなものかと思いますが、とりあえず店に入ろうとすると、「8時まで清掃」との看板が、、、。仕方なく待つことにします。





しばらくの待機の後、入店します。実はこの店は、間仕切りがないので私は好きだったりします。店員の顔が見えない赤暖簾は他の店と同じなんですけど。





入店後、アンケートを記入します。これが、三田二郎とかなら、「小ぶた野菜脂大目にんにく」とかでかい声で叫ぶ必要があったりしますが、ここではアンケート記入です。写り悪く申し訳ありませんが、順に「スープの濃さ」「こってり度」「にんにく」「ねぎ」「チャーシュー」「唐辛子のタレ」「麺のかたさ」を記入し、自分好みのラーメンを持ってきてもらうわけなんですね。どれでもいいんですが、「唐辛子のタレ:通常の二倍超」「麺:固め」だけは外せません。





そして、5分ほどの間でやってきますよラーメン。





濃厚そうなとんこつながら、それ以外の材料を使っているので、なんといいましょうか、「味噌汁を飲んでいる感覚のスープ」、といいますか、味音痴の私にはうまく判別できませんが、普通に、いえ、普段が大阪な私にはかなりおいしいです。極細麺サイコー。それと、注文時にかける唐辛子のタレがこれまた絶妙なんですね。おなか調子よくないけどきてよかったですよ。

そんなこんなで、悶絶していて、ふと重大なことに気づきました。

同期宅に携帯電話とiPodを忘れてきてしまいました。やつはもう会社、、、。会社の場所は分かっているものの、朝からオレンジ色のTシャツで乗り込むほどイケイケではない私は、あきらめて新幹線に乗車します。この置いてきた携帯電話の中に、もつ鍋の写真とかあるんですね。ちなみに、この日はデジカメで取っています。で、携帯ですが、運良く、いまだ デュアルネットワーク契約中ですので、帰宅さえ果たせば、mova携帯でつなぎが可能なので、三時間ほどの我慢で携帯も復旧してしまいました。これで、休み中でも仕事の携帯が鳴ってしまうサラリーマンの私もあんしんへへへ、、、って何か間違っている気もしなくもない、かな。まあいいや。もう。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

辺境地撤退中です

2005-08-16 14:04:09 | mo-blog
最新鋭のJR特急「白いかもめ」に乗車するところです。ただでさえJR九州は特急の本数が多いのに加え、車両のモデルチェンジが頻繁なようでして、鉄な方々には定評だとか。話はかわりますがとりあえず清峰がんがれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辺境地帰省編その四

2005-08-15 14:05:54 | Weblog
今日8月15日は、そう終戦記念日で、、、先の戦争で、、という話ではありません。もし、期待されていた方はすいません。いわゆるお盆、の長崎方面での風習というか、その辺の話をご紹介したく思います。

いやね、お墓で花火をやる風習はどうも普通ではないらしいというのを知ってびっくりしたんですよ。20過ぎてから。そして、どうも私の爆竹耐性が一般的に半端ないレベルにあることもわかってきました。

それもこれも原因が精霊(しょうろう)流しにあるようです。

「精霊流し」っていうと、さださんの曲で有名ですね。きょーねーんのってフレーズで始まる暗めの音調の曲ですね。下のページに歌詞が表示されています。しかしながら、精霊流しは、けっしてしめやかに故人を送るものではないのです。
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/syourounagashi.htm


精霊流しを行なうのは、だいたいが初盆のおうちです。つまり、このお盆までの一年間にご家族がお亡くなりになったところが対象です。お盆自体は先祖があの世から戻ってくるという言い伝えの中、親戚が集まって先祖の供養したり近況報告したりだったりてなところですが、初めてのお盆を迎える際には、いつも以上に儀礼的というかいろんな事を行ないます。

故人が現世に戻るといわれる13日には、「うちはこっちだよ」とわかりようにお墓で提灯を掲げて、爆竹を鳴らしまくります。まあ、最近は花火くらいでおとなしくしているようですが、、。

