goo

ラズベリーパイのサーバー運用でWordPressを運用するなら

ラズベリーパイでサーバーを運用した時にWordPressを運用するならPHPの知識が必要になります。

レンタルサーバーだと、WordPressを自動でインストールしてくれますが、自前サーバーだとそのあたりを自分でPHPで作らないといけません。


初めに目的を設定してそれに対してアプローチしていくとよいかもしれません。

OSは、サーバーを利用するならcentOSを選定することが多いです。
ラズベリーパイにcentOSをインストールが最初の作業です。

そして、WordPressをサーバーにインストールしようと思うとPHPの知識が必要なので1つづつ課題をクリアしていく過程を楽しんでください。

このアプローチは仕事でも役に立ちます。

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]
クリエーター情報なし
エムディエヌコーポレーション
こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月24日(金)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Lets ノートは中古でも現役です。

ヤフオクで4000円。OS無しで買ったレッツノートはかなり良いコスパです。

12インチCore2Duoなのですが、SSD 128GBで メモリ3GB(オンボード1GB+追加で2GB)です。OSはUbuntu使ってます。

使用用途としては、開発用です。 Ubuntuはリナックスなので、GNUのコンパイラを簡単にインストールができます。使用料機器もとても少ないので、SSD128GBでも余裕です。 Windows10だと、Visualstudio2015とマイクロソフトオフィスをインストールすると、100GB近くになるので他のソフトがインストールしにくいです。 

その点、ラズベリーパイをSSHでリモート接続する。プログラムの開発環境としては必要十分です。もし、物作り用の開発環境を探しているなら、レッツノートの中古を探してみるのはいかがでしょう。

うわさレベルの話ですが、元法人で使っていたノートパソコンが大量に出回っているので程度は比較的良好なものが多い可能性が高いです。
ポイントはSSDにしてメモリを増やすことです。 一昔前のパソコンでも見違えるくらい早くなりますよ。

残念なのが画面の表示が他のいまどきのPCと比較すると少し残念な気がします。

Letsノートの何が気に入ったかと言うとバッテリーの持ちが素晴らしく良いです。SSDにする事で更に良くなっているかもしれません。
元が30万円弱かかるので、お安いのがあれば試してみるのはいかがでしょう。





【中古】 Let's note(レッツノート) R9 CF-R9KWDCDS / Core i7 640UM(1.2GHz) / HDD:250GB / 10.4インチ
クリエーター情報なし
パナソニック
こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月22日(水)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

テキストエディタはVIMはいかがでしょう。

ラズベリーパイをリナックスでSSHでリモート接続しているのですが、テキストエディタをVIM使ってます。

初めは、なんじゃこれ。 って思ってましたが、使いなれてくるとVIM以外のテキストエディタが逆に使いにくくなってきます。

何が便利かと言うと、キーボードでテキスト入力から編集まで完了する所でしょうか。

コマンドで操作しだすとマウスを使っているのがとても不便に感じます。

でも、初めはコマンドを覚えるのがかなり大変なので、VIMを使いたいと感じるまでは少し修行が必要です。(^。^)

リナックスなら、コマンドでvimtutorの後エンターでトレーニングをする事が出来ます。
ウインドウズでもVIMが使う事が出来ます。 

VIMはマクロを駆使することができるので自由度が高くて軽いのでとてもお勧めです。

C++や、C#でビジュアルスタジオを使う環境は便利なので使い分けるのがよいかもしれませんね。

Linuxのようにコンパイラーが用意されているならVIMの方が便利です。

使いこなすにはかなり敷居が高いと感じるかもしれませんが、毎日使っていたら逆に手放せなくなります。
便利なテキストエディタです。


あ!、そうそう。VIMはモード切り替え型テキストエディタなのでこの概念だけでも頭の片隅に残しておいてくださいね。




Vimテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする150の技
クリエーター情報なし
技術評論社



こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月15日(水)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラズベリーパイで簡易ロボットの参考になりそうですね。

ラズベリーパイがCPU基板として完成度が高いです。なので、ラズベリーパイを使用するだけでサーバーにもなるし、モーターを動かすために周辺部品をつなげるとロボットにもなります。


でも、どのように作ったらよいかはじめはわからないと思います。

そんな時は、参考本を真似するところから始めるのがコツです。
いろいろな本がありますが、簡易ロボットの作り方を紹介した本は少ないので見つけた時にぱぱっと始めるのはいかがでしょう。

