みんなしてなんとかしよう!

私は本気でこの世の中から貧困や飢餓、難民や紛争を無くしたいと思っています。そのために一緒に行動してくれる仲間を得たいです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

麻生太郎財務相兼副総理さまへ

2017-06-15 08:52:39 | 日記
麻生太郎財務相兼副総理さまへ

初めまして。西尾敬吾と申します。
私は左、革新、リベラルでして、あなたとは商売仇なのですが、共謀罪の参院通過が目前に迫り、居ても立っても居られず、押してダメなら引いてみなで、こうしてあなたにメールする次第です。

さて、アンチ自民アンチ巨人の私ですが、あなた様が首相だった時のことは、ちゃんと覚えています。確か住民1人1人に、1万5千円ぐらい配ってくれたはずです。みんな、今までの公共事業への投資は、じゃあ何だったのか、と反発しましたが、私はありがたく使わせていただきました。今でも感謝しています。

そして今も財務相兼副総理として、生活困窮者や年金生活者の方がたに、お金を配っておいでで、頭が下がる思いです。私は公共事業に数兆円も使うぐらいなら、また住民全員にお金を数万円ずつ配った方が、経済効果があると思います。もちろん、今度は一時金ではなく、恒久的に配り続けて欲しいです。

あなたももうお気付きだと思いますが、公共事業への投資は、一部の大手ゼネコンを潤すだけで、末端の、下請け、孫請け、あるいは更に下の零細工事事業者の工事員には、それこそ滲み出る程度のお金しか行き渡りません。これではいくら公共事業に投資しても経済効果は望めません。本当は消費税の完全廃止と、付加価値税の導入こそが効果のある経済政策です。

なぜ明治維新後のこの国のように、ヨーロッパ諸国のいいとこ取りができないのか、私には理解できません。あとは累進課税の強化です。あなた様もお金持ちですが、この国にもあなた様よりもずっと大金持ちである者たちはいっぱいいます。パナマ文書でその一端が明らかになったように、お金はあるところにはあるのです。

しかも大金を持っているくせに使わず、もっとお金を欲しがるという者たちです。私に言わせれば一種の偏執狂患者です。こういう者たちには累進課税の強化という治療が必要です。かつてこの国でも消費税導入前は、累進課税率がもっと高かったです。消費税導入後から、中小の零細業者から潰れていきました。現在の不安定雇用者の増加も、元を正せば消費税の導入が原因です。

あとは低用量ピルの全面解禁をお願いします。小さな薬屋さんでも、自動販売機で24時間、コンドームは売っています。同じように、ピルも、月200円ぐらいまで値下げして、自販機で手に入るようにして欲しいです。少子高齢化はこの国にとって致命傷になりかねません。しかし、消費税のせいでこの国の経済は疲弊し、若い人たちは、結婚どころか恋愛さえできないありさまです。

ヨーロッパ諸国のように、ピルを全面解禁することが必要です。もちろん、ネット通販でも簡単に買えるのですが、まだ割高で一般に普及しているとは言えません。言い忘れましたが、ワークシェアリングも経済効果絶大です。朝日新聞に載っていたのですが、1970年代のオランダで、慢性的な不景気に苦しんでいたところ、ワークシェアリングを導入した結果、働く女性たちの収入が増え、国内消費が刺激され、オランダの奇跡と呼ばれる経済成長を成し遂げたそうです。

ワークシェアリングは現在のドイツでも導入され、失業者の救済に役立っています。ほんの3〜4時間の労働でも正規雇用扱いになって、厚生年金にも加入できるようです。今の若い世代には、ピルの全面解禁による、恋愛・結婚と、ワークシェアリングによる仕事が、何よりの恩恵になります。言い忘れましたが、性感染症予防のため、ピルとコンドームの併用が良いと思います。

コンドームを使うのならピルは不要というのは逆説です。もっと女性たちが性に対しておおらかになってくれなければ、若い世代は安心して恋愛・結婚することができません。そのくらい、この国の経済は閉塞状態にあります。肉食系女子だの草食系男子だの、女性週刊誌は無責任なことを言っていますが、本当はピルを普及させるような記事を書くべきなのです。

まだ、書きたいことはありますが、長くなるのでこの辺で失礼します。
お忙しい中、読んでくださって、どうもありがとうございましたm(_ _)m

最後に、ローゼン閣下こと麻生太郎さまに、動画を送りたいと思います。
https://youtu.be/FmCys68ELpg




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 처음 뵙겠습니다.  | トップ | 「ヤケドしたくなきゃ、ボク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。