goo

全くの初心者だがプログラマーへのチャレンジする1つの方法

プログラマーになる方法は色々あります。 理由は開発環境がパソコンさえあれば無料で手に入れることができるからです。

でも、何も分からない状態で本を読んでも意味が分かりません。
多くの初心者向けのプログラムの参考本は文法などは紹介していますけど、中々実践で使えるような所まで書いているのは無いと思います。

あったとしても内容を理解できないかもしれません。



という事で、誰かに教えてもらうと言うのが1つの方法です。

最近は、ホームページで公開されている初心者向けのサイトが本になることも有ります。
これらの情報を検索することでセンスのある人はプログラマーになっていきます。

でも、文系だしプログラムを作りたいけど無理だわと諦めるのも早い気がします。


先ほども紹介したように開発環境が簡略化されることによりプログラミングのハードルは下がってます。
一方で、本当の意味で戦力になるエンジニアの数は、市場にまだまだ足りていないのが現状なのでまだまだヤル気さえあればチャンスがあります。

趣味でプログラムを作っているけど、仕事でプログラマーになりたいと感じているなら一度挑戦してみるのはいかがでしょう。


そして、全くの初心者でプログラムで何を作りたいか分からないけど、物作る仕事がしたいとか、ネットワークエンジニアになりたいとか希望があるなら、プログラムの基礎を教えてくれてその後就職をサポートしてくれるプログラムの学校に少し通うのがおすすめです。

会社で、プログラマー未経験で入るとテストばかりでプログラムは自分で学ぶ必要が出てきます。 その為、基礎知識は入社前にある程度勉強するのがおすすめです。

キャリアパスのイメージとして2週間から4週間で基礎を学びます。
その後4カ月程課題を勉強します。その後に、企業で1年~3年実務経験を積むことでアプリケーションエンジニアとして自立できるようになるストーリーはいかがでしょう。


少しでもプログラマーになりたいと感じているなら一度無料相談してみるのが良いかもしれません。

こちらは参考になりませんかね。 
詳しくはこちらをクリック ⇒ 本気で職業エンジニアを目指す方のためのプログラミングスクール【ELITES(エリーツ)】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 7月2日(日)の... 7月16日(日)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。