初心者の老人です

75才になって初めてVISTAを始めました。

ズームレンズとテレビカメラ

2016年10月16日 22時21分26秒 | Weblog


テレビカメラはレンズを通った映像を

光電面(イメージ・オルシコン管)で受けます

光電面で受け取った映像信号を本線とファインダーに

分岐します

… … …

最近、流行のミラーレス一眼レフと同じ構造で

テレビカメラはすでに先輩でした

一眼レフはレンズとファインダーのパララックスは

全くありません。テレビカメラは

ズーム・レンズにとって理想的なカメラでした



単レンズを使用するレンズ・ターレット盤式カメラでは

レンズを交換するたびに、ガチャと音がすることがありました

一緒にテレビ番組を制作するスタッフ、音声係から

「もう少し、静かにレンズ・ターレットを操作できないか!…」

とよく、文句を云われました



いつの間にか、テレビカメラはズームレンズが主流に

なりました。

… … …

キヤノンズームレンズは次に10倍、12倍と

ズーム比を上げてきました

撮像できる画面が広がりました



いいことずくめのズームレンズでしたが

思わぬところから苦情を云われました

「松竹新喜劇」の藤山寛美さんから

「あのズームレンズは何とかならないか…」と

私は云われました…







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビにズームレンズ登場 | トップ | 藤山寛美さんとズームレンズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL