3足わらじのバーボン

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ストレスと歯周病。

2016-10-18 22:53:33 | 日記
昨年夏に、首のリンパ腺が腫れて高熱が出て、結構、大変な時期を半年ほど過ごしました。原因は下顎の「親知らず歯」の根っこの部分が歯周病により腫れてしまい、親知らず歯の周囲の歯まで「グラグラ」になり、歯科ではなかなか手に追えず、口腔外科での手術なんて状況になってしまいました。

風邪なんかとは違う身体のダルさと常に「歯」が痛いので気分もすぐれず、痛みで睡眠不足になっておりました。

今年の春頃に治療のかいもあって、ようやく気にならない痛みになりましたが、割りと歯周病を軽くみていたために治療を開始するのが遅れたのが原因でした。

「歯茎が弱いなぁ」と若い頃から思っていたので、風邪を引いたりするとよく歯茎が腫れたりしていたために「慣れっこ」になっていたのもあります。

私の場合、どうやら「ストレス」がたまると「皮膚炎」になったり「歯茎が腫れたり」するようで、またまた先月末くらいから、「歯茎や歯が痛く」なってきました。

さすがに昨年の失敗を繰り返すわけにもいかないので、早々と歯科医院に行くことにして治療を開始しましたが、結局、昨年抜歯した親知らず歯の反対側下顎の親知らずを先週末に、抜歯しました。

昨年は、抜歯後に「ドライソケット」状態になり、強い痛みが3ヶ月位続いてある意味、気が狂いそうになったのですが、今回は抜歯後4日の今日の段階でもうあまり痛くない状態になっています。

抜歯後に「うがい」をし過ぎると「ドライソケット」状態になり、強い痛みが続くので、今回は「うがい」を極力せずに対応していました。
それが効をそうしたのか痛みが気にならない状態です。

私の友人の自動車鈑金塗装の松くんも「離婚」のストレスで歯周病から重度の歯槽膿漏になり、結局、50才で総入れ歯になってしまいました。

時々、スーパーのレジの女性などに「猛烈な口臭」を放っている人がいますが、歯周病がひどくなって重度の歯槽膿漏のために歯茎から膿が出てる状態なんだろうと思います。
大体、年齢的に40代後半から50代の方々が多いようです。
これもまた更年期の症状の一つなんでしょうけども。

私自身、まだ、松くんのように総入れ歯にもなりたくないし、また、女性とキスしたりエッチなことをしたりする都合上、やはり重度の歯槽膿漏になって悪臭を放ちたくもないので、現在、週一回ペースで歯科医院に通っています。

年齢的にも40代後半からは、ストレスがなかなか身体から抜けていかないようにも思います。

早め早めのストレス解消を心がけたいものです。

参考までに「モンダミン ナイトクリア」と「サンスターのGUM」が私には具合がいいようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素晴らしき兄弟デュオ。 | トップ | 六匹のかわいいやつ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。