荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

イライラの巻、ふたたび。

2017-05-11 15:33:55 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを


虚無のせいか、うつのせいか、何のせいなのか分かりませんが、イライラします。

昔のいとうあさこのネタみたい。



傍からすりゃ、ど~でもいい事が引っかかるんですな。

今日はそのひとつ、『甥っ子や姪っ子を自慢する毒身オバハン』です。

なんなんでしょうね。このムカつき・イライラって。

でも、『ワタシの甥っ子が世界でいちばんカワイイ!』とか言ってる毒身オバハンって結構多いと思いますよ。

僕の周りにもいますもん。

芸能人だと光浦靖子が挙げられますな。

そう。圧倒的にブスが多い。

それにしても、一体、何アピールなのかが全く理解出来ません。

だって、自分が産んだ子どもが世界でいちばんカワイイに決まってるじゃないですか。

もう結婚・出産を諦めちゃってるから、せめてもの母性をアピールしたいんでしょうか。



ほとんど言いがかりではありますが、ホントイライラさせられます。



『幸福は、和める心には一挙にして分かる。頑な心は、不幸でいらいらして、せめてめまぐるしいものや数々のものに心を紛らす。そして益々不幸だ』中原中也(ニッポンの詩人・1907~1937)

過去の関連記事。
イライラの巻。
ババアの巻。
ババアの巻、ふたたび。
ババアの巻、みたび。
ババアの巻、よたび。
ババアの巻、いつたび。
ババアの巻、むたび。
ババアの巻、ななたび。
ジャンル:
むかつく
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不眠の巻、ふたたび。 | トップ | 歯の巻、拾壱たび。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む