経営コンサルなんて役に立つんですか?! -経営現場の本当の話-

神戸三宮の経営コンサルティングファーム代表である水野敦之が、生々しい経営の現場を語らせて頂きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お金をくれる人はいい人  -必ず役立つ経営現場の本当の話(356)-

2017年07月27日 01時52分13秒 | 経営
お金をくれる人はいい人。

ある比較的大きな弁護士事務所のボス弁(経営者の弁護士を指す業界用語)が仰った言葉です。

当時は弁護士の営業活動、広告等が今よりも制限されていたので、弁護士は営利を求めてはいけないという倫理観が強く求められていました。

よって、このような発言をするボス弁はイソ弁(自分の事務所を持たずに経営者の弁護士に従属している弁護士を指す業界用語)から軽蔑されたわけです。

しかし、今も昔も弁護士は営利活動をしてはいけないと言われても経営をする以上、イソ弁やパラリーガルや秘書を養う責任がボス弁にはあるわけです。

その意味では通常の会社経営者と同じです。

お金をくれる人はいい人に決まっています。

収入がなければ家賃も払えなければご飯を食べることもできません。

犯罪を犯したり、著しく社会性を欠いたり、犯罪に近いような倫理観の欠如が認めらるようなことをしないということを前提にして、経営者はお金を求めなければなりません。

仕事をやらせておいてお金を払わない輩は多いですし、私もかなりの金額をとりっぱぐれていますが、それを考えればお金をくれる人はいい人そのものです。


そう考えると総合的に考えて利益を生まない従業員は悪い人ということになります。

これは大昔に書いたかもしれませんが、利益を生む従業員は営業担当者とは限りません。

営業畑の社長が会社を潰すと言われるのはこの一番大事なことが分かっていないからです。


本質的な問題として収入がなければそもそも会社は存続しません。

しかし、重要なのは利益です。

もう何兆回と書いていますが、利益は収入と支出の差額です。


非常に優秀な営業社員がいたとします。

その人はまずは収入を確保してくれます。

しかし、社内で問題を起こして、新入社員で気に入らない人がいればいびり倒し辞めさせたり、会社にマイナスになるような活動を徒党を組んでしたりしたとします。

営業で優秀な方はいろいろな意味で個性的で、ある意味組織には適合しない方も多いので、多くの問題を起こすことがあります。

特に営業成績が良いということで管理職にするとまあほとんどの場合失敗します。

実は、そのようなことによる会社の支出ということを考えない経営者が多いのです。

一番の売り上げを毎月確保してくれると経営者もその人を甘やかします。

本人も図に乗ります。

影でいらんことをいっぱいやります。

それをお金としてきちんと換算して本当の利益を把握して経営判断をしておられる経営者は極めて少ないです。

皆無に近いでしょう。

私は個人的には出会ったことはありません。


そのような総合的な観点から考えてお金をくれる人はいい人だと思います。

管理職にしたトップセールスマンが、営業担当者が辞めさせることによる人材の損失や、次から次へと必要となる雇用のための広告費などを考えると実はその方はお金をくれる人ではなくて、お金を吸い取る人かも知れません。

理解してもらえないのかも知れません。

でも本当の話です。本質的な話です。


水野敦之 経歴

presented by
MLLAコンサルティングファーム
私どもは、企業様にてハンズオンで実務を行う経営コンサルタントです。 
現在の非常に難しい経済状況に際して経営の舵取りをどのようにすべきかについて、座学ではなく営業戦略から経営管理まで幅広く現場の経営にも携わりながらコンサルティングさせて頂いております。また、講演も承っております。
神戸だけでなく全国どちらの地域でも対応させて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
必ずお役に立ちます。
なお、MLLAコンサルティングファームは、特定社会保険労務士 経営管理労務事務所(登録番号28080030号)の経営コンサルティング部門の名称です。
現在、経営管理労務事務所は大企業様から飲食店様に至るまで幅広い分野での経営コンサルティングと店舗様用クレジットカード決済事業に特化して業務を行っております。
and
渚プロポーザル株式会社
築地和光は、これまで、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等のマスコミに何十回と取り上げられながらも、誰も真似することが出来なかった唯一無二の飲食店です。
丹羽徳多郎が創出した築地和光の飲食店経営ノウハウを上場企業の役員経験者である水野敦之がビジネスモデルとして実用化しました。
超一流の食材と限界とも言える低コスト店舗経営の奇跡的な融合。
丹羽と水野のコラボにより実現した究極の飲食店経営ノウハウを今、皆さまにお届け致します。


にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

※いつも誠にありがとうございます。本日もブログ村をクリックして頂けれると幸いです。
ジャンル:
コーチング・マネジメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳川家康の名言  -必ず役立... | トップ | 人脈  -必ず役立つ経営現場... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経営」カテゴリの最新記事