経営支援情報

企業の利益創出支援および持続経営戦略

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第81回 お約束だから・・(参議院選挙に負けた総理の言葉)

 | Weblog
 参議院選挙が終わった。
民主党の大勝。自民党の惨敗。
記者『総理、このような大差でも総理は継続されるのですか』とキツイ質問。
総理『改革をすると国民に“約束”していますので、引き続いて政権を継続します』
この回答はおかしくはないか。

 “約束”とは相手があってのことだが、相手が『そんな約束はいいよ』と言ったら、約束もなにもない思うのだが・・・。
契約書と同じで、契約していても相手が不履行であれば、それは藻屑である。
総理の言葉は不思議だ。

 国民が自民党さん、もういいよ。総理、もういいよ、と言ったことと同じだと思うのだが。
もし、国民が、総理がやろうとしている改革を期待し、望んでいると思うのであれば、衆議院を解散して、その真偽を問うべきである。しかも、堂々と。

 真に国民のための改革を望むのであれば(他党でも同じだが)、衆議院で勝負に出て、それに勝ってから、改めて、その改革を堂々と進めればよいではないか。
改革の内容、使命に自信があり、それに燃えているのであれば、衆議院の解散をし、それを強く訴えればよい。

 仮に参議院は、政権は担当できない、という論理でしがみついているのであれば、国民を愚弄していることと同じであり、選挙民をないがしろにしていることと同じではないか。

 わたしも今まで、社員に、妻に、家族にたくさんの“約束”をしてきた。
しかし、そのいくつが果たせただろうか。
相手が愛想をつかして、“そんな約束なんかいらない”と言ったら、それでおしまい。

 keiei@keisou.com 中村英勝

  
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第80回 他利は自利(たり... | トップ | 第82回 領収証はコピーす... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自民党惨敗の課題は?! (土屋アンナ動画日記)
自民党 歴史的惨敗参議院選挙で自民党が大敗した。
自民党惨敗で残る問題 (ゆずベスト日記)
自民党 歴史的惨敗参議院選挙で自民党が大敗した。
安倍首相続投 (ゆずベスト日記)
自民党 歴史的惨敗参議院選挙で自民党が大敗した。