ときどき競馬新報

競馬ニュースとコメント

古豪安泰・南部杯

2016-10-11 11:32:04 | ニュース

10日月曜日に行われた秋のダートマイル王決定戦、第29回マイルチャンピオンシップ南部杯は、今春のGⅠ連勝で息を吹き返した6歳馬コパノリッキーが、このレースを連覇中の5歳・ベストウォーリアと人気を分ける中、1.8倍の人気に応える横綱相撲で、1:33.5という日本競馬史上第二位のタイムでコースレコード樹立のおまけもついてきた勝利により、通算8度目のGⅠ制覇を果たした。

 

稍重馬場とはいえ、このタイムは驚くべきものがある。

盛岡に来ると父ゴールドアリュールのスピード能力をそのままに体現するコパノリッキーという稀有な才能。

当地で2度目の大レコード更新。

また、金字塔たる「1:33.3」の伝説は、今年のビッグタイトル2戦を見る限り、永遠なるものではなくなった印象も受けた。

 

田辺騎手にとっても、同日に中央の開催があるという、南部杯特有の番組構成の影響で、昨年来手綱を任せられている武豊騎手がキタサンブラックに騎乗する日とバッティングしてしまったため、オーナーサイドの意向もあり、久々の騎乗機会を得て、大きな1勝を挙げることになった。

「2年ぶりにこの馬に乗りましたが、成長していて折り合いの苦労はなく、いつでも追い出せる感じでした」

 

以下、ベストウォーリア、ホッコータルマエ、アスカノロマン、レーザーバレットの順に入線し、極めて順当な力勝負でレースは決した。

 

今のダート路線で、武豊騎手の手駒は豊富。

日本TV盃快勝のアウォーディーも、弟ラニもいる。

完成した古馬ならば、手を戻してもいいのではないのか。

この次の手を考えた上での乗り替わりだったように感じる。さて、ユタカは誰を選ぶのか。

 

■ お知らせ ■

当ブログ「ときどき競馬新報」の管理人です。

私の友人が、自分で予想せず、あるサイトの情報をそのまま買うだけの競馬投資で、

2015年春から、平均で毎月8万円儲け続けている方法を公開しましたのでご覧ください。

 

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海外初戦を快勝・ニエル賞 | トップ |   

あわせて読む