少しずつできるようになってくると徐々にできることが増えてきます。

そのような行動がはじめの一歩になると思いますよ。


やさしくはじめるラズベリー・パイ ~電子工作で簡易ロボット&ガジェットを作ってみよう~
クリエーター情報なし
マイナビ出版





こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月9日(木)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Visualstudio 2017 が販売されましたね。

今日、いつもどおりにVisualstudio2015の調べものをしながらいろいろ検索していると、ホームページがごそっと変わっていて驚きました。

だって、ダウンロードしようと思った資料が元の場所にないのですから。。。

VisualStudio2017 の資料にごっそり変わってました。 苦笑

いま進行中のプロジェクトの開発環境が変わるのは良くないのでまだ試してませんが、特にそのような縛りがない人はVisualStudio2017を試してみるのがよいかもしれませんね。

今、ウインドウズフォームアプリを修正しながら開発進行中だけど、いろいろな面でXAML+C#に慣れると違和感をかなり感じます。

.NETの開発環境は使いやすいけど、新しくプロジェクトを始めるならUWPに移行するのがよいですね。

最近はC#を使うことが多いと思いますが、C++もまだまだ現役なんでサンプルプログラムを試してみると忘れないで良いかもしれません。


PythonとC++の組み合わせを使う機会があるので最近C++をゴリゴリとプログラムを作ってます。





アプリを作ろう! Visual C++入門 Visual C++2015対応
クリエーター情報なし
日経BP社
こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月8日(水)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

UWP の開発は微妙にやりにくい

最近VisualStudio2015をC#でプログラムを作ることが多くなっている。

でも、.Netの時と微妙に違うので同じような感覚だとハマるかもしれません。

UWPの未対応の機能も多く、ちょっと。。。と感じることもあるけれど、開発環境としては使いやすいのでこれからに期待という感じです。

UWPはユニバーサルウインドウズプラットフォームということで,PCアプリや、スマホアプリ、xBoxでも動作するプログラムを作れるのが魅力かな。

ウインドウズフォンはちょっとまだまだ。。。だけど、アンドロイドや、iOSにも対応しています。

でも、すでにアンドロイドの開発環境や、iOSの開発環境を持っている人が多いのでどこまで使う人が増えるかということですかね。

UNITYをVisual studio 2015 で対応しているのでゲーム作る人にとってはUWPになっていくのかな?

まぁ、ただ単に趣味でUWPを作るのは比較的簡単にできます。

何個かUWPを作るとすぐに慣れると思います。

あ! そうそう、シュミレーターを使えるのですが、Windows10PROでないと、バーチャル環境のHyper-Vが使えないので、もし試すならWindows10PROにするとシュミレーターが使えて便利ですよ。


15時間でわかる UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリ開発集中講座
クリエーター情報なし
技術評論社





こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月7日(火)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラズベリーパイでAIのディープラーニングって面白そうだけど。。。

最近、グーグルのTensorflowってオープンソースの人工知能をPCや、ラズベリーパイで試している雑誌をよく見ます。 インターフェースでもやってます。 

開発環境はPythonを利用するみたいです。 リナックスとマック上でゴリゴリとディープラーニングをさせる方法だけだったみたいですが、最近ウインドウズにも対応しました。

Python3.5とC++を使いながらTensorflowでひたすらディープラーニングするのですが、理論などは難しくてさっぱり頭に入らず。。。

まだ、とりあえずの理解なのだけど、画像処理をディープラーニングで判別できるのでこれからはスキルとして必要になるのだろうと感じます。

CPUだと演算が少し遅く感じるみたいなのですが、GPUへの変換も数行のプログラム変更でできます。

まだまだ、情報が少ないけど少しでも気になったら遊んでみるのはいかがでしょう。

英語ですが、ホームページで情報が公開されてます。

でも、はじめは本である程度理解するほうが早いかもしれません。



ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
クリエーター情報なし
オライリージャパン
こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月6日(月)のつぶやき

こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラズベリーパイ3で人工知能で遊べる時代ですね。

グーグルのTensorFlowって人工知能のフレームワークが無料で公開されているのを知りました。

PythonとC++で作っていくみたいですが、ラズベリーパイ3とも相性が良いみたいです。

リナックスベースで開発するのも良いですけど、Windowsにも対応したみたいです。

実はラズベリーパイ上でも動くみたいなので興味があったら挑戦してみるのはいかがでしょう。

ラズベリーパイ3でタイプBを利用するのがスペック的にベーターです。

Raspberry Pi 3 MODEL B 【RS正規流通品】
クリエーター情報なし
Raspberry Pi




ラズベリーパイも人工知能になるのですね。 すごい時代だ。
こちらをクリック⇒Amazon ラズベリーパイのいろいろ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