初心者の老人です

75才になって初めてVISTAを始めました。

テレビは国産機材で

2017年04月23日 23時38分04秒 | Weblog


映画(活動写真)は舶来の外国製機材で

制作が始まりましたが、

映像の後輩のテレビは最初、外国製機材で

始まりましたが、すぐに国産機材に切り替わって

いきました

映画は銀塩フィルムを使って制作します

銀塩フィルムは現像しなくては,結果がわかりません

外国製機材で制作が始まりました。態度が保守的になって

機材を外国製から国産に切り換えられなかったのでしょう



それに対してテレビ番組は制作しながら放送して消えていきます

テレビの態度は保守的ではなかったようです

テレビカメラのレンズから撮像管のイメージオルシコン管、

カメラ本体、カメラの足回りのペディスタル・ドリー、スタジオサブの

映像機器、音声機器、送信設備、などすべて国産でした



テレビカメラのレベルを監視する(露出計)WFM

(ウェーブ・フォーム・モニター)だけはアメリカの

テクトロニクス製でした。

… … …

テレビ番組を受信するブラウン管式受像機は

すべて国産で,電源周波数、非同期のすぐれものでした








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画の機材 | トップ | テレビカメラとレンズは国産で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL