初心者の老人です

75才になって初めてVISTAを始めました。

テレビ生ドラマのセット

2017年01月03日 23時56分13秒 | Weblog


テレビ生ドラマは、始まったら終わりまで

そのスタジオで処理しなくてもなりません

したがって、ドラマに必要なセットはそれぞれ

コンパクトに建てられています

… … …

私はいままで、映画スタジオのセットを

見慣れていましたが、テレビスタジオの

ドラマ用に建てられたセットを見て驚きました



お笑いドラマなら狙いもあるでしょうが

シリアスドラマで城壁が絵に描いた

書き割りのときがありました

劇場の芝居の舞台では、書き割りが

よく使われますが、客席から舞台を観ても

書き割りの前でシリアスな芝居が演じられても

何故か不自然に感じられません

ところが、テレビドラマで書き割りのセットで

ドラマが展開されると、途端に不自然に見えるのでした

テレビドラマの美術デザイナーが舞台演劇の出身でした

私は、えらい世界に飛び込んだなあ…と感じました



劇場の舞台で芝居を観ているときは、書き割りのセットでも

不自然に感じないものが、テレビカメラを通した書き割りの

セットは、通用しないのでしょう

舞台演劇の世界からやって来た美術デザイナーも

感じていたはずですから、しばらくて、書き割りセットは

なくなりました。



書き割り(かきわり)とはー

芝居の大道具の一。木製の枠に紙や布を張り、

建物や風景などを描いて背景とするもの。

いくつかに割れるところからいう





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに大映京都撮影所へ | トップ | テレビのセットは尺貫法で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL