コンサルタントのためのコンサルタントが毎日複数のブログを提供

1970年代以来の経験をもとに経営コンサルタントを目指す人やプロだけではなく、経営者・管理職向け情報も多数ご提供

■■起業ビジネスのアイディア創出法1 【独立起業・転職支援】

2015-01-24 14:34:08 | 独立・起業/転職

■■起業ビジネスのアイディア創出法1 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

 

【質問】起業ビジネスのアイディア創出法1 

 

 起業に当たって、自分のやりたいことと適性などを考えていますが、企業を成功させるためのアイディアをどのように生み出していったらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 新しく事業を創造するには、「ビジネスアイデア」を創出することからはじまります。闇雲に起業したところで、ビジネスが成功するほど生やさしい社会ではありません。 顧客から見て魅力的、かつ競合と差別化できているのかが重要です。

 

 そもそも自分自身が、どんな一体ビジネスをやりたいのかという事業理念を、明確にすることが大事です。理念の実現のためには、まず「ビジネスアイデア」を創出することが重要です。 「ビジネスアイデア」は、事業を持続的に成長させていくうえで、非常に重要です。 「ビジネスアイデア」とは、さまざまな創出パターンが存在しています。

 

 ベンチャー企業には、大企業では成しえない「ビジネスアイデア」を創出し、それを実現することこそが求められています。それでは、新しいビジネスの創造において、「ビジネスアイデア」をどのように創出したいったらよいのでしょうか? 「ビジネスアイデア」の創出方法として、大きな2つの観点に基づいて捉えることができます。 具体的には、「個人的観点」と「社会的観点」といった大きな2つの観点を基に、「ビジネスアイデア」を創出することができます。

 

<続き> J-NET21

 

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■仕事におけるやりがいの探し方 【独立起業・転職支援】00

2014-12-22 16:49:30 | 独立・起業/転職

■■仕事におけるやりがいの探し方 【独立起業・転職支援】00

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】仕事におけるやりがいの探し方 

 

 仕事には適性もあるのかも知れませんが、やりがいがいある仕事という観点も重要だと思います。起業に当たって「やりがいのある仕事」、やりがいをどのように探したらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 自分自身の「適性」とは、いったい何をするのが向いているかということで、比較的わかりやすいと思いますが、「やりがい」となると少し異なり、人それぞれより感じ方に差異があります。

 

 そういう意味では「幸せ」と似ているかもしれません。同じ状況にあっても「幸せ、不幸、どちらでもない」と意見が分かれるように、同じ業務をこなしていても、「やりがい」を感じる人と、そうでない人がいるでしょう。

 

 逆に不満すら訴える人がいてもおかしくはありません。どうしてそのような差が出るのでしょう。簡単にいってしまえば、感じ方、感覚の違いによるものですが、本質的には気持ちの持ちようではないかと考えます。ある程度の年齢に達すると、感じ方や感覚を変えることは難しいですが、気持ちの持ちようということであれば、自分の意識で変えることができるはずです。

 

 仕事における「やりがい」とは、本来探すものではなく、見出すものではないでしょうか。過去の仕事のなかにも、そして気乗りがしなかった業務のなかにも「やりがい」は見つけだせるかもしれません。

 

<続き> J-NET21

 

■■ ブログの読み方がわかれば情報通  ←クリック

 ブログの性質を知ると情報の質が上がります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■自分の適性を考える 【独立起業・転職支援】01

2014-11-24 13:13:11 | 独立・起業/転職

■■自分の適性を考える 【独立起業・転職支援】01

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】自分の適性を考える 

 

 起業を考えていますが、自分がやりたいことと適性ということが一致する必要はあるのでしょうか?

 

【回答】

 

 自分自身の「適性」とは、いったい何をするのが向いているかということで、比較的わかりやすいと思いますが、「やりがい」となると少し異なり、人それぞれより感じ方に差異があります。

 

 そういう意味では「幸せ」と似ているかもしれません。同じ状況にあっても「幸せ、不幸、どちらでもない」と意見が分かれるように、同じ業務をこなしていても、「やりがい」を感じる人と、そうでない人がいるでしょう。

 

 逆に不満すら訴える人がいてもおかしくはありません。どうしてそのような差が出るのでしょう。簡単にいってしまえば、感じ方、感覚の違いによるものですが、本質的には気持ちの持ちようではないかと考えます。

 

 ある程度の年齢に達すると、感じ方や感覚を変えることは難しいですが、気持ちの持ちようということであれば、自分の意識で変えることができるはずです。仕事における「やりがい」とは、本来探すものではなく、見出すものではないでしょうか。過去の仕事のなかにも、そして気乗りがしなかった業務のなかにも「やりがい」は見つけだせるかもしれません。

 

<続き> J-NET21

 

■■ 経営コンサルタントをめざす人が必ず見る情報  ←クリック

 経営コンサルタント歴35年の智恵が凝集されています

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <個人情報保護法への実務対応>

2012-03-01 13:40:00 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <個人情報保護法への実務対応>

 

 

 

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。

 

 

 

■ 個人情報保護法への実務対応

 

「個人情報」とは?

 

 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別することが可能な情報のことを言います。また、その情報単独では個人を識別できなくても、ほかの情報と照合することで個人を特定することができれば、個人情報に該当します。具体的には、

 

?氏名、生年月日、電話番号、会社における職位や所属

?本人が判別できる映像などの情報

?特定の個人を識別できるメールアドレスなどの情報

 

などのことを指します。

 

 これらの個人情報をデータ化しコンピュータ処理することで、利便性は飛躍的に向上しますが、それと同時に情報が漏えいする危険性も高まっています。一度でも情報が漏えいしてしまえば、データは次々と不特定多数の人に広がる可能性があります。

 

 個人情報保護法への実務対応

◇ 企業全体としての取り組み

◇ 従業員情報について

 

<続きおよび詳細 J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <労働時間管理の基本>

2012-02-23 15:03:00 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <労働時間管理の基本><o:p></o:p>

<o:p></o:p>

  

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p></o:p>

  

■ 労働時間管理の基本<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 労働基準法(以下「労基法」)では、労働時間について次のように定めています。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 ?1日の法定労働時間=8時間<o:p></o:p>

 ?1週間の法定労働時間=40時間<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 企業はこの法定労働時間を基本として、労働者の労働時間を管理していきます。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 法定労働時間・休憩・休日<o:p></o:p>

◇ 時間外労働・年次有給休暇<o:p></o:p>

◇ 変形労働時間制・フレックスタイム制・見なし労働時間制<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続きおよび詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ しりとく経営情報 クリック<o:p></o:p>

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <販売・仕入管理業務をチェックする>

2012-02-16 16:54:00 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <販売・仕入管理業務をチェックする><o:p></o:p>

<o:p></o:p>

 

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p></o:p>

 

■ 販売・仕入管理業務をチェックする<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 販売・仕入部門が抱える問題点<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 企業には顧客満足の観点から、多頻度小口の注文やサービス時間延長の要請への対応など、販売・仕入業務の高度化が求められています。また、商品に対する要求も、価格、品質ともに厳しくなっています。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 このようなことを背景に、各企業における販売・仕入部門において、次のような問題の発生が懸念されるようになっています。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

?効率的な業務運営がなされていないことから品切れを生じ、販売機会の損失を招く<o:p></o:p>

?業務の複雑・煩雑化で手間が増大し、コストが増加する<o:p></o:p>

?各業務機能が発揮されていないことによるリスクが顕在化する(売掛金の回収不能、過剰在庫、顧客・仕入先とのトラブル増加など)<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 販売・仕入管理の意義<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 顧客のニーズはたえず変化しており、近年その変化のスピードはいっそう上がっています。ニーズに対応し顧客が満足する商品を提供し続けるためには、販売や仕入業務の体制を常に変革していく必要があります。これを怠ると前述したような問題が顕在化し、自社の経営を危ういものにすることになりかねません。<o:p></o:p>

  こうしたことを避けるための出発点は、販売・仕入管理の意義を明確に認識していくことです。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

  販売・仕入管理の意義は、顧客満足を主眼におきつつ、<o:p></o:p>

 自社の適正利益を確保する業務システムを構築し、不断の改善を実行していくこと <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

にあります。したがって、<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

?顧客ニーズの把握とそれに見合った商品の提供<o:p></o:p>

?効率的な商品(資本)投下にともなう適正利益の確保<o:p></o:p>

?販売機能、在庫機能、仕入機能の連携<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

を基本に据え、改善点を見つけていくことが大切です。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 販売・仕入管理の基本をチェックする<o:p></o:p>

◇ 販売管理業務をチェックする<o:p></o:p>

◇ 仕入管理業務をチェックする<o:p></o:p>

◇ 在庫管理業務をチェックする<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続きおよび詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ しりとく経営情報 クリック<o:p></o:p>

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <消費税の基礎知識>

2012-02-02 09:05:00 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <消費税の基礎知識><o:p></o:p>

<o:p></o:p>

 

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p></o:p>

 

■ 消費税の基礎知識<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 消費税および地方消費税(以下、消費税という)は、事業として対価を得て行われる資産の譲渡・貸付・役務の提供をその課税対象としています。すなわち、ほとんどの商品やサービスの消費に対して課税される間接税というわけです。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 つまり、事業者に負担を求めるのではなく、流通の各段階において順次課税され、最終的には消費者が税金分すべてを負担することになります。しかし、実際に納税しているのは生産・流通・小売段階の事業者です。課税対象となる商品などがいくつかの生産・流通・小売段階を経ている場合、各段階の取引で消費税が課税される仕組みになっているため、そのままでは二重三重の課税が行われることになってしまいます。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 消費税の計算方法<o:p></o:p>

◇ 中小規模事業者が受けられる特例<o:p></o:p>

◇ 申告・納付方法<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続きおよび詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ しりとく経営情報 クリック<o:p></o:p>

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <決算書の作成>

2012-01-26 07:38:49 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <決算書の作成><o:p></o:p>

<o:p>

  

</o:p>

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p>

 

</o:p>
■ 決算書の作成 <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

  商人は日々の取引を帳簿などに記録し、保存しなければなりません。この取引を集計し、まとめたものが、企業の財政状態や経営成績を表す決算書(貸借対照表、損益計算書)といわれる書類です。具体的には、貸借対照表や損益計算書は1.期中取引の仕訳→2.決算修正の仕訳→3.貸借対照表及び損益計算書の作成の手順で作成されることになります。決算書は、利害関係者(株主や金融機関などの債権者など)へ報告することのみを目的として作成されるのではなく、経営者が自社の財政状態や経営成績を把握・分析し、今後の事業計画を立てる資料としても非常に重要な書類となりますので、適時に・正確に作成する必要があります。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 期中取引の仕訳<o:p></o:p>

◇ 決算修正の仕訳<o:p></o:p>

◇ 貸借対照表及び損益計算書の作成<o:p></o:p>

◇ 決算書の構造<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

まとめ<o:p></o:p>

  • 期中取引の仕訳 ⇒ 複式簿記により仕訳を切る<o:p></o:p>
  • 記録の三大原則 ⇒ 網羅性・立証性・秩序性<o:p></o:p>
  • 決算取引の仕訳 ⇒ 期中取引の修正<o:p></o:p>
  • 決算書は正確に作成 ⇒ 決算書は経営の意思決定に重要な書類である<o:p></o:p>
  • 貸借対照表 ⇒ 決算時の財政状態を表す<o:p></o:p>
  • 損益計算書 ⇒ 会計期間の経営成績を表す<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続きおよび詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ しりとく経営情報 クリック<o:p></o:p>

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <決算書の作成>

2012-01-19 13:25:14 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <決算書の作成><o:p></o:p>

                  

<o:p> </o:p>

                  

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

                  

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

                  

<o:p> </o:p>

                  

■ 決算書の作成 <o:p></o:p>

                  

<o:p> </o:p>

                  

  商人は日々の取引を帳簿などに記録し、保存しなければなりません。この取引を集計し、まとめたものが、企業の財政状態や経営成績を表す決算書(貸借対照表、損益計算書)といわれる書類です。具体的には、貸借対照表や損益計算書は1.期中取引の仕訳→2.決算修正の仕訳→3.貸借対照表及び損益計算書の作成の手順で作成されることになります。決算書は、利害関係者(株主や金融機関などの債権者など)へ報告することのみを目的として作成されるのではなく、経営者が自社の財政状態や経営成績を把握・分析し、今後の事業計画を立てる資料としても非常に重要な書類となりますので、適時に・正確に作成する必要があります。<o:p></o:p>

                  

<o:p> </o:p>

                  

◇ 期中取引の仕訳<o:p></o:p>

                  

◇ 決算修正の仕訳<o:p></o:p>

                  

◇ 貸借対照表及び損益計算書の作成<o:p></o:p>

                  

◇ 決算書の構造<o:p></o:p>

                  

<o:p> </o:p>

                  

まとめ<o:p></o:p>

                  
                       
  • 期中取引の仕訳 ⇒ 複式簿記により仕訳を切る<o:p></o:p>
  •                    
  • 記録の三大原則 ⇒ 網羅性・立証性・秩序性<o:p></o:p>
  •                    
  • 決算取引の仕訳 ⇒ 期中取引の修正<o:p></o:p>
  •                    
  • 決算書は正確に作成 ⇒ 決算書は経営の意思決定に重要な書類である<o:p></o:p>
  •                    
  • 貸借対照表 ⇒ 決算時の財政状態を表す<o:p></o:p>
  •                    
  • 損益計算書 ⇒ 会計期間の経営成績を表す<o:p></o:p>
  •                   
                  

<o:p> </o:p>

                  

<続きおよび詳細><spanstyle='font-size:11.0pt;font-family:"ms>

 J-NET21<o:p></o:p>

</spanstyle='font-size:11.0pt;font-family:"ms>

                  

<o:p> </o:p>

                  

■■<spanstyle='font-size:11.0pt;mso-bidi-font-family:"times> 

しりとく経営情報

<spanstyle='font-size:11.0pt;mso-bidi-font-family:"times> 

クリック<o:p></o:p>

</spanstyle='font-size:11.0pt;mso-bidi-font-family:"times></spanstyle='font-size:11.0pt;mso-bidi-font-family:"times>

                  

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <キャッシュフロー経営の基本>

2012-01-05 16:22:10 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <キャッシュフロー経営の基本><o:p></o:p>

<o:p>

 

</o:p>

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

■ キャッシュフロー経営の基本 <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 キャッシュフロー経営とは、企業の生み出す資金に着目して、そのコントロールを重視する経営管理手法です。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

?「勘定あって銭足らず」の経営にならないよう心がける<o:p></o:p>

?現代会計は、「発生主義」といって、資金の出入りと関係なく会計処理されていることに注意する。<o:p></o:p>

?利益と資金の増減額の乖離要因で、もっとも代表的な科目は、「減価償却費」である。<o:p></o:p>

?資金を管理する計算書は、いくつかあり、それらの特長をとらえて作成する。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 会計原則 - 発生主義と現金主義<o:p></o:p>

◇ 減価償却<o:p></o:p>

◇ 資金管理計算書の種類とその内容<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続きおよび詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ しりとく経営情報 クリック<o:p></o:p>

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <会計の基礎知識>

2011-12-15 07:47:07 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <会計の基礎知識><o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

■ 会計の基礎知識 <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 昔、商業が一度の航海で得た利潤を帰国後に出資者に配分し精算する形態をとっていた時代には、現代会計のように多くの決まりごとはなく、たんに一航海間の資金の増減から損得を把握してきました。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 しかし、現代は永続企業を前提に企業経営が行われており、『資金の調達』→『資金の投下』→『利益の実現』の活動を繰り返し、企業として存続しています。そこでこれらの活動を数値化し、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表に反映させるため、さまざまな基本原則が現代会計においては規定されています。以下に、現代会計における基本知識として重要な事項を列挙します。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 取得原価主義<o:p></o:p>

◇ 現実主義と発生主義<o:p></o:p>

◇ 費用収益対応の原則<o:p></o:p>

◇ 資本取引と損益取引<o:p></o:p>

◇ 家計と経営の分離<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ しりとく経営情報 クリック<o:p></o:p>

 経営のヒントが見つかるかも知れません<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう 起業準備としての商圏調査を行う

2011-12-01 07:07:18 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう 起業準備としての商圏調査を行う<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

■起業準備としての商圏調査を行う <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 起業に当たって、自分の対象業種の商圏について知るにはどうしたらよいのでしょうか?そのためには、商圏調査という方法があります。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 商圏調査を行うためには、自店の商圏を確定させることが必要です。一般的には、「最寄り品(日常的に高頻度で購入される商品。野菜・魚・肉・日用雑貨品など )の商圏は、自店を中心とした半径500メートル、買い回り品(その商品を買うために複数の店を見てまわり、価格、スペック、デザインなどを比較して決める商品。家具や電化製品など)では半径1000メートル程度の円形」といった考え方があります。ここでは商圏調査の方法をご紹介します。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 ◇ 商圏の想定<o:p></o:p>

 ◇ 世帯数の調査<o:p></o:p>

 ◇ 商品の消費額の調査<o:p></o:p>

 ◇ 市場規模の計算<o:p></o:p>

 ◇ 競合店の営業状況の把握<o:p></o:p>

 ◇ 競合店とのシェア配分の考え方<o:p></o:p>

 ◇ 通行客を調査する<o:p></o:p>

 ◇ 顧客(潜在顧客)のセグメンテーション<o:p></o:p>

 ◇ 商圏を歩いて調査する<o:p></o:p>

 ◇ 適切な売上計画を立案する<o:p></o:p>

 ◇ 競合店の長所を取り入れる<o:p></o:p>

 ◇ 商圏にあった商売<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

詳細 J-NET21<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

■■ 小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 クリック<o:p></o:p>

 経営コンサルタントはどのように企業支援をするのか、とどのように付き合ったら良いのか、小説を通して擬似体験して下さい。<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう 起業のスタイル

2011-11-24 07:28:25 | 独立・起業/転職

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう 起業のスタイル<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。<o:p></o:p>

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

■起業のスタイル <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 起業と一口にいっても色々なスタイルがあります。どのようなスタイルが多いのでしょうか。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 世の中には、スピンアウト、スピンオフ、社内ベンチャー、学生ベンチャー、大学発ベンチャー等々起業家をめざす人たちがたくさんいます。さて、あなたは起業家向きですか?それともサラリーマンをしている方が適しているのでしょうか?<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 起業家に向いているか?<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 1.なぜ起業をめざすかはっきりしていますか<o:p></o:p>

 2.あなたは「でも」派ではないですか<o:p></o:p>

 3.もし、あなたにこれをしようと情熱をもってしたいことがなければ<o:p></o:p>

 4.周りの人はあなたの起業に賛成ですか、そして協力的ですか<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 ビジネスシーズは何か<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 ビジネスシーズの考え方には、二通りあります。一つ目は、自分がやってみたいことがある、二つ目はこれから成長しそうな分野のビジネスを狙うことです。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 1.パラダイムシフトを起こした日本の産業構造<o:p></o:p>

 2.日本に残されたビジネスは<o:p></o:p>

 3.あなたはどれをビジネスシーズとしますか<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ ビジネスモデルはどうしますか<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 1.あなたの強みって何ですか<o:p></o:p>

 2.ビジネスをデザインするとはどんなことでしょう<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ あなたが起業して、その成功のイメージってどう描きますか?<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

◇ 自分にあった起業スタイルってどんな形<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 (1)まずは、個人事業形態か法人形態にするか<o:p></o:p>

 (2)法人形態の種類<o:p></o:p>

 (3)さて、どの事業形態を選びますか?<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

詳細 J-NET21<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■起業支援サービスの活用:SOHO支援団体 【独立起業・転職支援】

2011-11-21 16:02:33 | 独立・起業/転職

■■起業支援サービスの活用:SOHO支援団体 【独立起業・転職支援】<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。<o:p></o:p>

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。<o:p></o:p>

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。<o:p></o:p>

 【 注 】一部重複掲載することがあります。<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

【質問】起業支援組織 <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 起業支援の組織・団体があるということを聴きました。どのようなもので、何をしてくれるのでしょうか?<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

【回答】起業支援サービスの活用:SOHO支援団体<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 SOHOは、"Small Office/Home Office"の略称であり、「小スペースのオフィスや自宅を仕事場とし、情報通信ネットワークを使って従事する個人事業」として広く認知されています。またSOHOは近年、企業に雇用されなくてもスキルさえあれば個人で小資本からできる起業スタイルとしても注目されてきています。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 しかし一方では、限られた人員で事業を行なわなければならないため、経営管理や多方面にわたる経営知識の面で不備が発生することも多く、様々なトラブルや不安が生じやすいとも考えられます。SOHOというスタイルで事業を始められる際は、全国または地域のSOHO支援団体を活用して、経営情報や経営ノウハウなどの不足を補い、また、他の各種便益も同時に享受するという選択が賢明だといえます。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 日本のSOHO支援団体の形態は、財団法人、特定非営利活動法人、そして有志が集まって運営している任意団体など多岐にわたります。団体の規模も、数万人の会員を抱えるところから数人(数社)の会員だけで運営しているところまで様々です。会員制の団体が多く、会費も無料のところから月額数千円のところまで様々です。支援内容に関しては、SOHO事業者向けの経営情報・経営ノウハウやセミナー・イベント情報を提供しているところが多いようですが、会員を対象に、コンサルティング、福利厚生サービス、スキルを持った会員をホームページ上で紹介するなどの支援をしているところもあります。また、サービス対象を女性や高齢者などに特化した団体も存在しています。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 SOHO支援団体には、地域に特化したところも存在します。地域特化型の団体に関しては、全国対応型の団体に比べて支援内容の種類は少ないケースが多いようですが、協同組合のような形態をとって地域のSOHO事業者同士が共同で仕事を受注するところ、地域のSOHO事業者へ施設を提供するところなど、地域に根ざした支援を行っているところが多いようです。また、地域特化型のSOHO支援を行っている団体には地方自治体が多いという特徴もあります。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続き> J-NET21<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■■起業の方向性を考える外食業界の動向 【独立起業・転職支援】

2011-11-18 17:19:42 | 独立・起業/転職

■■起業の方向性を考える外食業界の動向 【独立起業・転職支援】<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。<o:p></o:p>

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。<o:p></o:p>

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。<o:p></o:p>

 【 注 】一部重複掲載することがあります。<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

【質問】外食産業での起業 <o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 レストランのシェフをやっていましたが、外食産業での起業を考えています。市場動向はどうなっていますでしょうか?<o:p></o:p>

<o:p>

</o:p>

【回答】外食業界の動向<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 財団法人食の安全・安心財団によれば、外食業界は飲食店や居酒屋などを主とした「給食・料飲主体部門」と、弁当給食を除いた宅配や持ち帰り惣菜店などの「料理品小売業」とに大きく分かれます。一般的には前者を「狭義の外食」、後者を「中食」と呼び、両者合わせたものを「広義の外食」と呼んでいます。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

 財団法人食の安全・安心財団の資料によれば、2009年の外食業界市場規模は、外食(狭義)で23.9兆円、中食で5.6兆円、両者を合わせた外食(広義)で29.5兆円となっています<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

<続き> J-NET21


201110



<o:p></o:p>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加