荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

ジムの巻、やたび。

2017-02-22 09:47:02 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを




筋肉バカ御用達のジムを退会して、2ヶ月が経ちました。

おカネももったいないし、ジム通いはしばらく様子を見ますが、一方で身体を動かしたい衝動もちょびっとはあります。

しかしながら、自宅の近くには、その筋肉バカ御用達ジムしかないのです。

なにせ自宅が華の銀座ですから、仕方ないっちゃ仕方ない。

いちおうネットで近隣を調べたのですが、マトモにマシンを完備しているのは、筋肉バカ御用達ジムしかありません。

その代わり、異様にたくさんあるのが【ライザップ】風のプライベートジム。

なるほどね~。

どこも【マンツーマン】を謳い文句にしておりますが、ホンネを言や『マンツーマンでしか対応が出来ない』って事です。

銀座である以上、大きなハコにマシンをずら~っと並べ、風呂・サウナを完備・・・なんて、そこらの資本で出来る訳がありません。

それに比べりゃ、プライベートジムは楽で安価。

ちっちゃいスペースに、なんとかユニットシャワーを2台位ブチ込んで、あとはベンチプレスを用意すりゃ良いんだから。

マンツーマンの予約制にすりゃ、顧客管理も売上管理もたやすいでしょうしね。

でも、やっぱジムに行くなら、マシンがずら~っと並び、風呂・サウナが完備されたトコに行きたいなぁ。

あんま通わないんだろうけど。



『精神、そして特に肉体は、規則的に運動しないと一生涯、充分な力を発揮せずに終わってしまうことになりかねない』ジョン・トッド(米国の牧師・1800~1873)

過去の関連記事。
ジムの巻。
ジムの巻、ふたたび。
ジムの巻、みたび。
ジムの巻、よたび。
ジムの巻、いつたび。
ジムの巻、むたび。
ジムの巻、ななたび。
『トレーニング・フィットネス』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮古島の巻、みたび。 | トップ | 宮古島の巻、よたび。 »
最近の画像もっと見る

聖なるブログに名も無きカテゴリを」カテゴリの最新記事