そして、15日には(海の向こうにある)あの世へ帰るということで霊が安心して帰られるように、お御輿みたいな船を組み立て、騒々しく親戚一同で爆竹を鳴らし狂いながら船とともに河口や湾口へと向かいます。かつては船自体に火とかつけて沖へ流したりしてたのですが、岸で燃やして終わったり、いまはダイオキシンの発生やら環境的なところから、船を河口に置いて帰るのが一般的になってしまいました。しょうがないのは十分わかりますが、味気なさにすこしばかり寂しさを覚えます。

なぜ爆竹を鳴らして騒々しくってところですが、歴史的に長崎は中国オランダの文化が残っていることより推察できるかと思います。中国では祖先を祭る節々には爆竹を鳴らす風習があることから、多分中国の風習から来ているはずです。

そんなこんなで、爆竹耐性が強い私です。この先どこで使えばいいかまったくわかりませんが、お盆がくるたびに、相変わらず今でも血沸き肉踊るバイオレンスな私がいたりします。ばくちくばくちくー。


***

長崎新聞社による、一昨年の長崎市内の精霊流しの様子のページです。どれくらいの爆竹が鳴り響くかが窺い知れます。音つき動画ですので、様子は窺い知れるかと思います。二つ目の動画の最後にこのページを閲覧コメントいただいている方に縁深い船が出ています。ぜひご確認をお願いします、ちびかずさん。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kankou/douga/09/


精霊流しのレポートはこちらがわかりやすいです。
http://www.nagasaki.web-saito.net/syoronagasi.html
やはり、県外からいらっしゃったりした人のほうが客観的に伝えられそうです。

え、今日のレポートはないのかって?実は、私長崎市内の人間ではないんですよ。行くの面倒で、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辺境地帰省編その三

2005-08-15 12:19:28 | food
昨日はブラックモンブランを食べましたが、やはりブラックモンブランといえば、ミルクックははずせません。なんかカレー超人カレクックとか思い出しがちなところなところですが、いささか異なります。そう、竹下製菓のアイスです。これもやはりローカルな品となってしまいます。

袋のビジュアルはこんな感じです。



かき氷ミルクセーキ、とあります。味ですが、外側がミルク味アイスキャンデーみたいな少し固めになっていまして、中は少しやわらかいこれまたミルクアイスにすごく小さな氷の粒々がたくさん入っていまして、食感がすごくシャリシャリして、まさにミルクセーキな味わいです。

当時と変わらない味に昨日に引き続いてうれしくなります。

調べてみたところ、販売当初は一本20円とかでこれまたびっくりです。



色もパッケージに近い黄色が買った感じです。量がいささか少なめ、という気もしなくもないですが、中がやわらかく少し溶けるのが早いのと、とてもおいしいのとで、ついつい食べる速度が速くなっていってしまいます。帰ってきてよかったなぁ、ふと小さな幸せを感じます。もう明日は実家はなれるのですが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

辺境地帰省編その二

2005-08-14 21:14:23 | food
ドライブ後に10km走ったりして少しお疲れ気味なので、やっぱりおしゃべりモードは封印します。元気なときにまたやるかもしれませんのでよろしくおねがいします。

ドライブからの帰宅後、親を連れて夕飯の買い物へ行きます。表向きは長崎産の魚を買いにいくことが目的でしたが、当然真の目的はブラックモンブランです。まずは、イカとアジをゲットし、こっちこっちとアイス売り場へ。が、全く見当たりません。少し大きめのスーパーなので、単価105円未満のアイスはないといういい商売っぷり。目を皿のようにして探した結果、525円もするファミリーパックを発見。

「だいが食ぶっとねこがんたくさんも」と渋る母でしたが、構わずレジへ。28のおっさんとは思えない、駄々っ子な私。

家にすぐさま帰りますが、大変残念なことに少しアイスが柔らかくなってしまいました。暑い夕方に食べたいのは山々でしたが、我慢我慢で冷凍庫へ直行です。

夕飯後すかさずアイスパックを取り出します。



ミルクックとかいうのも入っていますが、これは明日食べることにしましょう。これもすごくお勧めですよ。



で、待ちに待ったブラックモンブランです。何年振りでしょうかこれ食べるの。



開けてみますが、、、残念ながら少し溶けてしまっている模様です。しかし、味は変わらないはずです。ぱくりとかぶりつきます。そう、あの時と同じ味ですよかった。当時のアイスといえば、昨日のかき氷やチューチューアイス、それかタマゴアイスにアイスまんじゅうとかしかなかったんです。カップアイスなんて100円もするんでほとんど食べられないし。そこで、チョコレートがコーティングされてて、しかも粒々クランチが周りにべっとりついており、そして中身がバニラアイスのブラックモンブランってほんとに満足感が高いおやつだったんですね。50円という値段でしたし。しかも、チョコが甘いわりにバニラがあっさり目なので、バランス取れてていい感じです。あっという間に一本食べてしまいました。よかったよかった。

困ったこととしては、製造している竹下製菓があまり野心がないのか、流通しているのが主に九州一円のみという状況ですので、現在大阪在住の私にはなかなか入手できないところでしょうか。まあ、あと二日の滞在で何本か食べることができるので食べだめを、、、

とかいうから太るんでしょうね。はい。でも食べよう、うん。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

辺境地帰省編その一

2005-08-13 19:56:41 | food
夏休み特別企画として、今日は口語にてEntryします。万が一好評なれば続けるかもしれません。


きのうおそうにいえにかえってったさ。そいけど、起きてめしくったらなんもすっことなかってしょんなかけんが、朝から走ったとやもん。そうしたら暑つうして暑つうして、どがんしょうもなかごたったけんが、冷めたかもんとか食べんばってなって、買いにいったとやもん。ほら、ブラックモンブランばさ。そじゃなかったらミルクックばいね。そいが、売っとらんとさね。ほんなごてきつーしてしょんなかけん、赤っかこおりば買うてたべたっさ。そしたら、つめとーしてあたまいとーしてた大変やったよ。もうしんどかよほんなごて。



ここまで書いた私でさえ訳わからないので、やっぱ普通に書きます。


昨日危うく最終の特急を寝過ごしてそうな私でしたが、何とか実家に帰還を果たせました。よかった。夜が明けた今日でしたが、まったく何もやることがなかったため、とりあえず外に走りに行くことにしました。今日も殺人的な暑さな九州西部地方。大阪も結構暑いのですが、やはりじりじりとした日差しの強さは違います。結局6kmほど走って終了してしまいました。それが、シャワー浴びても水飲んでも止まらないからだの熱気。熱中症、ってこんなんいうんだなと軽く恐れをなしてしまいます。

で、アイスを求めて近所のコンビニに行きます。お目当ては九州おなじみの竹下製菓「ブラックモンブラン」です。もしくは、「ミルクック」でしょうか。これを食べないことには、家に帰った気分は薄れてしまいます。しかし、見当たりませんよセブンイレブンさん。致し方なく、袋入りのかき氷いちご味@62円を購入します。しかし、アイス62円ですか。昔は30円だった記憶もありますが、やっぱインフレなんですね。ざんねん。

早速、食べにかかります。「切り口」ってあってもそこから切れないのは昔からのクオリティ。

当然歯で噛み切ります。

袋のかけらは、ついその辺にぺっってやってしまいます。ああ、マナー悪いスモーカーと同じことやってんじゃんとかかるく後悔します。

シャリシャリと食べにかかります。

偏頭痛になったような刺激</color>。久々ですよ、アイス食って頭痛くなるの。

必死の思いで完食しました。ふう。でも、さすがにアイス腹はいっぱいで、ブラモンは断念しました。明日こそは、ブラモン食べよう。そして悶絶しよう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加