荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウーテンシロの巻、ふたたび。

2017-05-03 16:26:48 | 華麗な生活に極めたシンプルを


世はゴールデンウィーク。

恐ろしく暇なので、ちょっとだけ部屋の模様替えをしました。

まぁ、ゴールデンウィークでなくても、年中暇コいてはいますが。

模様替え・・・それは、『ウーテンシロの移動』であります。

『ウーテンシロ?なにソレ、美味しいの?』

というヒトは、ウーテンシロの巻。をご参照下さい。



今迄はソファ脇に、サイドテーブル代わりに積んだゼロハリとリモワの上に、立てかけておいておりました。



今回、思いついたのは玄関脇、アァルトのチェアの上にしよう、と。

僕は基本的に、壁にビス穴をあけるのに躊躇がありません。

白系のクロスであれば、ティッシュペーパーをコヨリにして埋めれば、まず目立ちませんから。

さて、いざ実行・・・。



素晴らしい

hhstyleか、ザ・コンランショップの様であります。



こまごましたモノが玄関に行き、リビングにおいて視界に入らないので実にスッキリ。



やはり、こまごましたモノと脱ぎっ放しの服ってのは、インテリアを破壊しますな。

再確認しましたよ。



『「形」が整うと「心」も整う』小山昇(ニッポンの実業家・1948~)

過去の関連記事。
暇の巻。
暇の巻、ふたたび。
暇の巻、みたび。
暇の巻、よたび。
暇の巻、いつたび。
暇の巻、むたび。
暇の巻、ななたび。
『インテリア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物欲の巻、拾壱たび。 | トップ | グッドモーニングショーの巻。 »
最近の画像もっと見る

華麗な生活に極めたシンプルを」カテゴリの最新記事