今日のうた

思いつくままに書いています

安倍政権よ、風を読め!

2016-10-18 09:09:40 | 市民運動
(137)「新潟知事に再稼働慎重派の米山氏 自公系候補らを破る 10月16日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASJBJ5JQ8JBJUTIL00Z.html

● おめでとう! 
 民進党の少しだけの方向転換、そして投票率が前回より10%近く上がったことで、
 風が吹いてきました! 一気呵成にがんばろう!

(138)「原発再稼働『反対』57% 朝日新聞世論調査 10月17日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/ASJBK4H0XJBKUZPS001.html?_requesturl=articles%2FASJBK4H0XJBKUZPS001.html&rm=349

国民の57%が、原発再稼働に反対しているのだ!

(139)「柏崎刈羽原発 防潮堤が液状化の恐れ 地震対策見直し 審査遅れ必至
     10月18日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201610/CK2016101802000118.html

(140)「高線量作業、575人が同意 泊原発で重大事故想定 北電が初の意思確認
     10月17日 北海道新聞」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00010001-doshin-soci

上限250ミリシーベルトとは!!!!!
 歌手のクミコさんが、チェルノブイリを訪れる番組を放送していた。
 その中で、高線量の放射能を浴びると、免疫力全般が低下し、
 様々な病気を引き起こすということでした。
 だいぶ前の日本では「ぶらぶら病」と言って、体のだるさを訴える元原発作業員が
 数多くいたと、原発を扱った写真集で読んだことがあります。
 影響は数年後、数十年後に現れることもあります。
 同意した方々は、もう一度考えて欲しいです。
           ↓
(140-2)「チェルノブイリ30年、その現実~福島の未来を見つめて~ BS朝日」

http://www.bs-asahi.co.jp/documentary/prg_033.html

(140-3)「核兵器禁止条約の賛否、日本示さず 国連総会第1委員会 10月18日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASJBL1V4XJBLUHBI003.html

これでは世界から二枚舌と言われても仕方がないだろう。
 何と一貫性のない、哲学のない、姑息で不誠実な、言葉の信じられない国になってしまったのだろう!
 国の代表が率先してそうなのだから、もう何をか言わんやです。
                ↓
(140-4)「安倍首相『我が党、強行採決しようと考えたことない』10月17日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASJBK51VGJBKUTFK00M.html

●この発言をした時に、安倍首相の顔がゆるんだように、私には見えた。
 どんな不誠実なことを言っても、どんなおちゃらけたことを言っても、
 周りのイエスマンからは、「そうだ!」の助け舟が出される。
 野党からの突込みなど、高が知れている。
 そんな思惑というか、驕(おご)りが見えている、と私は思った。
 以前もこういう場面があった。
 その時に、「もしかしてこの人は、小泉元首相のあの発言をかっこいいとでも思ってきたのか?」
 と勘ぐった。そして自分でも機会があれば、……と?

 あの発言とは、小泉元首相が国会で、非戦闘地域の定義について質問された時の発言である。
 「自衛隊が活動している地域は 非戦闘地域だ」
 
 一国を代表する二人のこの発言を、私は許すことができない。
 国民を舐めきっている。
 人の命に関わることなのに、その重大さが解かっていないように思う。
 こうした態度が、国を荒廃させてゆくのが解からないのだろうか?
 そしてこうした驕りが、弱い立場の人たちへの差別や蔑視を助長してしまうことになる、
 と気づかないのだろうか?
 
 

(画像はお借りしました)

(141)「週のはじめに考える 解散は首相の専権か 10月16日 東京新聞」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016101602000169.html

全く同感です!

(142)「『解散急ぐ必要ない』73% 朝日新聞10月世論調査 10月18日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASJBK4H0YJBKUZPS002.html

●国民の73%が、解散に反対しているのだ!
 こうも 伝家の宝刀 を抜かれたのでは、国民はたまったものではない!
 それに、投票率の低さを狙ってなのか、総選挙を真冬に行うのは止めて欲しい!
 雪国で投票に行きたくても、行けない人が大勢いるのだから。
 ちなみに、
 2012年解散総選挙日(近いうち解散)――12月16日
 2014年解散総選挙日(どういうわけか、アベノミクス解散)――12月14日

(143)「駆けつけ警護、ママは憂える 都内で反対集会 10月18日 朝日新聞デジタル」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12612747.html?rm=150

安倍政権の暴走を止めるには、声を上げ続けることです!
 内戦状態の南スーダンから、すでに撤退している国が多い中、
 なぜ安倍政権は駆けつけ警護の任務を急ぐのか???
 10月16日の「サンデーモーニング」で、的を射た発言を聞くことができました。
 「政権は、早く既成事実を作りたがっている」――納得です!

(144)「南スーダン『和平合意は崩壊』 反政府勢力トップが見解 10月21日 朝日新聞デジタル」

http://www.asahi.com/articles/ASJBP1Q9CJBPUHBI001.html

南スーダンの反政府勢力トップが、『和平合意は崩壊』と言っているのに、
 それでも武器を持って、自衛隊は行って戦えと!!!
 私は安倍首相の次の言葉を、未来永劫 忘れません!

 「 危険な場所であるからこそ 自衛隊が任務を負って武器を携行し、
  現地でPKO活動を行っている」

追記1
10月24日の「NEWS23」の中で、伊勢崎賢治さんが「駆けつけ警護」の訓練映像を観て、
次のような内容を語っていた。

「これでは政府軍を守ることになっている。現状はまったく逆だ。
 PKO5原則はすでに崩壊している。
 内戦状態にあって、情勢が安定しているという国際世論や国連の見方は存在しない。
 (こうした考え方をしているのは)日本政府だけだ。
 (もし誤って自衛隊員が殺傷した場合に)軍法など国が責任を取る法体系がない。
 (そのためか)自衛隊員は撃ちにくい銃を持たされている。
 これでは殉死の可能性が高い」 (引用ここまで)

 敵か味方かの区別もあいまいなまま、万が一に備えての法体系もなく、
 国際世論も国連も「 内戦状態 」と認識している場所に、自衛隊を派遣する。
 そのうえ、撃ちにくい銃を使わせるとは・・・!
 こんな無責任極まりない状態で派遣される自衛隊員や、そのご家族、親戚、友人、隣人・・・のことを
 安倍首相は考えたことがあるのだろうか!
 これで万が一死傷者が出た場合に、どう責任を取るつもりなのか!
 (2016年10月25日 記)
 
 

(画像をお借りしました)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今だからこそ 声を上げよう... | トップ | 驕りと弛み、 差別、忖度、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。