競馬予想で稼ぐコツ

プロ馬券師として活動するノグサが競馬予想で勝てるコツを伝授します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

距離適性が勝負を決めるのか

2017年05月12日 | G1
プリモディーネは、もともと血統的に短距離向きで2400mの距離に疑問が投げかけられていたり、蹄の状態が良くなかったり、という不安を抱えていた。それらに加えて、彼女の鞍上に主戦騎手であるはずの福永騎手の姿もなかった。桜花賞でGl初優勝を飾ったばかりの福永騎手だったが、その翌週、中京競馬場で落馬事故に遭い、重傷を負って長期離脱を余儀なくされていたのである。

 プリモディーネ陣営が福永騎手の代役に指名したのは、桜花賞ではタヤスブルームに騎乗したものの13着に敗れていた藤田伸二騎手だった。とはいえ、もともと不安を抱えての大レースに、テン乗りで臨まなければならない不利は覆うべくもない。もともと桜花賞とオークスには距離が800mも違うため、牡馬の皐月賞と日本ダービーに比べて連動性は小さいとされている。桜花賞馬プリモディーネに対する評価は、決して実績に見合ったものではなかった。

 大舞台へ挑むサラブレッドたちの一挙手一投足をも容赦なく切り刻み、桜花賞馬をも切り捨てるファンや予想家の視線は、桜花賞6着のウメノファイバーにも等しく向けられていた。・・・だが、彼女の状況は、桜花賞馬よりさらに悪かった。いずれも東京競馬場での重賞2勝の実績があるとはいえ、2度のGlではいずれも6着と掲示板すら外して底を見せている。血統的にも父のサクラユタカオー、母の父のノーザンディクティターとも種牡馬としては1600mから2000m前後がベストで、2400mは明らかに長すぎる。ウメノファイバーの評価は、有力視される馬たちに比べると明らかに1ランク、またはそれ以上に低いものでしかなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜花賞は楽しみな一戦になる

2017年05月12日 | G1
好メンバーが揃う桜花賞は2017年の上半期で一番たのしみなレースになりそうだ。

2歳女王に輝きエリート街道を突っ走っているソウルスターリングは不動と言える中心的な存在。

これに逆らう馬がでてくるのが焦点だが、もし出走がかなえばディープインパクトのファンディーナが対抗筆頭になる。

オークスが最大目標と言われているが状態が良ければ桜花賞への出走も視野に入ってくる。

皐月賞へ行っても通用すると言われる大物ぶりを見せてきただけに牝馬同士の枠におさまるのがもったいないとすら感じてしまう。

抜群の瞬発力を誇るリスグラシューも良い馬ではあるのだが成長力では物足りなさが残っている。

抜群の才能を示してきた2頭の大物によるぶつかり合いをまずは楽しみにしたい。

オークス戦線は、毎年桜花賞上位馬を中心とする既成勢力に、4歳牝馬特別(Gll)、スイートピーS(OP)といったオークストライアルから勝ち上がった新興勢力が挑むという構図になりやすい。だが、この年のオークス戦線を見ると、桜花賞組の層が例年より厚かったことに加えて、4歳牝馬特別では桜花賞で人気を裏切った前年の3歳女王スティンガーが桜花賞2着のフサイチエアデールをクビ差抑えて勝ったために新興勢力の出る幕がなく、スイートピーSでは1勝馬のフレンドリーエース、サクラセレブレイト、メジロビクトリアが3着以内を独占するというレースのレベルの低さゆえに評価が低かったことから、例年にも増して「桜花賞組の再戦」という傾向が強まった。それぞれ2着、3着と惜敗した桜花賞の雪辱を期するフサイチエアデールとトゥザヴィクトリー、ぶっつけ本番で挑んだ桜花賞こそ大敗したものの4歳牝馬特別で復活し、前年の3歳女王の意地を見せたいスティンガーという「サンデーサイレンス軍団」が満を持してスタンバイするなら、コマンダーインチーフ産駒で阪神3歳牝馬Sは3着、エルフィンS(OP)を8馬身差で制しているゴッドインチーフも桜花賞4着の巻き返しを誓う。・・・だが、その中で桜花賞を制してオークスに二冠を賭けるはずのプリモディーネ陣営の意気はなかなか上がらなかった。

>> 桜花賞 予想
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな砂のスターが誕生するか

2016年10月20日 | コラム
チャンピオンズカップが終わってからすぐフェブラリーステークスが始まる番組構成ってどうなのだろうか。

いずれも寒い時期に行われており地方競馬との兼ね合いもあるのだろうが宝塚記念の前あたりに移設してもいいのではないだろうか。新しいG1レース大阪杯ができるという話なので番組を見直す時期にきているのかも知れない。

そのぶん馬券は分かりやすいが微妙にあく間隔で調子を落とす馬もいる。確かに芝馬でも参戦しやすいが惨敗することが多いことを考えると昔より2月にやる必要性は減っているのではないだろうか。

札幌・ダート1700mを舞台にダート巧者がズラリと勢揃いして、今年も激戦が予想されるエルムS。メイショウトウコンの連覇なるか、それとも新たな砂のスターが誕生するか、興味は尽きないところだ。

フェラーリピサ(牡4・白井寿昭)は、8月18日に行われたクラスターC(水沢・ダート1400m)2着のあと、このレースを目標に調整されてきた。前走は58キロを背負いながら、上がり3ハロン35秒8(推定)を記録。敗れたとはいえ内容は濃いものだった。これで5月の欅S(東京・ダート1400m)以来、目下4戦連続連対中。その安定感は高い評価が必要だろう。前走から1キロ減の57キロの斤量で出走できるのはプラス材料。札幌のダートコースは初めてになるが、それでも主役候補の1頭だろう。

メイショウトウコン(牡6・安田伊佐夫)は、8月14日に行われたブリーダーズゴールドC(旭川・ダート2300m)を勝っての参戦。直線はサカラートとの激しい追い比べになったが、これを力で捻じ伏せて通算9勝目をマークした。また、札幌のダートコースでは昨年のエルムSの勝利を含む〔3・1・0・0〕と抜群の実績がある。このレースを連覇して、フェブラリーステークスに向けて弾みをつけたいところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胴元の競馬情報なんて買うんじゃない

2016年06月10日 | コラム
最近JRA-VANデータを買うことはバカげたことと感じる。

だって、バカみたいに馬場いじりして予想を難しくさせているのに、その元凶のデータを買って馬券で勝とうというのは何かズレている。

JRA-VANデータの価値を低下させることをしておきながらデータで稼ぐなんて許されることではない。

こういった情報を元に勝てると考えてしまうのは全く安易であり、これなら競馬分析サイトの情報を元にした方が、よほど一貫性が保てるというもの。

これからの馬券で勝つには生データではなく分析された情報にこそ価値を求める必要がある。

JRA-VANデータを買って時間をかけて予想するなんて効率の悪いことはやりたくないしやるべきではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カイジとガイジ

2016年05月31日 | G1
カイジのようなギャンブル好きはガイジとネットスラングで言われている。

しかし、賭けというのは人間の基本的な欲求ではないのか。
お金ではないにしろ物を対象にして勝負したことがない人の方が珍しいだろう。

そう考えればギャンブルは遠くに置くものではなく近くに置くべきである。
そうすれば正しい付き合い方が分かりバカみたいにハマルことはない。

あまりに遠い存在だったからこそ色めきだってしまうのが人間というものだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加