初心者の老人です

75才になって初めてVISTAを始めました。

続・映画とテレビジョン

2017年04月21日 20時55分36秒 | Weblog


テレビドラマに出演される

映画俳優さんは、三台のカメラに

囲まれて、ワンシーンを連続して

録画するのにまず、戸惑います

そして,カチンコを使わずに

ADさんの「5秒前…4,3,2…」の

号令にサーッと手で合図されて始まる

録画に馴れるのに大変だったようです



テレビスタジオのあちこちにキャスターに

載せられて自由に移動できる大きなテレビモニターが

数台置かれています

そのテレビモニターにはカメラリハーサルから

録画本番まで,スイッチングされた映像(サブアウト)が

写し出されています



シーン撮りの本番が済んで、VTR室から

「プレビューOKです…」とかえってきます

いま、録画したばかりのシーン(場面)が

早速、プレイバック(再生)できるのです

スタジオに置かれた数台のテレビモニターに

写し出されます







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画とテレビジョン | トップ | 映画の機材 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
即再生 (在豪大阪人)
2017-04-21 21:06:32
フィルムの映画との違い、多々あるようですが 元映画人の目で言うと 何が一番違っていたでしょうか? 素人の私には 録画即再生 これも その一つだと存じます。
ポラロイドカメラ (keidate1)
2017-04-26 18:31:02
在豪大阪人さま。フィルム(映画)での同時録音は大変ですが、ビデオは映像も音声も同時に簡単に録画できます。ビデオはテープを巻き戻せばすぐ、プレイバックできます。銀塩フィルムと電気処理の違いでしょうか?…。銀塩フィルムカメラからデジタルカメラになって、私は、蝶々の接写やスナップショットなど、撮影後、すぐ液晶パネルで確認しています。ポラロイドのインスタントカメラ並みですね…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL