荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プレミアムフライデーの巻。

2017-02-24 00:00:19 | 日毎ニュースに正義の理想を




『金曜日に笑うものは土曜日に泣くであろう』ジャン・バティスト・ラシーヌ(フランスの劇作家・1639~1699)



またぞろ妙チキリンな言葉が出て来ましたねぇ。

その名は“プレミアムフライデー”。

考えたのは電通でしょうか、日本百貨店協会でしょうか。

どうせロクでもない連中でしょう。

それにしても、こういう新しい言葉ってか、風習って一体どれ位のヒトが受け入れるのか、ホント不思議。

基本的にB層がターゲットである事は間違いありません。

もっとも、現代ニッポンではB層がマジョリティな訳ですが。



さて、その“プレミアムフライデー”。

定義はと言うと・・・

『原則月末の金曜日は午後3時頃迄に退社時間を繰り上げ、買い物や観光などの時間を創出しようというもの。主目的は消費喚起で、働き方改革も兼ねている』

との事。

消費喚起ねぇ・・・。

定時迄働いても、変わんねぇ気もしますがねぇ。

第一、OLちゃんがお洋服を買いに行くのは、お洋服屋さんの営業時間からして良く分かります。

が、リーマンが飲みに行こうとしたらどうでしょう。

午後3時じゃ、まだ飲み屋は営業してませんよね。

月末の金曜日は、アイドリングタイムを設けず、通しでやれってか?

そりゃ、スタッフが可哀想ってモンです。



なんでもかんでも思い付きでモノを考えんじゃねぇよ。

あと、実施すんなら国や自治体を巻き込んでも、責任もって継続しろや。



そういえば、“カジュアルフライデー”はドコに行ったのでしょう。



『日本人の最大の問題は、責任感が全然ないことだ』大前研一(ニッポンの経営コンサルタント・1943~)

過去の関連記事。
B層の巻。
C層の巻。
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一日一捨の巻、20170223。 | トップ | 板尾創路の巻。 »
最近の画像もっと見る

日毎ニュースに正義の理想を」カテゴリの最新記事