Light stream

日記、経営学、ビジネス関連、読んだ本の感想
などなど気ままに記していきます。

ネットワークビジネスの勧誘について

2016-11-26 01:33:41 | 自分のこと

まず初めにこの記事を記載する前に述べておきたいことがあります。


それは、ネットワークビジネスは自分はやりませんが、
真剣にやって成功している人も知っているので否定はしないということ。

土日や自分のプライベートの時間を削って、
真剣にやっている人も沢山います。

セミナーや自己啓発に励んで真剣にやっている人、
成功して多くの富を得ている人もいますので。

ですが、勧誘方法が悪質だったり、
そのビジネスの特性上の問題があり、
自分はやりたくないと思っています。

過去に何社か勧誘をされ、実際にセミナーに行ってみたり、
成功していると思われる人と会ってお話をしたこともあります。

この一年だけで3人から勧誘を受け、全て断りました。


今年、過去最高に悪質な勧誘を受けたので、下記に記載しようと思います。


彼と知り合ったのは去年の12月でした。
そこから、彼が主催する飲み会に誘われるようになり、
合コンに誘われたり、実際に何度か会うことになり仲良くなりました。

そして、彼がビジネスの勉強をしている事を知り、
経営者のセミナーにもよく行って本も沢山読んでいるのを知りました。

彼が主催する飲み会で多くの人を集めている事、
事業を起こしたいので、経営者に指導を受けているという話を聞いたので、
ネットワークビジネスをしているのではないかな、と疑っている部分もありました。

探りを入れる為に、他に二名の人からネットワークビジネスに誘われ断ったこと。
そして自分は絶対にやらない事を話しました。
共通の友達が二名いたので、その友達にも話をし、探りを入れてもらいました。

彼の口からもネットワークビジネスについての批判も聞いたので、
その結果、彼はやっていないということに結論づけました。

しかしその結論は残念ながら裏切られる結果となってしまいました。
彼はネットワークビジネスをしていて、
それを隠して、違うビジネスをしていると思わせこみ、自分を長期的に勧誘してきたのでした。


彼に誘われたある飲み会に二回参加し、
彼が指導を受けている経営者の人に会わせてくれるというので会って話を聞いてきました。

何のビジネスをしているのかは貿易系と、飲食店経営という事だけを聞きました。


後日彼と会った時に、二人で飲むのかと思って会ったら、当日急にこの前会った人の師匠に会わせるから、
これからその人のオフィスに行くという事を言われ行くことになりました。

この時点で過去に行った二回の飲み会が、ネットワークビジネスの巣窟であったことを悟りました。
決定打は、彼が話した「今日会う人の友達の〇〇さんが凄い人で」という話で確信しました。

何故ならその人物を自分は四年前に知っていたから。

残念でしたが、何も知らないふりをして、その成功している人の話を聞いてきました(笑)


30分くらい話したかな。
やっている事と、目指している事とか色々聞かれましたが、
彼らがやっている事は何も話してくれませんでした。

その時の自分の情報は、目の前で話をしている人がこの前会った人の師匠だということ。
そして今話をしている高級マンションの中。

という事くらいで。
何をして成功しているか具体的な話もなく、何をしているかもわからず、
ただ高級マンションをチラつかせて、友達から聞いた情報だけで、
目の前のこの人が凄いと思えるか。

残念ながら、凄い人とは思えないよ。

詳細は次に会った時に話すから、その時までに決断して欲しいみたいな事を言われましたが。


これって、例えるなら車を買うのに、外観だけしかわからないで商品を買えと言っている事と同じだよね。
ブランドや性能とか知らずに買う人っていないでしょう。

会社取引でも同じ。会社概要や会社の信用しらないで取引しないでしょう。
世の中そんな甘くない。

数カ月間に渡り、無駄な時間を使ってしまった自分が馬鹿だったなと。

今回はかなり悪質な勧誘だったと思いました。


長くなったので、ここでやめます。

次回はネットワークビジネスの性質について、
自分なりに分析した事を書いていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去でも未来でもなく今を・・・ | トップ | コールセンター・SVの仕事【... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自分のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL