初心者の老人です

75才になって初めてVISTAを始めました。

松竹家庭劇

2016年10月12日 22時11分26秒 | Weblog


中座の渋谷天外、藤山寛美さんで

人気の「松竹新喜劇」は、熱烈なファンや

一般客のほかに団体さんを受け入れていました

団体さんは劇場、劇団にとって大事なお客さんでした



しかし、団体さんは商店街の大売り出しの

景品としてもらった観劇券で、しかも

弁当付きだから行ってみようか…で

ファンや一般客ほど熱心な観劇客ではありません



昼食の時間が来ると、舞台に関係なく

弁当の包みを開いて、客席がざわざわしてきます

この客席の有様に舞台の俳優さんはどう思っているのか

気になっていました



「松竹新喜劇」からわかれて、同じ道頓堀

朝日座で公演していた曾我廼家十吾(そがのやとうご)の

「松竹家庭劇」生中継の打ち合わせで

楽屋にお邪魔したとき、同劇団の看板女優

由良みち子さんに

「客席で弁当を使っている観客が気になりませんか?…」と

聞いてみました。

… … …

「ようし熱演で、そのお客さんの箸を止めてやろう…」

逆に芝居にファイトが沸いてくる…。と笑顔で

由良みち子さんは話されました

… … …

「松竹家庭劇」の座長、曾我廼家十吾さんは「婆さん役」が

得意芸でした。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道頓堀中座にて | トップ | 思い出の「松竹新喜劇」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL