Kei's Page

 
 世の中のニュースへの意見や、サムライの仕事はどういうものかなど、自分の興味あるものについて書いてるよん。

 「お疲れさまですー」、と、

2016-10-17 |  独立開業前から開業して~

 結局この10月もあえて予定をあけるべく、お付き合いや外回りを控えようともしてたけど、そう思ってるとおりにはいかず、まあ、お付き合いは多少回避できても(笑)、顧客への訪問や役所回りはなかなかに「行っとかなあかん」ともなり。
 それでカレンダーには「訪問アポ待ち」のフセンを貼ってたり、そのアポが決まれば書き込んだり。
 そんなあいかわらずの俺。

 ・・さて、今回の話題(笑)。

 仲のいい他の士業の人はもとより、顧客の人や社長でさえ、電話で、まず「お世話になってます」と言うより「お疲れさまですー」と言うことが多かったりする。

 相手も「お疲れさまですー、ごぶさたですー」なんて言うこともあるし、顧客の社長は「おー、お疲れさん」と俺に気さくに言ってくれることもある。今の時代、スマホなんかだと、電話の着信で俺だとわかってる社長は、俺が名乗る前からでも出た瞬間に「お疲れさんー」と明るく答えてくれたり(笑)。
 こちらも驚きつつも、もう先方がそんなならあえて名乗らず、「お疲れさまですー」なんて返す。

 電話で名乗ってから形式的に「お世話になってます」と会話を始めるのもありがちでそれが当たり前でもありつつ、「お疲れさまです」なんて出だしだと、より身近なかんじもする。
 
 俺のそんな人たちとの付き合いが気さくで身近だからこそ、相手も俺をそう見てくれてまずそう言って電話してくるのもあろうけど、俺としてもそんな出だしだとそんな相手の気持ちが直接感じられてうれしくもある。
 話す相手がカタイ(であろう)士業の人でも(笑)、その人からの紹介や、その人に俺が紹介した顧客のことなら、もはや‟同じチーム、仲間”という認識で、まず「お疲れさまですー」と言って電話をかけてくれる人もいる。

 顧客にいたっては、そんな出だしでかけてくる社長も、その会社のことでまず俺に聞きたいからと遠慮なく身近においてくれて電話をくれてるのが伝わって、それもありがたい。
 俺がわかることであれ、そうでないことであれ、まず「おー、お疲れさん、今いい?・・あのさ、聞きたいことあるんやけど・・」と気軽に連絡くれるのはうれしいことだ。

 でも、そういう他士業の人や社長から、さらに案件や紹介をもらえたりするし、その連絡から俺の仕事につながるきっかけになるんだから不思議でもあり、やはり「ありがたい」。
 それに尽きる。

 そんな、カタイ出だしでないところこそ、変に俺の仕事につながる話になるからおもしろい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  役所のご好意で(笑)、 | トップ |  またこのパターン・・、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む