今日のうた

思いつくままに書いています

一度開けてしまったものは なかったことには出来ない!

2017-07-29 09:37:22 | 核と人間は共存しない
2016年7月29日公開の『シン・ゴジラ』のDVDを観る。脚本・監督は庵野秀明。
軽い気持ちで借りたのだが、脚本も映像も素晴らしいものだった。
さまざまな捉え方があると思うが、私にとってゴジラは放射性物質を象徴していると思う。
海底に眠る不明生物が、海洋投棄された大量の放射性廃棄物に適応して進化する。
時が経ち、巨大不明生物と化した【ゴジラ】が人間社会を襲う。
人間のうろたえ、タテ割り行政のもたつき、なすすべもなく立ちすくむ様は、
福島第一原子力発電所事故の再現のようだ。

日本だけでは手に負えなくなり、アメリカに援助要請をする。ここまではあの時と一緒だ。
映画では、アメリカの対策会議への同席を拒んではいない。
米大統領特使の日系女性が派遣されてくる。
そして意見を言い合いながら共同で戦おうとする。

だがゴジラが進化を続け、米国への襲撃の確率が13%になった時、
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決断する。
まさに日本に3度目の原爆が落されようとしていた。
(この映画が公開された時、トランプ政権は存在していなかった。
 にもかかわらず、アメリカを攻撃し得る北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)が、
 現在のレッドラインであるのとよく似ている)

3度目の核兵器使用に備えて、360万人が東京から避難しはじめる。
カウントダウンが始まる中、アメリカにただただ従属するのではなく、
日本人は独自のやり方でゴジラを壊滅させようと、もがき苦しみ、そしてそれに成功する。
だがこれで終わったわけではない。
主人公は最後に、「ゴジラとの共存」という言葉を使っていた。
「共存」……一度開けてしまったパンドラの箱は、なかったことには出来ないのだ。
ゴジラはいつ復活するかもしれない。
そして私たち日本人も、高レベル放射性廃棄物におびえながら、
10万年以上もの時を共存していく他はないのだ。
せめて私たちに出来ることは、
直ちに原発の再稼働と 使用済み核燃料の再処理を止めることだ!

『シン・ゴジラ』は、日本の過去・現在・未来を象徴している映画だと思った。

最後に安倍氏へ
ゴジラを壊滅させるために、映画では東京での核兵器の使用を許可する場面がありますが、
『特別立法』で事足りましたよ。
あなたが一番欲している【緊急事態条項】は必要ありません。
【緊急事態条項】は、独裁を加速させるだけです。


(74)「国土の3割、核のごみ処分場に『好ましい特性』 経産省 7月28日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASK7X0QTGK7WULBJ015.html?ref=nmail

(74-2)「核ごみマップ 適地は国土の65% 政府が公表 7月28日 毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20170728/k00/00e/040/286000c

(74-3)「『最初の一歩』まで17年 核のごみ、長期戦 『適地マップ』 7月29日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S13061414.html

●下手な鉄砲も数打ちゃ当たるとでも思っているのか!
 使用済み核燃料を再処理した際に出る【高レベル放射性廃棄物】の保管場所が、
 はたして日本にあるのだろうか。
 これまでも「宇宙に持って行けばいい」とか、「モンゴルやオーストラリアなどの
 乾燥地帯に持って行けばいい」とか、「海底に保管すればいい」とか、
 極めて無責任な提言しか、私は聞いたことがない。
 こうしたことに目をつぶってきた国や電力会社、官僚たちは、未来の人たちにどう責任を取るのか!
 もちろん、ずっと無関心で生きて来てしまった私にも責任はある。
 記事の中の、資源エネルギー庁放射性廃棄物対策の幹部の次の言葉に、私は激しい憤りを覚える。

20年後、30年後、人口減少などでしんどくなった自治体が、
財政的な支援を引き換えに受け入れるかもしれない


 こうした人間を人間とも思わない人たちが、原子力政策を担って来たのか!
 また、札束で頬を叩くような次のやり方で推し進めようとすることは、
 非常に非人道的で、あさましく、えげつないやり方だと、私は思う。
 これでも原発は安い電源だと言えるのだろうか!
 わずか数十年の電源のために、十万年以上先の未来の人たちの命をおびやかしてまで
 原発政策を推し進めることは、狂気の沙汰だと、私は思う。

調査を受け入れた市町村などには、最初の『文献調査』は年間10億円、
 次の『概要調査』は年間20億円を上限に交付金が出る
」 

(74-4)「核のごみ、自治体警戒 取り組み加速、求める声も マップ公表
      7月29日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/article_search/detail.html?keyword=%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BD%93%E8%AD%A6%E6%88%92&kijiid=A1001120170729M037-14-008&version=2017072902

(74-5)「(核リポート)10万年埋める核のごみ、候補地どこへ 
       2016年8月24日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASJ8R7VMNJ8RPTIL02Y.html?rm=811




















(画像はお借りしました)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごまかしの政治は もう終わ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。